電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

都市ガスの基本料金が安い理由に驚かないで下さい。

都市ガス

都市ガスの基本料金はいくら?

都市ガスの基本料金はいくらぐらいなのでしょうか?
ここでは都市ガスの基本料金について見ていきたいと思います。
都市ガスを販売する会社は全国に200社以上あります。
当然ながら会社ごとに料金設定は異なります。
とは言え、LPガスに比べると料金は安めであり、平均すると900円~1000円前後といったところです。
ただし1ヶ月のガス使用量に応じて基本料金は変わりますので、その点は覚えておきましょう。
使用料が多くなるにつれて基本料金も高くなります。
ガス料金の計算方法は、基本料金+従量料金(単位料金×ガス使用量)となります。
単位料金の平均はおおよそ200円~300円前後です。
単位料金は基本料金とは異なり、ガス使用量が増えるに連れやすくなっていく仕組みと成っています。

都市ガスの料金を計算してみよう

例えば基本料金1000円で1ヶ月のガス使用量が20立方メートル、単位料金が200円だとすると、1ヶ月のガス代は以下のとおりです。

1000円+(200×30)=7000円

ガス会社によって基本料金と単位料金の設定は異なります。
都市ガスを選ぶ際は、料金面で比較して決めると良いでしょうか?

「プロパンガスやLPガス」と「都市ガス」はどっちが安いの?

天秤で比べる

家庭用のガスは主に2種類、「都市ガス」と「LPガス(プロパンガス)」があります。
どちらが金額的にお得なのかご存知でしょうか?
「同じガスだから一緒じゃないの?」と思う方も多いかと思います。
しかし同じ分量しか使っていなくても、都市ガスとLPガスには大きな金額差があるのです。
同じ分量で使用した場合の両者のガス代を比較してみましょう。
ガス代は、「基本料金+従量料金(単位料金×ガス使用量)」で求められます。
※ご自宅の地域のプロパンガス適正料金をお知りになりたい方はこちらのサイトを参照下さい。

⇒プロパンガス料金消費者協会

都市ガスの料金

まずは都市ガスの料金を見てみましょう。
都市ガスの料金の全国平均は、基本料金がおおよそ900円程度、単位料金は200円~300円程度となります。
では1ヶ月間に18立方メートルのガスを使用した場合のガス代は、
900円+200円×18立方メートル=4500円
都市ガスで1ヶ月間に18立方メートルのガスを使用した場合のガス代は、約4500円という計算になります。

LPガス・プロパンガスの料金

では次に「LPガス・プロパンガス」で計算してみましょう。
プロパンガスの料金の全国平均は、基本料金でおおよそ2000円程度、単位料金ですと500円程度となります。
この時点でかなりの金額差がある事が分かりますね。
都市ガスと同様に18立方メートルのガスを使用しますと、LPガスの1ヶ月のガス代は11000円という計算になります。
以上のように、「LPガスよりも都市ガスのほうが圧倒的に安い」です。
しかも上記の料金形態はあくまでも平均値で計算していますから、これよりももっと高い料金設定をしているLPガス会社もあります。
そのため、都市ガスからLPガスに切り替えた方の殆どは、その料金の高さに驚かされます。
同じガスなのに、何故こんなにも料金に差が出てしまうのでしょうか?
両者の異なる点としては、まず供給方法が挙げられます。

都市ガスの方が料金が安い理由とは?

LPガスボンベ

一度は目にしたことがあるという方も多いかと思いますが、LPガスは軒下などに置かれたガスボンベから供給されます。
ガスボンベですから、当然決められた容量しかガスは入っていないので、定期的に入れ替えをしなければいけません。
また、定期的にガス設備の定期点検も行う必要があり、これらは全て人の手によって行なわれます。
ということは人件費がかかっているわけで、毎月のガス代にはその分の経費が含まれているということになります。
一方で都市ガスの場合、各家庭に張り巡らされたガス導管を通じてガスを供給しています。
一度設備を整えてしまえばLPガスのように、定期的にガスの入れ替えや点検の手間を行う必要がありません。
しかもガスの供給はコンピューターが一括制御していますので、当然その分の人件費がかかりません。
この様に、ガス代に差がでてしまう大きな原因の1つに、ガスの供給方法が上げられるのです。
しかも、LPガスの場合、業者同士の価格競争がほぼ行なわれていません。
どの分野でも価格競争によって料金の値下げが行なわれていますが、LPガスの場合ガスに限ってはこの価格競争が行なわれない非常に珍しい分野なのです。

都市ガスに乗り換えるメリットやデメリットは?

都市ガス

「都市ガスのほうがLPガスよりも圧倒的に料金がお得」ということが分かりました。
料金が安いことは利用者にとって大きなメリットと言えますよね。
ではその他にも都市ガスには何かメリットはあるのでしょうか?
また、その逆でデメリットはあるのかも見ていきましょう。

都市ガスを利用するメリット

まず、メリットとしては先程も説明したように「料金の安さ」が挙げられます。
LPガスは、業者が各家庭に直接出向いてガスボンベの設置や点検を行わければいけません。
当然人件費がかかり、毎月のガス代にその分の費用が上乗せされてしまいます。
しかし都市ガスは、地中に張り巡らされたガス管を通じて各家庭にガスを供給するため、人手を必要としません。
当然人件費がかからないわけですから、毎月のガス代にその分の費用が上乗せされることはありません。
更に都市ガスは公共料金となりますので、価格を自由に設定することが出来ません。
ですから急にガス代が値上がりすることがなく、光熱費を節約したい方にとって非常に魅力的で、プロパンガスよりも省エネと言えます。
2つ目に「ガス設備の場所を必要としない事」がメリットとして挙げられます。

プロパンガスのガスボンベ

プロパンガスはガスボンベを家庭に設置しなければいけず、そのための場所が必要となります。
安全性は問題ありませんが、どうしても邪魔なものです。
これに対し都市ガスは、地中に張り巡らされたガス管を通じてガスが供給されます。
プロパンガスの様にガスボンベを設置するための場所を確保しなければいけないと言うことがありません。
3つ目に安全性です。
都市ガスは各家庭に「マイコンメーター」と呼ばれるメーターを設置します。
都市ガス会社はこのマイコンメーターによって24時間体勢で監視をしています。
その為、もしも大規模な災害が発生した場合でも速やかにガスの供給を止めることが出来、被害を最小限に抑える安全対策が整っているのです。
都市ガスの主成分はメタンです。
メタンは空気よりも軽いため、万が一ガス漏れしたとしても自然と換気口から排出されます。
このように成分自体の性質も安全性が高いのが都市ガスのメリットと言えます。

都市ガスのデメリットとは?

では逆にどのようなデメリットがあるのか見ていきましょう。
まず1つ目に、専用の器具が必要な点です。
プロパンガスの成分は基本的にどの業者でも殆ど変わりません。
ですから同じガス器具を使い回すことが出来ます。
しかし都市ガスの場合、業者によって成分が大きく異なります。
その為、同じガス器具を使い回すことが出来ないのです。
引っ越しをするとなった場合、専用のガス器具を買い換えないといけないのでコストと手間がかかります。
2つ目に初期費用が高い点が挙げられます。

ガス導管の引き込み

都市ガスを住宅に取り付けるためには工事費用を自腹で負担しなければいけません。
プロパンガスですとガスボンベを設置するだけで良いので、初期費用はかなり安く済みます。
中には設置費用を肩代わりしてくれる業者も多いです。
しかし都市ガスの場合は、地中からガス導管を引き込む必要があり、その際の費用がかなり高額なものとなります。
場合によってはガス設備を設置するだけで10万円近くかかることも珍しくないのです。

最後3つ目に災害時の復旧の遅さが挙げられます。
プロパンガスは仕組みが非常に単純なものです。
ガスボンベを設置し簡単な点検だけで良いのでガスが使えるようになるまでの時間が非常に短いです。
事実、阪神大震災の時、あらゆるライフラインの中で真っ先に復旧したのがプロパンガスだったのです。
逆に都市ガスの場合、ガス管が地中にあるため大災害が起きてしまうと甚大な被害を被ってしまい、復旧するのにかなりの時間を要してしまいます。

まとめ

都市ガスは単に安いだけでなく様々なメリットがある魅力的なエネルギー源です。
しかし同時にデメリットもあります。
どちらのガスが優れているかは人それぞれですし、当然どちらにもメリットデメリットがあります。
それらを踏まえた上で自分にあったガスを選ぶようにしてください。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!