電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電気代・節約 省エネ術

エアコンの寿命がきた!買い替えサインや予兆を見逃すな!

エアコン

エアコンにも寿命がありますが、おおよそ何年ぐらいかご存知でしょうか?
一般的には、家庭用エアコンであれば「10年」ぐらいが寿命と言われています。
もちろん使い方によってはそれ以上長く使えることもあります。
反対に定期的な掃除などメンテナンスを全くしていないと、10年も経たないうちに壊れることもあります。
実はメーカーではエアコンの正式な寿命というものは公表していません。
ですがどのメーカーも、そのエアコンに使用できる部品の保有期間が決まっています。
保有期間はおおむね「5~9年」とされています。
つまりこの保有期間を超えたエアコンが故障して修理してもらおうと思っても、そのエアコンに適した部品が無いから修理が困難ということです。

エアコンの修理費用は安くない!

エアコン自体は10年以上使うことも可能ですが、部品の保有期間の関係上、寿命は概ね10年としているだけなのです。
エアコンは古くなれば機能が低下しやすくなります。
ガスを入れれば復活することもありますが、その際の工賃は数万円ほどかかります。
また、仮に修理したとしてもその後どれぐらい使えるかは分かりません。
古くなったエアコンは一度故障してしまうとその後も故障する可能性は高いです。
その都度修理していては費用がかさんでしまい、その結果、新型に買い替えたほうがお得ということになりかねません。
とは言っても、エアコンを買い換えるときの出費は大きく足踏みしてしまいますよね。
最近のエアコンは省エネ化が進んでおり、昔のエアコンよりも遥かに電気代が安く済みます。
長い目で見れば買い換えたほうがほぼ間違いなくお得になると言われています。
いつ頃買い換えればよいのか分からないという方は、「購入から10年を目安にする」のが一つの手です。

こんな予兆が現れ始めたらエアコンを買い替えたほうがいい!

“エアコンの前で悩む女性”

大雑把な言い方をしてしまえば、使用期間が10年を経過したエアコンは「いつ壊れてもおかしくない状態」です。
もちろん10年以上何の問題もなく使い続けているケースもありますが、10年は目安として覚えておくと良いです。
ただあくまでも10年というのは目安であり、それよりも早く寿命に近づいてきている状態になることもあります。
では具体的にどのような予兆が現れ始めたらエアコンを買い換えたほうが良いのでしょうか?

冷暖房が効かない

エアコンの寿命が近づくと起きる不具合で最も多いのは「冷房・暖房の効きが悪くなる」もしくは「全く効かない」というものです。
この場合、エアコン洗浄をして改善されれば良いですが、一向に改善されない場合は寿命が近い可能性が高いと思ってよいでしょう。
掃除してもダメな場合は冷媒ガスの容量が低下している、要は「ガス切れやガス漏れ状態」の可能性が高いということです。
修理すれば多少改善するかもしれませんが、高額な費用が必要となります。
しかも「一度修理すればまた何十年も使えるか?」といえばそうでもありません。
修理してから直ぐに故障する可能性が高く、修理費が無駄にかかってしまうケースが考えられます。

エアコンから異音がする

エアコン室内機や室外機から、普段聞かないような異音がする場合は故障の可能性が高いです。
特に室外機は室内機よりも故障しやすいです。
「ガラガラガラ」といった妙な音がし始めると、故障が近づいているサインと思ったほうがよいでしょう。
室外機はエアコンを稼働させるのに一番負荷がかかる部分ですから、メーカーも室外機の寿命が近づくと買い替えを勧めるケースが殆どです。

エアコンから水滴が垂れる

エアコン内部が汚れていると、それが原因で水滴が垂れる事があります。
掃除して改善できれば問題ありませんが、それでも水滴が垂れる場合は故障の可能性が高いです。
エアコン内部を定期的に掃除せずにいると内部で結露した水分が外へ排出できず、故障しやすくなります。
部品交換で済めばよいですが、あまりにも状態が酷いと完全分解して掃除する必要があり、費用も高額なものとなります。

エアコンの操作が効かない

操作が効かないというのも古くなったエアコンによく出る症状です。

  • ボタンを押しても全く反応しない
  • 風向きが調整できない
  • 冷房操作したはずなのに暖房や送風になってしまう

…などの「操作の不具合」がでた場合も、寿命のサインだと思ってよいでしょう。
リモコンで操作出来ない場合、本体で直接操作出来るタイプは直接操作して、リモコンか本体かの切り分けを行いましょう。
突然反応しなくなることもありますので、もしそれが真夏日や真冬日だったら大変です。
真夏日にクーラーが使えない・壊れたとなれば大問題ですから、早めに買い換えを検討すると良いでしょう。

エアコンを使うとブレーカーが落ちる

エアコンにかぎらず家電を長く使い続けていると、内部でいつの間にかショートや漏電を起こしている事があります。
もしエアコンを動かすたびにブレーカーが落ちるという場合は、ショートや漏電の可能性を疑って良いかもしれません。
故障の度合いにもよりますが、コンプレッサー故障している場合、かなり高額な修理費用が発生します。

一過性の場合もある

上記で紹介した事例に該当する場合でも、実は「一過性のもの」であることもあります。
購入してから数年しか使っていないのに稼働しなくなる場合もあります。
その場合は寿命によるものではなく「一時的に不具合」になっていることも考えられます。
まずはエアコン本体の電源コンセントを抜いて10分程度様子を見てみると良いです。
その後コンセントを差し、復旧すれば不具合は一過性のものであることが考えられます。
また、エアコンには不具合や故障の可能性が高いときエラーサインでお知らせてくれるものがあります。
何が原因で正常に稼働しないのかを知ることができますので、一度調べてみるとよいでしょう。

エアコンの使い方によっても寿命は大きく変わる!

“エアコン操作”

エアコンは使い方によって、寿命が大きく変わるもの。
どのような使い方をすると長持ちするのか、逆にどんな使い方をすると壊れやすいのか見ていきましょう。

エアコンの寿命が長持ちする使い方は?

家電は使いすぎて壊れやすくなるものですが、逆に全く使わない期間が長くても故障につながることがあります。
夏と冬以外はほとんどエアコンを使わないという家庭は多いかと思いますが、そのような場合は1か月に1度は「慣らし運転」をする事をオススメします。
エアコンを使わなくても内部にホコリがたまりますので、定期的に掃除するようにすることも長持ちの秘訣です。
夏や冬の時期は2~3週間に一回フィルターの掃除をすることでエアコンの負荷を軽減でき、さらに節電にもつながります。
それ以外の時期は、基本的にコンセントを抜いておき、リモコンの電池も外しておくこと、そして1か月一回は試運転しておくと良いでしょう。
「冷房を使用する際の温度は高めに設定する」「風量は自動運転にする」「こまめに電源を入れたり切ったりしない」「扇風機を併用する」といった使い方も効果的です。

「こまめに電源を入れたり切ったりしない」ことで、こちらのリンクにあるように節電にもなります。
⇒【噂の検証】エアコンは24時間つけっぱなしにした方が電気代を節約できる?

また、室内機と室外機をつなぐ配管を手巻きテープではなく配管カバーを付けるのもお勧めです。

エアコンが壊れやすい使い方は?

基本的に「エアコンに負担がかかる使い方」をしていると故障しやすいです。
よくあるのは、外と室内の温度差が5度以上ある場合です。
特に夏場は設定温度を低くしがちですが、できれば「温度差は5度以内」に止めておきましょう。
温度差があるほどエアコンに負担がかかりますので、注意が必要です。
冷風機や扇風機を併用することで設定温度が高めでも涼しく感じることができますから、工夫してみましょう。
また「冷房から暖房」、「暖房から冷房」へと頻繁に切り替えするのもエアコンに大きな負担がかかります。
設定温度を頻繁に替えるようなことはせず、できるだけ一定にしておくようにしましょう。
エアコンの室外機の周りに荷物などをたくさん置いていると、排熱が上手くいかず故障の原因となります。
エアコンはどうしても室内機ばかりが重要視されやすいのですが、室外機もきちんとケアしないと長く使うことができません。
また、室外機を設置する際は「できるだけ直射日光が長時間当たらない場所」を選ぶことも重要です。
どうしても長時間直射日光が当たる場所に設置する場合は、すだれなど風通しの良いもので日よけすると良いでしょう。

修理?買い替え?どっちがお得?

“エアコン”

エアコンが壊れたり古くなった場合、「修理したほうが良いのか?」「新しいのに買い換えたほうが良いのか?」を迷うところかと思います。
故障の度合いが軽く修理が簡単なものであれば良いですが、重度な場合は買い換えたほうが良いです。
仮に修理が無理な場合でも「点検診断費用や出張費用」など何かしらの費用は必ずかかります。
点検診断費用の目安としては2000円~3000円、出張費用も2000円前後が相場です。
エアコンを診てもらうだけでも5000円近くかかります。
そこから更に技術費用や部品代が必要となり、これが概ね8000円から12000円前後必要となります。
もちろん機種によって部品代は異なりますが、概ね10000円前後とみて良いでしょう。
また修理を依頼する業者によっても金額は異なります。
1回の修理で最低でも10000円~多ければ30000円前後はかかると思ってよいでしょう。
エアコンの補修用部品の保有期間は大体9年前後とされています。
どのメーカーも保有期間より多少余裕を持って部品在庫を保持していますが、購入から10年以上経過している場合、修理依頼しても部品が不足しており修理できない可能性が非常に高いです。
また、修理保証は基本的に同一部品が故障した場合のみ3ヶ月となります。
3ヶ月経過後に同一箇所が故障した場合は有償保証となります。
他にも、故障してメーカーに修理依頼したとしても作業員が来て点検し「部品を交換しないと修理できない」と言われても、メーカーに部品の在庫がないとなれば、ただ単に点検費用と出張費用だけがかかるケースもあります。
仮に部品があって修理可能でも、最終的にかかった費用が新しく買い替える費用とさほど買わないことも珍しくありません。
新型のエアコンは昔のタイプと比べて電気代が驚くほど安くなっています。
その差は何と半額以下にもなるほどで、例えば今まで年間3万円だったエアコン代が1万5千円になることも決して珍しくありません。
買い替え費用が10万円程度だとしてたら、「10万円÷1万5千円=6.66」ですから、大体7年ほどで元が取れる事になります。
エアコンを買い換えるいい機会かもしれませんね。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!