電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

ガス自由化

意外と高い! 都市ガスの引き込み工事費用を安くするために実践したいお得なテクニック

都市ガス引き込み工事の費用

プロパンガスを使用している家庭が都市ガスに切り替える、あるいは新築の家に都市ガスを引き込むには、どのくらい費用がかかるでしょうか? ここでは都市ガスの引き込みにかかる費用の相場と、工事費用を安くする方法について解説いたします。

都市ガスの引き込みに必要な工事費用

都市ガスとは、ガス管を地下に血管のように張り巡らせて、さらに細いガス管を家屋内まで引き込んで供給されるものです。つまり、都市ガスを家庭で利用するには、家屋にガスを供給する配管と都市ガス用のガス機器を揃えなければなりません。

このとき、道路から家屋内までガス管を引き込むのにかかる費用は一般的に10万円から15万円が目安とされています。しかし、家屋とガス本管(本支管)の位置関係によっては工事費用が大きく違ってくることもありえます。

まずは、長野都市ガスの例を元に、都市ガスの引き込み工事の箇所と費用負担者をチェックしてみましょう。

この図が示しているのは、工事する箇所によって費用を負担する人、工事後のガス設備の所有者が異なるということです。自宅で使う都市ガスであっても、引き込み工事にかかる費用の全額を個人が負担するとは限りません。

ガス本管が家から近いケース

ガスの本管が家屋の近くまで通っている場合は工事費用が最も安く、10万円~15万円程度が目安とされています。

ただし、ガス本管が近くにあっても、敷地内に都市ガスを引き込む工事にかかる料金は、持ち家と集合住宅で差が出てきます。家の立地やガス本管との位置関係、構造によっても費用は変わります。そのため、都市ガスの引き込みにかかる具体的な金額は見積もりを取るまで分からないのが本当のところです。

ガス本管が家から遠いケース

さらに、ガス本管が家屋から遠いケースだと、本管を新設する工事が必要です。その場合、本管の工事費用が別途でかかることを想定しておかなければなりません。

こちらが、東京ガス(東京地区等)のガス本管工事費用の計算方法を示した図です。

基本的に、都市ガスを引き込む家屋から本管までの距離が離れるほど費用が高くなります。しかし、かかる費用の全額をユーザーが負担するわけではありません。ガス本管の総工事費用から「東京ガスの負担額を差し引いた額」がユーザーの負担額になるということです。

ただし、家屋内の配管工事費用やガス機器の費用はここに含まれないため、都市ガスを引き込む費用の総額はさらに高くなります。

自宅の近くまでガス本管が通っているかを調べたいときは、近隣地域でガスを供給している都市ガス会社までガス本管の埋設状況を確認してください。

それでは、都市ガスの引き込み工事を契約するときの流れを確認しておきましょう。

プロパンガスから都市ガスに切り替える流れ

プロパンガスから都市ガスに切り替えるときの流れは、以下のとおりです。

  • 問い合わせ/申し込み
  • 現地調査/設計打ち合わせ
  • 見積り/契約
  • 工事開始
  • 工事費用のお支払い
  • 工事完了/引き渡し

家の現地調査の後に、都市ガス導入後に使うガス機器や配管ルートなどの打ち合わせを行い、設計図や見積もり金額を確認してからの契約となります。見積りは基本的に無料で取得できますので、工事費用を具体的に知りたい方は気軽に申し込んでみると良いでしょう。

また、可能ならば家の建築図面を用意しておきましょう。工事のより詳細な打ち合わせを行うことができます。

都市ガスに切り替える工事内容・費用に差がでるポイント

手順1.都市ガスの本管設置

本管が家屋のすぐ近くまできていれば、この工事は不要です。敷地内に配管を引き込む工事を行ない、そして家屋内にガスを引き込む管(供給管)を設置するだけで都市ガスの供給が受けられます。逆に、本管が家屋の近くまで来ていない場合は、本管を設置してから引き込み管を装着する手順になります。

本管の設置工事そのものはすぐに終わりますが、道路掘削の工事は場所によって許可が出にくいこともあるでしょう。採掘に時間を取られてしまい、工期が後ろ倒しになっていくこともあります。

本管の工事費用は前述の通り、ガス本管の総工事費用と東京ガスの負担額によって決まります。まずは見積りで確認しましょう。

手順2.引き込み管工事 ガス会社が負担

本管から住宅の敷地内までガス管を引き込むための工事費用は、基本的にガス会社が負担します。

都市ガスの引き込み管工事は、本管が家屋の近くまで来ていれば1日もしくは2日程で完了します。しかし、本管が家屋前の道路の下に埋まっていない場合は、道路管理者に許可をとって掘削して本管の設置を進めなければなりません。

また、都市ガスが普及していている地域でも自分の住むエリアには本管が近くに来ていないケースがよくあります。引き込み費用があまりにも高い場合は、都市ガスの導入を慎重に考えてください。

手順3.敷地内の配管工事 ユーザー負担

家屋内でガスが使えるように、ガス機器までガス管を繋げる工事があります。敷地内までガス管が引かれていれば基本的に1日で完了する工事で、この費用はユーザーが負担します。

一般的な基準では屋内に1m引き込むごとに1万円前後が工事費用の相場です。家屋までは10数メートルほど引き込むケースが多いため、税込で15万円以上はかかるでしょう。

ただし、この配管がプロパンガス専用ではなく都市ガスでも使える兼用配管なら、交換する必要もありません。

ガス機器を都市ガス用に変える費用も必要

都市ガスに切り替えてからは、プロパンガス利用時に使っていたガス機器(ガスコンロ、給湯器、ガスヒーターほか)は全て使えなくなります。プロパンガスと都市ガスではガスの種類が異なるため、プロパンガス用の機器を都市ガスで使えば、故障はもちろん一酸化炭素中毒などのリスクがあり大変危険です。必ず専用のガス機器をお使いください。

プロパンガス用のガス機器を都市ガス用のものに買い換えるか、ガス機器の改造工事(部品を一部入れ替える作業)をガス会社に依頼できます。

改造にかかる料金はガス会社や機器により異なり、一般的な相場は以下のとおりです。
※機種によっては改造できないこともあります。

ガスコンロ改造 5,000~1万5,000円
ふろ給湯器改造 3万円前後
出張費 2,000円~1万円

ガス機器の交換費用は契約前に確認しておきましょう。ガス工事の見積りが完成する前に、打ち合わせできるタイミングがあります。

工事費用を安くしたいなら絶対に実践するべき3つの対策

“見積もり”

都市ガスの引き込み工事キャンペーンを狙う!

都市ガスに切り替えるには費用がかかるものですが、ガス会社などが都市ガスへの切り替えキャンペーンを行っていることがあります。なんと工事費用の優待や無料特典がつくなど、都市ガスの引き込みにかかる費用をグッと安くできる最大の狙い目なのです!

金沢市企業局の場合(2017年10月時点)

都市ガス切り替えキャンペーンの一例として、石川県の金沢市に都市ガスを供給する「金沢市企業局」の特典を紹介します。

都市ガス切り替えキャンペーン特典
・ガス機器の部品交換が無料
・切替工事費がキャンペーン価格
 ※施工はガス営業協力店が行ないます
・ガス機器を同時購入で特別割引価格を適用

プロパンガス用の機器を都市ガス用に改造する費用が0円になるのを筆頭に、切り替え工事、追加で購入するガス機器への特別割引が特典として提供されます。

ガスコンロの改造費用の相場が5,000円〜1万5,000円、お風呂の給湯器の改造費用の相場が3万円前後とすれば、ガス機器の部品交換が無料になる特典だけでもかなりの金額がお得になります。

都市ガスへの切り替えは一般住宅の家主向けに提供されることが多いものの、最近は集合住宅のオーナーにも広く勧められています。都市ガスに切り替える前に、お近くの都市ガス会社のキャンペーンを必ず確認してください。

複数社から見積もりを取って比較しよう

工事費用を安くしたいなら、できるだけ多くの業者から見積もりを取って比較してください。配管工事の費用単価はほとんど変わりませんが、人件費などで料金差がつきます。

ただし、見積もりを比較するときには、事業者によって工事項目や見積書の表記が異なることに気をつけてください。見積り額を正しく比較するためには、工事範囲・工事内容・仕様などを同じ条件にするのがポイントです。

電力会社は選ぶ時代へ!
プロパンガスを30%節約
ガス自由化スタート
電気料金セット割特徴からプランを探す
「電力業界」に特化した転職サポートサービス
家庭・家計の節約術の新着記事
電力自由化の新着記事
電力会社は選ぶ時代へ!
あなたのおうちにぴったりの電力・ガス会社は?