電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

都市ガス引き込み工事にかかる費用と手順

ガスタンク

日本における都市部とへき地部では開発の進み具合が大きく異なりますので、公共インフラ構築についても自ずとその差が大きく現れます。しかし、時間の経過と共にその差も少しずつ埋まってきているようで、へき地でも公共サービスの利便性に関しては以前よりも大幅に向上しているのです。

その中で都市ガスもじわじわと普及してきていまして、都市ガスを引き込みたいと考える世帯もかなり多く増えています。ただ、今まで長らくプロパンガスを使っていた方などは導入などもどのように進めるべきか分からないことも多いでしょう。

ここでは、都市ガスをスムーズに導入したい方のために、引き込み工事の費用やその手順についても詳しくチェックして行きます。

都市ガスの引き込みに関する具体的な工事費用は?

“電卓”

都市ガスの引き込みには初回費用が徴収されますが、それがいくらくらいになるのかは各エリアや家庭で見積もりをしなければ具体的に分からないというのが本当の所です。

しかし、大まかな費用基準と言うのは存在しますので、しっかり把握してリーズナブルな引き込みを実現させましょう。

ここでは都市ガスの引き込み費用について実態を見ていきましょう。

都市ガスの引き込み管の長さによって費用差が!

基本的に都市ガスの引き込みは、引き込み家屋から本管までの距離が離れれば離れるほど費用が高くなります。

一般的な基準では屋内に1m引き込むごとに1万円前後と言うのが相場となっていますが、通常の道路下のガス配管からは10数メートルを引き込むケースが多くなって税込で15万円以上はかかるでしょう。

しかし、これは本管があらかじめ近くまで来ている場合の費用になり、本管工事の費用は数十万円かかることを想定しておかなければなりません。この場合にガス受益者が多ければ、本管の延長工事費用は人数分に頭割りして負担できるメリットもあります。

また、都市ガスが普及していている地域でも自分の住むエリアには本管がまだ近くないケースがよくあります。この場合に、引き込み費用があまりにも高い場合は導入を慎重に考えてください。

新築時に事前の引き込み管設置で低費用になる

都市ガスの引き込み費用には各社料金の差がありますがこれはガス業者の人件費によるものが大きく、直接的な配管工事の費用単価は既定共通のものが存在しています。

それでも、新規で都市ガス切り替え時にはガス業者が利益分から少し安くしてもらえるケースもあって、交渉してみる価値は十分にあるでしょう。

また、都市ガスの導管がきていない地域に新築で建築物を建てる場合、将来的な都市ガス普及を見越して建築費用に引き込み管設置をあらかじめ入れておくこともできます。これであれば、都市ガスの配管が近づいてきた時に非常に少ない費用にて工事が可能です。

都市ガスの引き込み工事の際は費用見積を多く取る事!!

“見積もり”

いよいよ都市ガスの引き込みを進めようとする段階では、多くの方は業者から見積もりを取ることになるでしょう。この時に気を付けなければならないのは、複数業者に対してできるだけ多く見積もりを取ることです。

先述のように業者による価格差を見抜けませんと、本当に合理的な価格には巡り合えません。それほど遠くないのであれば、他エリアの業者にも見積もりを取ってみて料金の比較を確実に進めてみてください。

指定業者によって初期費用が実質的に異なる

また、ガス工事業者であってもガス会社からすべて指定を受けているとは限りません。やはり、しっかりと指定を受けている業者をセレクトして見積もりを取るべきで、その方が初期費用も実際は安くなることが多いのです。

指定業者を使う意義は、ガス会社が施工した場合と同品質の工事内容が得られることにあります。実質的に低い費用で工事を進めてくれる上、工事ミスの確率も少ないことが彼らを活用する上で最大のメリットとなるでしょう。

指定業者の場合は著しく費用が異なることはないのですが、費用以外にも工事日数などが短いかどうかも決め手になりますのでその点を含めて見積もりを多くの業者に依頼してください。
適正価格は下記のサイトで紹介していますので参考にしてみて下さい。
⇒プロパンガス料金消費者協会

ガス管引き込みだけでなくオール電化費用も見積もりするとお得に?

見積もりも都市ガス引き込みだけでなく、オール電化分も聞いてみると意外なお得ポイントがあるかもしれません。

これは、家屋タイプによってはオール電化の工事費用の方が安くなることも十分に考えられるからでして、都市ガスを最優先にしているのであればガス引き込み費用の交渉にも十分活用できることが多いのです。

また、ガス工事業者にオール電化と同時に見積もりを進めていると話すだけで、工事業者の対応が大きく異なって来ますのでこの同時見積もり方法は確実に進めてください。

都市ガスの引き込み工事はどのような手順で行われる?

“作業員”

さて、気になる都市ガスの引き込み工事ですが、一体どのような手順で進められるのかは非常に気になるところですね。ガス管は一般的に2つのタイプがありまして、1つが本管でもう1つが供給管いわゆる引き込み管です。

一般的に本管がすぐ近くまできているエリアになると、引き込み工事は非常に簡単でいきなり引き込み管を設置するだけで都市ガスの供給が可能となります。しかし、本管が家屋の近くまで来ていない場合は本管を通して、その後に引き込み管を装着する手順になるでしょう。

都市ガスの本管設置の有無によって工事期間が異なる!

都市ガスの引き込み管工事は、本管がすでに来ていれば1日若しくは2日程度で完了することができます。しかし、本管が家屋前の道路の下に埋まっていない場合は、道路管理者に許可をとって掘削して本管の設置を進めなければなりません。

本管設置工事自体はすぐに終わりますが、道路掘削の工事は場所によって許可が出にくいこともあるでしょう。それによって、時間が掛かって工期自体が後ろ倒しになっていくことも想定されるのです。

また、ガスの本管設置には受益者が多ければ多いほどそれぞれの初期負担も減りますので、単に一世帯のためのガス管設置は経済的な面から見ても非現実的と言えるでしょう。よって、本管工事が必要な場合は全体的な工事前の打ち合わせに時間を取られます。

都市ガスに切り替える絶妙なタイミングとは?

“ガスコンロ”

一般的に都市ガスに切り替えると耳にした場合、善は急げですぐ行動に移したい方もいらっしゃるかもしれません。しかし、切り替えには一定の費用がかかるのは間違いありませんので、切り替えのタイミングを見計らうのは意外に難しく感じることでしょう。

ここでは、その切り替えタイミングの大きなヒントになるようなポイントをご紹介しますので、できるだけ経済的負担の少なくなるような切り替えをスムーズに実現させてください。
⇒都市ガスの基本料金が安い理由

都市ガスの切り替えキャンペーンを利用する

都市ガスの配管がそこまで来ているのに、なかなか費用面を考慮して切り替えを今一歩踏み出せない方は

切り替えキャンペーンの積極的利用をオススメします。

このようなキャンペーンは都市ガス企業だけでなく、自治体が積極的に推し進めるケースもあるのです。

このキャンペーンの内訳を見てみますと、切り替え時のガス管の引き込み工事の費用が優遇価格で適用されるケースが多く、この際に指定業者を利用することが大きな条件となっていることも多いですが、都市ガス引き込みに関して通常導入と比較すると初期費用を低く抑えられるメリットがあります。

キャンペーンは一般住宅のオーナー向けに勧められていることも多いですが、最近は都市ガス対応のアパートが人気なので集合住宅のオーナーにも広く勧められているのです。

プロパンガスの単価が上がるのを見計らう!

へき地では広く普及しているプロパンガス。都市ガスよりは一般的に料金が割高なので、仕方なく使っていると考える人も少なくありません。しかし、ガスのパワーを考えれば明らかにプロパンですし、エリアによっては都市ガスよりも安く提供しているプロパン業者もあります。

よって、切り替えのタイミングとしてはプロパンガスの単価が上がって値ごろ感がなくなってきた時に限るのです。プロパンは配送運賃の上昇などで単価に費用が上乗せされることも良くあり、近年は単価も上昇傾向にあるでしょう。
⇒電力自由化の切り替えで注意したいこと

消費者としては実質費用の負担が増えた時が、都市ガスの引き込みを検討すべきグッドタイミングとなります。ただ、プロパン業者によっては解約の場合に何らかの費用を請求してくる場合もありますので注意が必要です。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!