電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

都市ガスとプロパンガスでガスコンロを間違えると大きな危険が!

ガスコンロ

都市ガスとプロパンガスは料金が違う、と言われていますよね。都市ガスは安く、プロパンガスは高い、というイメージがないでしょうか。
実際、プロパンガスを契約している人は都市ガスの1.5~2倍の金額を支払っていることが多い、というデータが出ていますよ。

それだけではなく、使用するガスコンロも違うって知っていましたか?
もし、都市ガスを使用していた家庭がプロパンガスの住宅へ引っ越しをした場合、前使用していたコンロは使用できません。

「使えそうだし…」と思っても、危険が伴うので使わないように注意をしましょう。
今回は、都市ガスとプロパンガスのガスコンロの違いなどについて、説明していきたいと思います。

ガスコンロの違い

“ガスコンロ”

ガスコンロには都市ガス用と、プロパンガス用があることをおわかりいただけたと思います。そしたら、同じ都市ガスのガスコンロだったら、地域やガス会社が違っても対応できるのでしょうか。

それも使用できない場合があるのです。前の住居で都市ガスを利用していたから、引っ越し先も都道府県は違うけれど、都市ガスなら一見使えそうですよね。
しかし都市ガスにも種類があり、ガスの種類が違うことがあるので、同じガスコンロを使えないことがあるのです。

プロパンガスはそのようなことがなく、例え引っ越しをしても同じプロパンガス用のガスコンロで対応することができます。
そう考えると、都市ガスの方がガス料金は安くなっていますが、引っ越しを頻繁にする人にとってはその都度ガスコンロを買い替えないといけないことも考えられます。
自分の生活スタイルなどに合わせて、ガスを選択していけるとよいですね。

ガスコンロの料金の違い

実際にプロパンガス用のガスコンロと都市ガス用のガスコンロはどう違うのか見ていきましょう。

一般的に都市ガス用のガスコンロの方が割高なケースが多いようです。そのうえ、引っ越しなどをした場合、また買い替えなくてはならないリスクがあることを考えると、ガスコンロなどの初期費用に関してはプロパンガスの方が便利で使いやすい?という印象を受けますね。ただプロパンガス会社には、様々な会社があるので、高額請求などをしたりしない、良質なプロパンガス会社をみつけることができるのか、ということが最大のネックになってくるかと思います。

来年に都市ガスも自由化が始まります。ガス会社を選ぶ時に、ガスコンロだけで決めるわけにはいきませんが、ガスコンロも決定に関わる一部になってくるのではないでしょうか。

もし誤ってガスコンロを使ってしまったら!?こんな危険が!

意図的であるにせよ、勘違いにせよ、都市ガスとプロパンガスのガスコンロを間違って使ってしまうと、こんな危険があります。決して間違えないようにしておきましょう。

  • 一酸化炭素中毒の危険性
  • ガスコンロが合っていないので、十分な燃焼ができず、ガス代が思ってもみなかった高額に!
  • 30センチ以上もの炎があがり、火災の危険性が高まります。

人の命に影響を与える惨事に発展しかねませんので、ガスは便利なエネルギーですが、決して軽く考えることなく、必ず適したガスコンロを使うようにしなくてはなりません。

ガスコンロを選ぶ前に

“女性”

では実際にガスコンロを選ぶ時、どんなことに注意したらよいのでしょうか。決してプロパンガスか都市ガスかわからないけれど、イチかバチかで買ってみよう、と無謀なことはしないようにしましょう。

ガスの呼び名で惑わされない

都市ガスとプロパンガスには、様々な呼び名があります。曖昧な場合はしっかりと店員さんに確認などをし勘で買わないようにしましょう。

プロパンガス LPガス、LPG
都市ガス 天然ガス、12A13A

都市ガスとプロパンガスはどう違う?

使用するガスコンロの違いの前に、都市ガスとプロパンガスはなぜ同じガスコンロが使用できないのか考えてみましょう。
まずは、ガスの種類が違うからなんです。簡単にそれぞれのガスの特徴を説明します。

都市ガス

主な成分は気体のメタンとなっており、天然ガスが使われています。プロパンガスとの違いは空気より軽いということです。万が一ガス漏れがしていたら、天井付近にガスが溜まることになります。

プロパンガス

主な成分はプロパン・ブタンとなっており、液化石油ガスが主成分です。都市ガスとの違いはプロパンガスは空気より重いので、ガス漏れした時に床のあたりにガスが溜まることになります。

どちらのガスもガス漏れした時にわかるように、臭いが付けてあります。ガスの臭いは、元々ガスの持つ臭いだと思っていた人もいるのではないでしょうか。よく「ガス臭い」というガスの特徴的な臭いは人工的につけてあるものなのです。

ガス種類の確認方法

都市ガスとプロパンガスのガスコンロが違うことはわかったけれど、自分の家がどちらのガスかわからない場合はどうしたらよいのでしょうか。
確認方法を挙げていきます。

家やマンションの裏などにボンベがあるか

ボンベがあればプロパンガスです。都市ガスは地下に埋まっているガス導管を通って各家庭まで運ばれるので、都市ガスの場合はボンベは存在しません。
ボンベがガスのものなのかわからない場合や、はっきりしない場合は、ガス会社に連絡するのがよいでしょう。明細書や請求書にガス会社の連絡先があります。

ガスの警報器はどの位置にある?

引っ越しが済み、ガスの開栓の時にガスの警報器を取り付けてもらうと思います。その警報器の位置によって都市ガスかプロパンガスかわかります。
先ほど、ガスの特徴でご説明した通り、プロパンガスは空気より重く床に溜まるガスなので、警報器は床から30センチ以内の位置に憑りつけることが決められています。

また都市ガスの場合は、空気より軽く天井付近に溜まるので、ガス警報器は天井から30センチ以内にとりつけることが決められているのです。

このような特徴からガス警報器が床に近い場合はプロパンガス、天井に近い場合は都市ガスということがわかるでしょう。

ガス会社に「大阪ガス」「東京ガス」など地域の名があるか

利用しているガス会社の名前に地域の名前がついている場合は、都市ガスの可能性が高いでしょう。

実際のガスコンロで見ていこう

最後にプロパンガスと都市ガスをガスコンロのご紹介をします。記事を見ているだけではわからない部分があると思うので実際に画像を見ていましょう。

リンナイAncie(アンシエ)ガラストップガステーブルコンロ

最新の最高級モデルガラストップのシリーズです。天板は、ドイツのショットセラン社のガラスです。低価格の商品もあるのでおすすめです。

リンナイ【KGM64BER LP】

こちらは、プロパンガス用のガスコンロです。見た目は都市ガスでもプロパンガスでも変わらないので注意が必要ですね。コンパクトとなっています。機能としてはお鍋の温度の見張り番機能が付いているので安全に使用することができます。また安心センサーコンロも装備しているので、より危険性が低くなっています。グリルの無い二口コンロなので、お湯を沸かしながら調理をしたり、グリルの掃除の手間はなく一番使いやすい形態になっています。

トップのプレートがフッ素コートという油汚れや吹きこぼれの汚れをはじく加工がされているのでお掃除が楽です。また「セラミックコートバーナー」を使用しているので汚れがつきにくく耐久性がアップした商品となっています。

おわりに

いかがでしょうか。ガスなら使えたらなんでもよいと都市ガスかプロパンガス都市ガスかプロパンガスかの把握が曖昧になっていると思わぬ事故につながる可能性があることをおわかりいただけたと思います。

ガスを一つの燃料と捉えている人にとっては、確かに使えたらどちらでもよいことかもしれません。しかしガスは便利である反面取扱いによっては危険も伴うので、くれぐれも取り扱いには注意していきたいものです。

最近は電気の方がよく使われているように思えるかもしれませんが、ガスもまだまだ環境に優しい面や今までとは違う使われ方が開発されているエネルギーです。
「ガスは危険」と決めつけてしまわず、是非お近くのガスのイベントなどで、ガスの良い点を体感してみてはいかがでしょうか。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!