電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

大手ガス会社の引き落とし日はみんなバラバラです!

ガスコンロ

ガス引き落とし日をまとめてみた!

ガスメーター

大手ガス会社4つについて、ガスの口座振替の引き落とし日をまとめてみました。なお、クレジットカード払いの場合は、クレジットカード会社の引き落とし日に準じますので、ガス会社ではなくカード会社にお問い合わせくださいね。

東京ガスの場合

東京ガスの場合、ガス料金の引き落とし日は「指定日口座振替サービス」によって、振替日を任意で決められます。

指定できる日付は、

  • 毎月1日から30日までの任意の日
  • 毎月の月末日
  • ガス料金の支払期限の日(検針日の翌日から起算し、30日目)

から選べます。

2月については、閏年は29日の振替となりますが、通常時は3月の最初の、指定した金融機関の営業日が振替日です。

また、指定日が金融機関の休みだった時も、金融機関の翌営業日まで伸ばされます。
⇒東京ガスのガス自由化戦略とは?

大阪ガスの場合

大阪ガスの引き落とし日は、任意ではなく大阪ガスが指定した日になります。

引き落とし日は、検針の日から約10日後で、「ご使用量のお知らせ」に具体的な振替日が毎月記載されています。例えば、103日に検針日があった場合は、おおよそ1013日には引き落としがされるということです。 

ただし、この13日に当たる日が日曜日、または祝日など金融機関がお休みの時になる場合は、日付が多少前後することがあります。
⇒大阪ガスの電気料金プランは解約金が安い!「ガスと電気」セットでお得が満載!

東邦ガスの場合

東邦ガスも、大阪ガスと同様に東邦ガスが指定した日(検針日から10日目ごろ)です。

検針日を基準として口座振替の日を決定しているため、個別の変更はできないとのことです。

西武ガスの場合

西武ガスの場合、口座振替日は検針日とは関係なく、毎月「26日」と固定されています。

もちろん、金融機関がお休みの場合、26日には引き落としができませんので、日付は翌営業日になります。

ガスの引き落とし時の注意点

カレンダーとお金

ガス引き落とし日は、会社によってバラバラですので、注意点が3つあります。

利用中のガス会社の引き落とし日を確認・把握する

引き落とし日はガス会社によって異なりますので、把握できないない場合は、きちんと一度確認し、忘れずに引き落とし口座へ必要な料金を振り込んでおきましょう。

請求額が少額の場合、翌月にまとめて請求する場合もある

当月の請求額が少額の場合、ガス会社によっては、引き落としをせずに翌月に合算して引き落としをする場合があります。 

その場合は、いつもの約2倍の請求があることになりますので、きちんと口座にお金がある状態にしておかなくてはいけません。 

振り込み忘れを防いで、延滞しないようにしよう

引き落とし口座から正常に引き落としができないと、ガス会社によっては10日後に再度引き落とし処理を行い、それでも引き落とせなかった場合に振込用紙が送られてきます。

振込用紙でも料金が徴収できないと、「滞納」になってしまいますのでご注意ください
⇒ガス料金を滞納すると早めに止められる!?

ガス料金を延滞するとどうなるの?

帳簿と電卓

ガス料金を滞納すると、「滞納金」が発生します。いわゆる利子と同じ扱いですね。

会社によっては、滞納金が発生しないところもありますが、発生するところでは、検針日から40日以降に発生するところが多いです。

また、滞納金を徴収する会社は、日率0.0274%と設定して滞納料金を加算しているところが主です。

いつまでも支払いが滞ると、ガスが止められてしまうこともありますので、くれぐれも気をつけて口座からきちんと引き落としができるようにしておきましょうね。

引き落とし日を把握して家計管理をしっかりしよう

ガス料金の引き落とし日だけではなく、水道料金や電気料金などの引き落とし日もきちんと把握し、家計管理をしっかりしましょう。

どの日にいくら引き落とされるかを知らなくては、気がついたら指定口座に残高が残っていない、ということが起こってしまいます。家計管理をする上で、それは避けたいですよね。

ガス、電気それぞれの支払日が異なって把握しきれない場合は、思い切ってオール電化にしてみると、支払日が煩雑にならず家計管理が楽で、かつ節約もしやすくなりますので、一度検討してみるのもおすすめです。

ガス引き落とし日をなくして、電気に切り替えると家計管理が楽に!

ガスの引き落とし日をつい忘れてしまって、家計管理がしづらいと悩んでいませんか?
そんな時には、思い切って、オール電化に変えてしまうのもおすすめです!
オール電化なら、光熱費の支払いは電気料金だけで管理が簡単です。
今までの光熱費の使用状況によっては、オール電化にした方が安くなる場合も!
下記から簡単な情報を入力するとすぐに他社と電気料金の比較ができますので、乗り換えも簡単でスムーズな「タイナビスイッチ」で、一度乗り換えを検討してみてください。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!