電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電気代・節約 省エネ術

トイレの3つの節水法!水道代が劇的に減るグッズ5点

トイレ

家の中の水道の使用量は、毎月予算内で収まっているでしょうか。家族が多い人の場合は、人数が増えた分だけ水道の使用量も増えていくので「いつも予定より多い請求が来る」と頭を悩ませている人がいるかもしれません。

トイレの水の使用量は、家庭の中の水の使用量の28%も占めるというデータがあります。こんなに多いと想像していましたか?

トイレの節水はグッズを使わなくても、大と小のレバーを適切に選んで流すだけで節約につながります。大と小では流れる水の量がかなり違うので、小のときに大の水流で流さないようにすることが大切です。

しかしグッズを使った手軽で、苦労しなくてよい方法もたくさんあります。今回は、グッズのご紹介も兼ねて説明していきます。
⇒水道料金を劇的に節約するために知っておきたい4つのこと

 トイレの節水の重要性は?

節水

節電といえば電気ですが、節水と言えば水です。
節電はLEDやエコ家電等の普及により、高い意識で節電する人が増えているのが事実ですが、節水は以外にもやっていない人が多いのが事実です。

皆さんは、1か月でどのぐらいの水を使用しているか、ご存知でしょうか?
実際に、1日に1人が使用する水の量は約200リットル以上と言われており、1ℓのボトルを約200本も皆さんは使用しています。1か月で1人当たり6000ℓの水を使っていることになります。

そんなに、使っていないと思われている方も多いかもしれませんが、実際にどのような用途で1日に200ℓも使っているか、今一度考えてみましょう。

その内訳は、トイレ、風呂、炊事、洗濯等で全体の大部分を占めています。

日常生活の水道用途 使用量の割合
トイレ 28%
風呂 23%
炊事 22%
洗濯 16%
歯磨き 7%
その他 4%

トイレを流した時に必要な水の量はご存知ですか?

トイレの水道量は、1回あたり約10L使用しています。
水道料金は、東京都の基本料金1L=0.24円で計算するとトイレ1回あたりの水道料金は2.4円になります。

トイレを流す時に大と小があるかと思いますが、大で約10 ℓで小で約5 ℓの水を消費します。水道料金は、1回あたり大で2.4円、小で1.2円となります。

トイレを流す時に、【大】【小】を使い分けていますか?

1日にトイレに4回行く場合、(大1回、小3回)だけで、トイレだけで25ℓも水を使っている事になります。
4人家族であれば、1日に100ℓもトイレだけで使用しています。水道料金が0.24円/1ℓであれば、トイレの大で約2.4円になり、1家庭で1日約24円、月間で720円になります。

4人家族トイレ水道料金 大4回 大1回、小3回
1日 40ℓ×0.24円=9.6円 25ℓ×0.24円=6円
1カ月 288円 180円
年間 3456円 2160円

差額は1296円ですが、実際にはもっとトイレの回数が多いと想定されるので、かなり差が出てくることになります。

今からすぐにできるトイレの3つの節水方法とは?

トイレ節水

トイレでの節水方法は、実践するだけですぐに効果がでます。
当たり前ですが、多くの人が実践していない隠れた方法をお伝えします。

二度流しを避ける

必ず1回でトイレを流すという習慣をまずはつけましょう。
トイレの間に何度もトイレを流す人も多いはずですが、1度流す水量だけで5~10リットルの水を消費してしまいます。

レバー(大小)を使いこなす

大レバー(10ℓ)と小レバー(5ℓ)も水を消費します。
小レバーを使いこなす事で、1回当たり5ℓの水を節約する事ができます。
小の場合は、必ず小レバーを使う習慣を身につけましょう。

節水器を取り付ける

最新型の節水グッズなどを活用する。
節水グッズは、ネット通販などですぐに購入することができ、金額もたった数千円です。
1度、取り付ければ半永久的に使用できるので経済的です。

まずは、毎日使っている水の使用量や水道代をしっかり把握して、1つでも多くの節水方法を試してみてください。
ただ、行き過ぎた節水により、生活が不便にならないようにご注意ください。まずは家族の理解を得てから1つずつ試すことをお勧めします。
⇒あなたの水道代が平均より高いかも?平均値と比較してみよう!

節水に役立つ!トイレの5つの節水グッズのご紹介

トイレの節水 ウォーターセーバー

¥1000以下~¥1000前後

こちらのグッズは、トイレで流す水の40%も節約できるという優れものです。商品自体の値段も1000円以下とお手頃価格です。取り付けも工具などを使う必要がなく簡単に取り付けることができます。
このウォーターセーバーを置くことで、トイレのレバーを回している間だけ、水を流すことができます。

レバーを元に戻すと水が止まってしまうような感覚なので、大の時やペーパーが多いときは、長めにレバーを回しておかないと詰まりの原因となるので、気を付けましょう。

またグッズを取り付けることでレバーが重くなるので、いつもより長めにレバーを回すことを意識した方がよいかもしれません。
このグッズを取り付けることで、年間の節約額は4人家族で8640円くらいと言われています。

水洗トイレ節水器ロスカット

¥2500

こちらのグッズもウォーターセーバーと同じようにトイレで流れる水の量を節水できます。
トイレを流した後に最後に少しだけ流れる勢いのない水をカットする器具などがあります。このような器具により無駄な水の流れをカットする事ができます。

この節水器ロスカットはトイレの水を流したり止めたりしているフタが閉まるタイミングを早めて、だらだらと流れている水を早めに止めてしまおう、という商品です。トイレのタンク内には元々ゴムフロートという部品が浮いていて、ゴムフロートがフタをし水を止めています。節水器ロスカットをこのゴムフロートに取りつけることで節水するグッズです。

ほかにも以下のようなメリットがあります。

ウォーターセーバーのメッリト
水圧は従来どおりで、水洗トイレの排水量を30%以上カット
ロータンク専用(TOTO、INAXすべての機種に取り付け可能
シャワー節水治具付きで、浴室でも節水
メンテナンス不要、効果は半永久的

しかしこのグッズは、取り付けできる便器の型が決まっています。使用できない便器の型は以下の通りです。

使用不可のトイレ
節水型のトイレ
ハイタンク型(高い位置にタンクがあるトイレ)
ボタンで水を流すトイレ

などになります。最新のトイレは節水型便器であることが多いので、やや古めのトイレの場合は使用する価値があるでしょう。

節水器ロスカットを使用すると、1回あたり約5リットルの水を節水できると言われています。家族の人数や使用頻度によりますがだいたい年間1~2万円の節約になる計算です。

金額は2000円前後とお手頃なので、古めの住宅や賃貸などで、新しくない便器をお使いの家庭は試してみる価値のある商品です。

ドルフィンセーブ

¥5400

こちらのグッズは、通常トイレのタンク内のバルブはタンクの水がすべて流れてから、フタを閉じますが、ドルフィンセーブのバルブに付け替えることで、空気穴から浮力をなくし、早めにフタを閉じ水を止め節水効果をはかろうとするグッズです。1回のトイレで約5リットルの水が節水できるグッズです。

4人家族の場合1日25円程度の節約ができ、年間では8352円もお得になる計算です。他のグッズより値段がすこし高く感じられますが、4人家族の場合、半年で元が取れるので買っておいて損はないでしょう。

節水量の調節が9段階でできるので、各家庭のトイレの水の勢いなどに合わせ調節することができます。
ただしこちらのグッズは、TOTOのトイレ専用となっています。

万能ロータンクボールタップ・スリムタップ

¥3200

こちらのグッズは、トイレタンクの中のホースや部品を含めすべて一式付け替えるようなグッズになります。付け替えることで、タンク内の水位を調節して節水することができます。特徴としては、通常最後の方にちょろちょろと流れている水をピタッと止めるので、節水に効果的です。その他、着水音を低減させることができ消音効果を得られ、水位が調節できるバルブが付いています。

このグッズはほとんどのタンクに取りつけることができますが、下水給タンクや高い位置に設置されたハイタンクには使用できません。取りつけは難しいそうに見えますが、説明書を見ると誰でも簡単に付けることができます。トイレの水の音が異様にうるさい場合や、いつまでも流した水が出ていて止まらない場合に特におすすめです。

トイレ節水できるくん

¥510

トイレのタンク内にあるフロート部分に被せるだけで、4人家族でひと月あたり約1.5tの節水ができます。
水道料金で言うと約360円節約できます。
最大40%コストカットができるという点から考えますと、水道料金が1万円ですと4000円節約できることになってきます。

ステンレス製でできているので、錆びにくく半永久的に使えます。
注意点としては、流れるまでレバーを押さえておくことです。
⇒二人暮らしの水道代を見直すとこんなに光熱費節約に!

よくありがちな間違った節水方法

ペットボトル

口コミや噂話、実家でやっていたから、などの事情でトイレタンクの中にペットボトルやビール瓶などの重いものをいれて、タンクに溜める水の量を節水している家庭がよく見られます。

しかしこの方法はペットボトルがタンクの中の何かと接触してしまい、水が出っぱなしになってしまったり、排泄物がきちんと水道管の先まで流されず詰まってしまったり、タンクが故障して節水どころかかえって修繕費などがかかってしまうようなケースに発展していることがよくあります。

そんなリスクを払ってまで節水しても仕方がないので、トイレのタンクに重いものを入れて節水する方法はやめた方がよいでしょう。

従来型トイレから節水型便器に買い替える?

節水トイレ

古いタイプの便器と節水型便器では、流れる水の量にかなりの差があるんです。どのくらいかご存知でしょうか。よく古い感じのトイレで、水が必要以上にザァーっと長い間流れているのを目にしたことがあるかと思います。古いタイプの便器の場合大で13リットルと大量の水が流れるのに対し、新しい節水型便器の場合は小で6リットル、大で8リットルと古い便器に比べたいぶん節水設計がされています。

最新型のトイレは、節水型タイプが主流の為に一度に流すトイレの水の量が、従来型の3分の1と言われております。節水はしても洗浄力は高いので、まさに理想のトイレと言えます。

大家族でトイレを使用する回数が多い場合は、トイレの水だけで年間の1.4万円の節約効果がでてきます。

従来型トイレ 大(10ℓ~13ℓ)
節水型トイレ 大(4ℓ)
1回の節水量 約9ℓ
4人家族の場合の年間節水量 56000ℓ
年間節約料金 約14000円程度

上記の数値から、節水便器に交換することで年間で14000円の節約、10年間で14万円の節約になってきます。

トイレの工事費が約3万円、節水式のトイレが約4万円としても修理費用も加味すると約5年で採算が取れる計算になってきます。

節水トイレ効果

更に節水トイレには、エコボタンがあるので、小の時に使用することで更に節水(約0.2ℓ)が可能になります。

ただなかなか賃貸住宅であったり、事情があり節水型便器に変えることができない場合もあるかと思います。
そんな場合は、長すぎる水の流れを抑えれる上記でご紹介したグッズなどで、節水を試みるのもよいでしょう。

ただし、ご紹介した商品の中には大をスムーズに流すためにはレバーを長く引く(押す)ことが必要な商品もあるので、詰まってしまってあとから余計に修理費などがかかってしまった、ということにならないように節水グッズとうまく付き合っていくことが必要です。

おわりに

トイレは家庭の水の使用量の1位28%を占めると言われているので、トイレの節水を意識することは家庭全体の節水につながると言うことができます。
トイレの水は、レバーを回すことで自動的に流れるので節水できることを知らなかったという人もいるかもしれません。

しかし、今回ご紹介したように様々な節水グッズが販売されているので、一度試してみるとその手軽さにびっくりすることでしょう。
グッズを使わない節水方法としては、初めに述べた大小のレバーをきちんと選択することや風呂の残り湯でトイレを流す方法などがあります。

風呂の残り湯などでトイレを流す方法は新たに水を使わなくてよいですが、わざわざバケツなどでトイレまで水を運ぶ手間が発生します。しかしそれでも労を惜しまず節水に励みたい人は、是非おすすめの方法です。家族全員でなくても、一人実行するだけでも節水効果が出るでしょう。

また、節水トイレに変更すると、元々の水量が少なく設計されているので、節水の必要はないですが、ご紹介した商品の中には節水型便器でも使用できるグッズもあります。
しかし、くれぐれも節水のことを考え過ぎて、トイレの詰まりを起こさないように気を付けてください。

トイレの水道代と電気代節約で光熱費の大幅削減を

こうした節水グッズを上手く活用することで、40%も節水することが出来るものもあり、おすすめです。しかし、節水を機にするあまり間違った方法でトイレを詰まらせないように気をつけましょうね。

トイレの水道代と同様に、毎日使う電気も気になる光熱費の一つでしょう。とても簡単な電気代が削減方法として電気料金プランの変更がおすすめです。

電力会社や料金プランを変えるだけで大幅な電気代節約になるかも。タイナビスイッチの高精度料金シュミレーションで、お得な料金プランがないか一度調べてみましょう!

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!