電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電気代・節約 省エネ術

光熱費の基本料金日割り計算は電気は可能!ガス代&水道代は?

意外に知られてない光熱費の日割り計算!

引っ越しをすると新たな転居先で電力会社やガス会社と契約をすることになります。
素早く契約を終わらせないと電気、ガス、水道が使えなくなり生活に支障をきたしてしまいます。
通常は引っ越し前にすべての契約を完了させ、引っ越しと同時に新生活をスタートさせることが一般的です。
ここで少し疑問が生じます。
光熱費の支払い区分の問題です。

光熱費の基本料金は小額だが・・・!

例えば新たな契約期間がその月の15日からとします。
そうなれば月額の基本料金がどうなるのかということです。
基本料金というのは電気代なりガス代で定められています。
1日から契約が発効すれば問題ありませんが、その月の残余期間があれば日割り計算してくれるのかが気になります。
電力料金の基本料が1,000円となるなら、上記たとえの15日から契約が開始されれば理屈上では半額の500円でもよさそうです。
光熱費の基本料金というのはさほど高いものではありません。
しかし多少でも安くなるならそれに越したことはないともいえます。

日割り計算よりも節約が大切!

電気代の基本料金は日割り計算されます。
15日付の契約ならその月の基本料は半額となります。
1,000円なら500円となりますので気持ち分だけ基本料金は割引されます。
これは転居先だけにあてはまるものではなく、前所在地での契約解除にも該当することです。
電気代の基本料金は日割り計算されますが、ガス、水道料金では各会社や自治体により異なります。
気になる方はあらかじめ調べておきましょう。
仮にガス代や水道代基本料が日割り計算の対象外になってもたかがしれています。
日割り計算してくれないとあまりストレスを感じる必要はありません。

光熱費の基本料金を1日換算すると約数十円たらず。

基本料金の範囲で光熱費が抑えられれば使用量はほとんど掛かりませんが、そんなことは事実上不可能です。
日割り料金を気にするよりも光熱費全般の節約を心がけることが何よりも大切といえます。

電気料金を安くしたいなら、まずは電力自由化!

光熱費も1日単位なら、それほど高いとは感じませんよね。しかしそれが1ヶ月分ともなると、相応の金額になってしまいます。その中でも特に手痛いのが電気代です。夏場や冬場は、ガス代や水道代の2倍以上ということも少なくありません。

ですが、そんな問題も新電力に変更することで解決します。新電力のプランには、確実に電気代を5%削減できるものもあるため、乗り換えて損はありません!
まずはタイナビスイッチで、どれくらい電気代がお得になるのか、チェックしてみましょう。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!