電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

あの臭いプロパンガスの成分は何?

プロパンガスの臭い

プロパンガスの成分

世の中で使用されているプロパンガスというのは、100%プロパンで構成されているガスではなく、様々な成分が混ざっています。

主に「プロパン」「ブタン」「プロピレン」「ブチレン」などのガスが混合していることから、いわゆる「多成分系混合物」とも呼ばれています。

これら成分の混合割合はガスメーカー独自で決めているワケではなく、液化石油ガス法またはJIS規格で定められています。

⇒ガス自由化でプロパンガスも安くなるの?

各成分の割合

プロパンガスは法律と規格により、下記の3種類の混合割合に分けることが出来ます。

私達が普通に生活する上でそこまで気にすることではありませんが、プロパンガスを知る上では大切なことですので覚えておきましょう。

ガスの種類 混合割合
い号液化石油ガス プロパン及びプロピレン80%以上+エタン及びエチレン5%以下+ブタジエン0.5%以下
ろ号液化石油ガス プロパン及びプロピレン60%~80%未満+エタン及びエチレン5%以下+ブタジエン0.5%以下
は号液化石油ガス プロパン及びプロピレン60%未満+エタン及びエチレン5%以下+ブタジエン0.5%以下

ちなみに上記3種類については、主に一般家庭用に供給されるプロパンガスであり、タクシーやフォークリフトなどで疲れるプロパンガスは別規格となります。

様々な混合割合が存在する理由

ではどうしてプロパンガスに含まれる成分の混合割合に種類があるのかを簡単にご説明します。

その大きな原因が使用している原料自体が天然の資源であることが挙げられ、冬場の寒い時期を迎えると液化石油ガス独自の物性から、ガスそれぞれの蒸気圧を下回ってしまうことがあります。

配管の途中でガスが液体へと戻ってしまうことも考えられます。
このことから、液状化し難いプロパンやプロピレンなどの混合割合を人工的に増やしているというワケです。

蒸気圧が高ければ高いほど気体化し易いので、ブタンやブチレンよりもプロパンの混合割合を増やすことによって、外気が寒かったとしても気体化しやすいプロパンガスになるのです。

例えば、主に工場などで使用されるフォークリフトを動かすために使うプロパンガスの場合、東京など関東エリアでは「ブタン70%」「プロパン30%」といったように、ブタンを割合を大きくしていますが、東北や北海道などの寒冷地では、「ブタン50%」「プロパン50%」とほぼ同量の割合となっています。

このように気候によってプロパンガスの混合割合を変えているのです。

⇒プロパンガス料金を確実に安くする方法

プロパンガスの臭い

プロパンガスボンベ

鼻にツーンっとくるような独特のガスの臭いを誰もが嗅いだことがあるかと思います。

あの臭いを感じると「あ、ガスが漏れてる!」っと気付くかと思いますが、そもそもプロパンガスの臭いは何なのでしょうか?

あまりにも強烈過ぎるあの臭いについて迫っていきます。

本来プロパンガスは無臭

意外と知られていないことかもしれませんが、本来プロパンガスというのは全く臭いがしない無臭のガスなのです。

実際に「プロパン」「ブタン」「プロピレン」「ブチレン」などの資源が採れる場所でも、あの独特の臭いは一切しません。

つまり私達の元へ届けられる前に、人工的に着臭をしているのです。

どうして着臭するのか、それは大事故を未然に防ぐために必要不可欠だからです。

臭いでガス漏れに気付かせる

着臭する目的はただ一つであり、「そこにガスが存在する」ことを知ってもらうためです。

もし無臭だった場合、万が一ボンベやガスストーブなどからガス漏れが発生してしまっても、それに全く気が付くことが出来ません。

普段から私達が吸っている空気と同じく無臭では気付くワケが無いのです。

そこで着臭することによっていつもと違う臭いが漂い、ガス漏れを感知し、その原因を突き止め対応することで大きな事故を防ぐことが出来るのです。

プロパンガスを安全に使用するためには必要不可欠な処理が着臭なのです。

プロパンガスの臭いがする原因

原因

プロパンガスは、爆発を起こしたり吸い込むことで窒息してしまう恐れのあるものですから、万が一ガス漏れがあると非常に危険な状態になります。

しかし皆様も一度は「あれ?なんかガス臭いな?」と感じたことがあるかと思います。

そのガスの臭い、もしかしたら貴方に危険が迫っている警報かもしれません。
警報機が作動するほどの臭いだった場合には、さらに危険ですので十分に注意して行動しましょう。

ガス機器からガス漏れ

ガステーブルやガス給湯器などの機器から、ガス漏れが生じることであの臭いが部屋中に充満し、警報機がなることがあります。

この場合、確実に危険な状態ですので、すぐにガスの元栓を閉め、窓を開けて十分に換気をしてください。

ガス機器では無く、ガスホースが外れていたり、途中で亀裂が入りそこからガス漏れが発生している可能性も考えられます。

ご自分で臭いの原因がわかれば良いのですが、もし原因を見つけることが出来ない場合にはすぐにガス会社へ連絡し対応してもらいましょう。

ガス容器の片切れ

ガスの臭いの原因として、ガス容器の片切れも考えられます。

片切れという言葉をご存知で無い方もいらっしゃるかもしれませんが、これは簡単に言ってしまえば「ガス容器のガス欠」のことです。

片切れを起こしても、予備のガス容器から通常通りガス供給は行われるので心配ありませんが、どうしても一時的に臭いが発生します。

この臭いの原因も、もちろんガスへ着臭したものなのですが、片切れによる臭いは正常でも発生するものですのでご安心ください。

ガス容器の中のガスが無くなってしますと、着臭の成分が上昇してくるからです。

片切れなのか、それともガス漏れなのかを確認するために、まずはガス容器の近くに設置している調整器をチェックしてみてください。

もし調整器が赤くなっていたら片切れの状態です。念のため、片切れを確認出来たらガス会社へ状況報告をしておくようにしましょう。

⇒ガス自由化によるプロパンガス家庭のお得な乗り換え方法は

臭い発生時の注意点

注意点

プロパンガスを利用していて、もし臭いが発生したらいくつか注意しなければいけないことがあります。

ガスの臭いは危険が迫っていることを既にご説明しましたが、きちんとした対応をして、注意点を守ればその危険を回避することが出来ます。

「慌てずスピーディーに」を心掛けましょう。

元栓を閉じて十分な換気

基本的なことになりますが、ガスの臭いに気が付いたらすぐに全ての元栓を閉め、十分な換気をしてください。

稀に元栓の設置場所を把握していない方もいらっしゃるようですので、事前に確認をしておきましょう。

またプロパンガスは空気よりも重たいため上部の窓を開けるだけでは不十分です。

足元に窓がある場合にはその窓を開け、また玄関も開けておくようにしましょう。

火は使わない

当たり前のことですが、ガスが充満している場所で火を使用すると爆発の危険があります。

換気をしている最中、ちょっと落ち着くためにタバコに火を付けようとしたら引火して爆発!なんてケースもあるので絶対に火を使ってはいけません。

ガスを吸い込むと酸素不足になる可能性も

一昔前のプロパンガスは、ちょっと吸い込んでしまうだけで健康に害を与えてしまうこともありましたが、最近は多少の吸い込みでしたら特に心配する必要はありません。

しかしだからと言って、吸い込んで良いというものではありません。

部屋内にガスの充満量が増えてくると、酸素の量が少なくなり、結果的に酸素不足で窒息してしまう可能性があります。

換気中も酸素濃度が低くなっていることも考えられますので、窓や玄関を開放したら部屋の外で待機しましょう。

今回は身近な存在であるプロパンガスの臭いによる危険性についてご説明させていただきました。

悲惨な事故を招いてしまわないよう、自分で出来ることはスピーディーに対応し、少しでも気になるようであれば、すぐにガス会社に対応してもらってください。

ガス会社も自社のプロパンガスが原因で事故を起こしてもらいたくありません。

的確、かつ敏速に行動してくれますので、万が一の時には躊躇せずに連絡をしてください。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!