電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

ガス自由化

プロパンガスの充填期限や保安点検について徹底解説!

プロパンガス

プロパンガスはボンベに入っていますが、このガス容器には充填期限と呼ばれる保証期間があり、この期限を過ぎているプロパンガスは検査を受けないと、ガスが漏えいする恐れがあります。プロパンガス容器の側面には必ず使用期限が記載されています。

  • プロパンガスを使っているけど充填期限なんて知らなかった!
  • 保安点検の料金はいくらかかるの?

など、プロパンガスの充填期限と保安点検について詳しく迫ります。

充填期限は製造されてからの経過年数や容量により異なる

プロパンガスボンベ充填期間

8㎏や10㎏の容器は、保安点検の期間が製造してから20年未満であれば6年に1度の保安点検が必要です。また、20年以上経過している場合は2年に1度の点検が必要です。

プロパンガスは業者により対応がまちまちです。ちゃんと業者が対応してくれれば問題ないですが、ご家庭でプロパンガスを使用している場合は、一度保安点検が必要かどうか確認してみたほうがいいかもしれませんね。

20㎏、50㎏容器など大きめのプロパンガスボンベは製造してから20年未満なら5年20年以上経過している場合は2年に1度の保安点検が必要です。

平成元年4月1日以降製造の場合

製造から20年未満 製造から20年以上
8㎏・10㎏(25L以下の容器) 6年に1度 2年に1度
15㎏以上(25L以上の容器) 5年に1度 2年に1度

平成元年3月31日以前製造の場合

製造から20年未満 製造から20年以上
8㎏・10㎏(25L以下の容器) 6年に1度 2年に1度
製造から10年未満 製造から10年以上20年未満
15㎏以上(25L以上50L未満の容器) 5年に1度 3年に1度
製造から8年未満 製造から8年以上20年未満
50L以上120L未満の容器 4年に1度 3年に1度

プロパンガス容器の再検査期間と充填期限の明示について

プロパンガス

充填期限はどのように表示されている?

プロパンガス容器には必ず、赤い色で大きく見やすいように「充填期限の最終日」を含む月と再検査が必要な前月が表示されています。また、高圧ガス容器の塗色が決められています。

容器に記載する塗料の色はグレーが基本ですが、赤、白、黒、黄、褐色以外と定められています。プロパンガス容器の表面積は、2分の1以上をこれらの塗色にし、充填期限が見やすいように表示されています。

例えば、20L未満のプロパンガス容器の場合は、3cm以上の文字で記載しないといけません。書体も隷書体、角ゴシック、丸ゴシックのいずれかに決められています。

また高圧ガスの性質が可燃性であることも記載されています。そのほかプロパンガス容器の所有者氏名や名称、電話番号、住所を明示しないといけません。プロパンガス容器はこのように細かい規制があり、充填についても万が一の事故に備え厳しく取り締まりがあります。

プロパンガス容器の充填期限が過ぎている場合はどうするの?

考えている女性

プロパンガス容器の側面に書かれている充填期限が過ぎたものは再検査を受け、検査に合格しないと充填ができません
期限が切れていて再検査していないボンベは、爆発などの事故が起こる可能性もありますので注意が必要です。

その様な心当たりがあるボンベは、むやみにコックを開けたり、倒したり、振動を与えることも危険です。

同時に処分に困ることでしょう。不要になったプロパンガス容器はゴミとして捨てることができないため、ガス取扱店に相談しましょう。

また引っ越し先などでプロンガスが設置されており、期限が分からないプロパンガスボンベが見つかった場合も、お近くのプロパンガス販売会社にお問合せください。

プロパンガス容器の付属品

プロパンガス容器には、いくつか付属品が付いています。
耐用年数が決まっている製品もあるので覚えておくと良いです。

付属品が付いていることで、プロパンガスによる突発的な爆発や火災などが起きないように工夫されています。

バルブの使用期限

プロパンガスを容器に充填したり、取り出すときに必要な装置です。
バルブは必ずプロパンガス容器に付いていて、使用期限は6年とされています。

調整器(減圧する機器)の使用期限

プロパンガス容器内にある調整器は使用期限が10年設けられています

この器具はゴムを使用しており劣化する可能性があるため、使用期限はガスを安全に使用するためにも守らなければなりません。期限はシールに記載され、側面に貼られているので確認してみましょう。

※ガス器具の接続や取り外しは有資格者でなければできません。危険なので、くれぐれも自分で取り外ししないようにしましょうね。

安全弁は破裂を防止する

プロパンガスには、容器本体の破裂を防いでくれる安全弁が付いていて、一般的にはバルブと一体化しています。
夏場など外気温が高いときに、容器内の圧力が上昇することで安全弁が作動して、内部の圧力を下げるため気体化したプロパンガスを放出します。

夏場でなくても、南向きなどに置くと日差しが常に当たり安全弁が作動することもあります。
安全弁を作動させないためには、プロパンガス容器は直射日光を避けて置くことが望ましいと言えるでしょう。

充填にかかる点検料金は?

財布と電卓を持つ女性

充填を依頼する場合は料金が発生します。容器の大きさで細かく料金が分類されている場合と、容器の大きさに関係なく一律という取扱店があります。

プロパンガスも自由化されガス料金はバラバラですが、充填に関する料金にも規制がないため、各店舗によって料金が違います。

できるだけ点検料金の安い会社にお願いしたいですね。サイトの無料見積もりなどを利用すると、いろんな会社を比較することができるので便利だと思います。
→良いプロパンガス会社を選ぶ方法とは?

充填料金の一例

充填期限については、高圧ガス取締法という法律に基づき期限は一律ですが、充填料金は下記のように容器の大きさで分類されている場合があります。

2㎏容器の充填 1,600円(税抜)
5㎏容器の充填 2,500円(税抜)
8㎏容器の充填 3,200円(税抜)
10㎏容器の充填 4,000円(税抜)
20㎏容器の充填 8,000円(税抜)

充填料金のほかに配送料金が別途かかります。
取扱店の料金体系を把握し、条件の良い取扱店舗に依頼されるのが最も良い方法です。

充填をお願いする場合、取扱店に持ち込んでもいいの?

プロパンガスの充填をお願いするなど自分で移動したい場合は、10㎏以内のプロパンガス容器であれば規制がないため、自分で取扱店まで運ぶことができます。許可や申請をしなくても大丈夫です。ただし、20㎏以上の大型のプロパンガスボンベについては、規制があるため自分で運ぶことはできません

なお、一般自動車で移動できるプロパンガスボンベは8kg容器2本までです。
一般自動車で運ぶ際の注意点は次の通りですが、爆発する危険性もあるので移動するときは慎重におこないましょう。

一般自動車で車移動する際の注意点
車で運ぶ場合転倒しないように縦積みしてしっかりと固定する
事故を防ぐため車内での喫煙は厳禁
40℃以下に車内温度を保つ
固定プロテクターやキャップを装着した状態で移動する
調整器はプロパンガスボンベから外した状態で積載します

これらのことを守り、取扱店に持ち込むようにしましょう。もし少しでも難しいと感じる場合には、取扱店に引き取りを依頼しましょう。

プロパンガスは20kgのボンベが一般家庭では主流です。20kgのプロパンガス容器は充填した状態で40㎏の重さで、持ち運びにも規制があります。

充填や点検を依頼する場合はお近くのガス取扱店舗に依頼し、安全にガスを毎日使えるよにするのが良いでしょう。

プロパンガスの充填には厳しい規則があります。また、充填期限が過ぎた場合の点検以外にも、ガス漏れやガスメーター点検の定期供給設備点検など、さまざまな点検があります。

これらの点検をきちんとおこない、安心してプロパンガスが使用できるようにする必要があります。くれぐれも古いプロパンガスボンベや充填期限の過ぎているものは、そのまま使用しないようにしましょう

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
プロパンガス会社を変更してガス代を約30%節約しよう!
ガス自由化スタート
セット割・特徴からプランを探す
電力業界(電気工事士・電気主任技術者)の転職求人ネットワーク
家庭・家計の節約術の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
あなたのおうちにぴったりの電力・ガス会社は?