電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

家庭・家計の節約術

自動車保険の一括見積もりに隠れる落とし穴! 回避するには

自動車保険

インターネットの自動車保険の一括見積もりサービスは、複数の保険会社にまとめて見積もり依頼ができる大変便利なサービスです。

多数の自動車保険をまとめて比較できることから、安い保険プランを簡単に見つけることができるうえに、いくつかの一括積もりサービスサイトでは見積もりをしただけでオトクな商品やポイントがもらえるキャンペーンが大評判!

その一方で、後からしつこい勧誘や大量のメール配信などに悩まされるのでは、という不安の声もあります。住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報を入力することに抵抗があり、利用をためらってしまう人も少なくありません。

今回は、自動車保険の一括見積もりを利用したときのデメリットや、その落とし穴を回避し、安全に利用する方法を解説していきます。

一括見積もりのデメリットは「しつこい勧誘」

電話勧誘

例えば、引っ越しの一括見積もりなどは、見積もりを取った途端に勧誘電話が何件もかかってきた、という話をよく聞きます。実際に体験した方も多いのではないでしょうか。

パソコンやスマホから簡単に一括査定や見積もりが取れるのは便利なシステムですが、個人情報を入力する必要があるため、電話やメールなどでしつこい勧誘を受ける可能性があります。

これは、自動車保険の一括見積もりサービスも例外ではありません。

電話での勧誘

自動車保険の一括見積もりサービスでは、「電話勧誘一切なし」を謳っているサイトが多く、勧誘の電話がかかってくることはほとんどありません。

ごく稀に1社〜2社から勧誘電話がかかってくる場合もあるそうですが、「契約する保険会社は決まっている」と伝え、すぐに電話を切ってしまえば、その後電話がかかってくることはありません。この際、相手のセールストークは一切聞かないことが大切です。

勧誘電話がかかってきたとしても、1社や2社程度であれば、そこまで面倒ではありませんね。

メールでの勧誘

自動車保険の一括見積もりサービスを利用すると、見積もり結果の返信メールの他に、一括見積もりサイトや各保険会社から大量のメールマガジン(メルマガ)とサービス案内メールが送られてくるようになります。

この勧誘メールこそ、自動車保険の一括見積もりサービス最大のデメリットです。

一括見積もりサイトや各保険会社のメルマガは、多いものでは1日1通ペースで配信され、中には自動車保険に関係ない内容のものまで送られてくることもあります。
1社や2社の定期配信ならそうわずらわしくはありませんが、10社・20社となると、メルマガだけでもかなりの量になり、削除するのも面倒ですよね。

保険の納期日近くは特に注意!

勧誘メールは、大量のメルマガ配信だけではありません。

複数の保険会社の見積もりを比較・検討するには多少なり時間が必要なので、保険会社を即決定・即契約する人はあまりいませんよね。

特に保険の乗り換えの場合は、等級の引継ぎなどの関係上、期間に余裕を持って一括見積もりを行い、前契約の満期日近くになってから新しい保険会社との契約手続きをすることがほとんどです。

そのような理由から、前契約の満期日が近づくと、各保険会社からの商品案内や見積もり案内の勧誘メールはどんどん増えていき、気がつけばメールボックスが保険会社のメールだけで一杯になってしまうこともあるのです。

メール配信停止・迷惑メールを防ぐ方法

迷惑メールに困る女性

メールボックスに溜まる煩わしいメルマガやサービス案内メールは、下記の2つの対処方法で回避できます。

メルマガ配信設定を解除しておく

メルマガ配信は、メルマガに添付されたURL、または一括見積もりサイトから配信解除することが可能です。

メルマガから解除する方法

送られてきたメルマガの最上部、または最下部をチェックしてみると、「メルマガ配信解除」といった案内とともに、URLが添付されている場合があります。
このような場合は、URL先で配信解除の手続きができます。

設定が反映されるまで時間がかかることもあるので、初めて送られてきたメルマガは中身をチェックし、早めに配信解除を行いましょう。

一括見積もりサイトから解除する方法

一括見積もりサイトから送られてくるメルマガに関しては、見積もりサイトのログインページから配信解除できる場合もあります。

例)保険の窓口インズウェブの場合
「お問い合わせ」→「登録情報の修正・削除」からログイン→「メルマガ配信停止」

フリーメールの「捨てアドレス」を利用する

メルマガの配信は設定ひとつで停止できますが、商品案内や見積もり案内のメールをこちらから止めることはできません。
特定のメールアドレスを自動的に振り分けてくれる「フォルダ分け設定」や、「迷惑メール設定」を利用するのもいいですが、最初の設定が少々面倒なのが難点です。

また、メインのメールアドレスに未読メールが大量に溜まることにストレスを感じる人にとっては、良い解決方法とはいえません。

一括見積もりサービスを利用する際は、Gmailなどのフリーメールを使った「捨てアドレス」または「サブアドレス」を登録しましょう。
あらかじめメールアドレスを取得しておくだけでいいので簡単ですし、普段使っているメインのメールボックスに余計なメールが溜まらずに済みますよ。

自動車保険は比較で安くなる!

キャンペーンに釣られるのは危ない

図書カード

自動車保険の一括見積もりサービスでは、見積もりを依頼したり、保険に加入することでプレゼントや特典がもらえるキャンペーンを実施している場合があります。
図書券やマックカード、ショッピングサイトのポイントなど、その内容はさまざまですが、キャンペーン目当てに見積もりサイトを利用するのは控えましょう。

各自動車保険一括見積もりサービスの利用規約を読んでみると、利用者から得た個人情報は、見積もりサービスに関連することに使用されるだけでなく、サービス案内やキャンペーン紹介に利用することがはっきりと明記されています。それは個人情報を提供された保険会社も同じです。

見積もりサイトや保険会社も、無料で見積もりサービスを提供するだけでは商売になりませんから、商品やサービスアピールに利用されるのはある程度、仕方のないことです。

とはいえ、魅力的なキャンペーンをやっているからといって、何件もの自動車保険一括見積もりサービスに登録するのは、個人情報をばら撒いてしまうのと同じことです。

大量の勧誘メールに悩まされることになりますし、保険加入の意志のない見積もり依頼は、利用規約に反する場合があります。

自動車保険の一括見積もりサービスの利便性

「仕事や家事で忙しく、自動車保険の見直す時間がない」
「保険料の相場や見直し方がよくわからない」
そんな人にとって、自動車保険の見直しは手間のかかる作業ですよね。

メルマガや勧誘メールのデメリットはありますが、自動車保険の一括見積もりが便利なサービスであることに変わりはありません。

  • たった3〜5分! 1回の入力で複数の保険会社にまとめて見積もり依頼ができる
  • 希望の補償内容を入力でき、自分に必要な補償・特約付帯の保険をチェックできる
  • 見積もり結果がとにかく早い! 最短で当日に届くところも
  • 複数社の見積もり金額を比較・検討できるので、一番安い保険料がすぐに見つかる

納得のいく条件で、できるだけ安い自動車保険を選びたければ、やはり自動車保険の一括見積もりサービスが一番効率的な方法でしょう。

自動車保険の一括見積もりを安全に取ろう!

住所・電話番号・メールアドレスなど、大切な個人情報を入力する必要がある一括見積もりサービスには、勧誘電話の可能性や大量のメール配信など、いくつかのデメリットがあります。

しかし、時間と労力を費やさずに、効率良く自分にとって最適な自動車保険会社を見つけられるのは、やはり大きな魅力ですよね。

自動車保険の一括見積もりを安全に利用するための注意点をまとめました。

  • 「電話勧誘一切なし」の見積もりサービスを利用する
  • 万が一勧誘電話が来た場合は「契約する保険会社は決まっている」とはっきり言い、すぐに電話を切る
  • メルマガの配信設定を解除しておく
  • メールアドレスは「捨てアドレス」を登録する
  • キャンペーンに釣られて必要ないときまで見積もりサービスを利用しない

デメリットさえ回避できれば、自動車保険の一括見積もりサービスは大変便利なものです。

上記のことに気をつけて上手に利用すれば、同じ補償内容で、今の保険料よりも安い自動車保険が簡単に見つかるかもしれませんよ。

電力会社は選ぶ時代へ!
プロパンガスを30%節約
ガス自由化スタート
電気料金セット割特徴からプランを探す
「電力業界」に特化した転職サポートサービス
家庭・家計の節約術の新着記事
電力自由化の新着記事
電力会社は選ぶ時代へ!
あなたのおうちにぴったりの電力・ガス会社は?