電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

オール電化の電気代はいくら?

エコ住宅

オール電化住宅の電気代を計算してみよう

オール電化世帯の電気代は、オール電化世帯の平均電力使用量に、電力量料金をかけることで算出できます。

平成23年度の資源エネルギー庁の調査によると、オール電化世帯の年間電力使用量の平均は以下のようになっています。

  • 戸建て住宅…43,473MJ/年
  • 集合住宅…28,249MJ/年

MJは熱量の単位ですので、これをkWhに直すと、1MJ=0.2778kWhなので、

  • 戸建て住宅…12,076.8kWh/年
  • 集合住宅…7,847.6kWh/年

と表されます。
電力量料金は、仮に東京電力の従量電灯Bプランの第二段階料金を当てはめると、26.00円/kWhですので、オール電化のご家庭の年間電気代平均は、

  • 戸建て住宅…12,076.8kWh×26.00円/kWh =313,996.8円/年
  • 集合住宅…7,847.6kWh×26.00円/kWh =204,037.6円/年

月当たりに直すと、

  • 戸建て住宅…313,996.8円÷12=約26,200円
  • 集合住宅…204,037.6円÷12=約17,000円

となります。

オール電化じゃない家庭と比べて安いの?

“心配する女性”

ここで疑問に思うのは、一般的な家庭でオール電化にすると、オール電化ではない家庭に比べて安いのか、という点ですよね。

総務省の統計局のデータから計算すると、2015年の2人以上の世帯での電気代、ガス代、灯油代などの光熱費合計額は、平均で約18,000円です。

この結果からすると、集合住宅ではオール電化の方が安いけれど、戸建て住宅ではオール電化の方が高い傾向にあるということですね。

しかし、先ほど計算したオール電化住宅の電気代は、あくまで東京電力の標準的な電力量料金を適用した金額ですので、実際にはオール電化向けプランは深夜の電気代がとてもお得なプランが多く、かつエコキュートなどの電力を大きく消費する家電が深夜に稼働することを加味すると、工夫次第で安くなる可能性が高いとも言えます。

オール電化の電気代を抑えるポイント!

オール電化はエネルギーが集約できているので、家計管理もやりやすく便利ですが、使い方次第では電気代が高くなるというデメリットもあります。

ここでは、オール電化の電気代を押さえるポイントを、2つご紹介いたしますね。

1.電気料金が安くなる「早朝」や「深夜」を利用する

“東京都市風景”

オール電化向けの電気料金プランの大きな特徴の一つに、「深夜や早朝の電気料金が安い」ことが挙げられます。

その安さは、昼間の高額な電気料金の約3分の1と、破格と言ってもいいほどです。
オール電化で電気料金を安くしたい時、まずテコ入れしたいのが給湯器です。

オール電化なのに、エコキュートなどの深夜に稼働してお湯をためておくタイプの給湯器を導入していないご家庭は、給湯だけでとても高額な電気料金になってしまいますので、切り替えを検討しましょう。

オール電化の電気代を安くするためには、この深夜・早朝のお得な時間帯の利用が必須になりますので、この時間帯の電気を上手に使えるように生活を組み立てることが節約のコツです。

2.夜間にずらせる家電は「タイマー」で使おう

“洗濯機”

もう一つのポイントとしてお伝えしておきたいのが、食器洗浄乾燥機や洗濯機、炊飯器など、必ず昼間に動かさなくても良い家電については、深夜もしくは早朝に動かすようにタイマー機能を使い、電気料金が安くなるように工夫しましょう。

毎日行う洗濯や食器洗浄などは、安い時間帯に変えるだけで昼間の高い時間帯よりも電気料金が大幅に抑えられますので、おすすめです。

オール電化でエネルギーを「かしこく」使おう

“家の模型と手”

オール電化は「電気」をエネルギー源としてご家庭の様々な仕事をするシステムですが、ご家庭によってエネルギーの利用方法の「ベスト」な形が異なります。
⇒電力自由化でオール電化住宅の電気料金はどうなる?

例えば、昼間は誰も家にいない、帰ってくるのは夜で家電をたくさん使うのは夜、というご家庭では、深夜の時間帯の電気料金が安くなるオール電化はとても魅力的です。

逆に、昼間は家に家族がたくさんいる環境で、料理もじゃんじゃん作る、夜は電気をほとんど使わないという環境では、オール電化は割高になってしまい、ガスと電気の併用が良いということになります。

このように、エネルギーのベストな利用方法は、ご家庭の環境やエネルギーをいつ消費するか、という要素によって全く異なりますので、エネルギーの使い方をよくしたいと感じている方は、安直に「これが良さそうだから、みんなやっているからコレ」と選ぶのではなく、エネルギーを見つめ直し、きちんとご家庭の状況に合わせた「ベスト」な方法を選択していってくださいね。

オール電化は電気の安さで決まる!最もお得な電気料金プランは?

電気もガスも値上がりを続ける中ですが、結局どちらがお得なの?と言われれば…エネルギーの単価が安いほうが有利です!

もしもあなたがオール電化にした場合、電気料金プランはどこの会社で契約しますか?一部新電力からも登場してきたオール電化向け電気料金プランをオール電化導入前に比較して、光熱費の節約効果を確かめてみましょう!

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!