電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

家庭・家計の節約術

コーヒー代を節約するならインスタントとドリップどっちが安い?意外な結果

コーヒー代を節約するならインスタントとドリップどっちが安い?

外でついつい買ってしまうコーヒーを節約しましょう!仕事中や外出中、カフェや自動販売機で気軽に買うよりも家から持参したほうが断然安いですからね。インスタントとドリップコーヒー、ドリップバッグなどの1杯あたりの価格を比較してみました!

インスタントVSカフェ 金額の差はやはり明確

カフェよりもインスタントが断然安い!
ネスカフェゴールドブレンドで作ったインスタントコーヒーは、一杯10円~15円。一方スターバックスのコーヒーは、安いもので300円ほど。平日に毎日1杯ずつ飲むとして比較すると1週間あたりインスタントで75円、スタバで1500円と出費額に20倍もの差が開きます。

缶コーヒーにしても一本110円以上はするので、インスタントに置き換えるだけでコーヒー代は約10分の1になるという計算です。これは実践する価値がありますね!では、インスタントコーヒーを持参するにはどうしたら良いでしょう。ホットならそのままタンブラーに入れれば良いのですが、アイスコーヒーが鬼門であるように感じます。

氷で薄まったコーヒーなど飲みたくない!
淹れたてを保温容器に入れればいいホットコーヒーとは違い、アイスコーヒーは冷やす手間と時間が必要です。つまり、朝に思い立って「今日はアイスコーヒーを持って行こう♪」というのは非常に難しいのが現実。

普通に飲むなら氷を入れれば済む話ですが、時間が経てば氷はどんどん溶け出して薄味に…。氷で薄まる味を予想して予め濃く入れておく?いいえ、前もって作って冷やしておくのが一番です!

地味に負担が大きい缶コーヒー代を節約できる価値がある
少々面倒に思えますが、外で買えば小さな缶コーヒーでも110円以上。家で作ったものを持って出れば1杯15円。ひと手間かかるとは言え、この方が随分節約できます。アイスでもホットでも、家で作ったほうが安く済むこと間違いなしという結果になります!

ドリップコーヒーは高級感があるから高いという誤解

それではコーヒーの味にこだわる人のドリップコーヒーについて節約効果を検証していきましょう。インスタントコーヒーよりもドリップコーヒーの方が断然高いと思い込んでいませんか?実はそうでもありません。

ドリップは豆と紙フィルタを別に購入するので高くなるイメージが強いですが、秘密の裏ワザ「2度使い」を行えば逆に安くなるのです!

コーヒー豆+紙フィルターはおいしいけど高くない♪
インスタントコーヒーの方が手軽ですから、時間は節約できます。ただしコーヒー豆の金額は、ドリップでいれるのとほとんど変わりません。低価格帯のものを入手し、とあるテクニックを使えばインスタントよりも安くできるのです!

レギュラーコーヒーの金額は、高級なもので1杯分は20円、安価なものだと7.3円からあります。紙フィルターは1枚3.5円。つまり、高級豆のコーヒーは1杯の金額は23.5円で、安売りコーヒーは10.8円ですね。

紙フィルターは意外と丈夫。そこで…?
そこで一工夫をするなら、1枚の紙フィルターで2回コーヒーを入れましょう!中の豆は一度きりの使い捨てですが、フィルターはキレイに乾燥させれば2回くらいなら使えちゃうのです。

このテクニックを用いればドリップコーヒー1杯のコストは9.1円になります。インスタントなら10円~15円ほどなので、ドリップコーヒーのほうが安くなることが分かりますね。

粉とフィルターがセットになったドリップバッグのお得度は?

レギュラーコーヒーと紙フィルターを別々に準備するのが面倒なら、フィルターに一杯分ずつ粉がセットされた「ドリップバッグ」タイプがおススメ。これならマグカップやタンブラーにセットしてお湯を注ぐだけ。手間はほとんどかかりません。

一杯分は、まとめて買えば18円ほど。時々セールで一杯15円のものも登場します。手間がかからないぶん粉とフィルターを別に準備するドリップコーヒーよりも少々割高ですが、金額的にはインスタントコーヒーと大きな差はつきません。

コーヒーも家で作るのが断然お得!ドリップに挑戦してみよう

家で作るコーヒーの金額はホットもアイスも、インスタントでもドリップでも、一杯あたり約10円。多めに見積もっても15円程度です。外で買うコーヒーの頻度をぐっと減らして大きく節約できる、持参コーヒーに挑戦してみましょう!

コーヒーだけでなく、電力会社も飲み比べる時代に……?

コーヒー1つにしても、自分で用意することで節約することができます。減らせる金額はわずかですが、それでも節約しようと様々な事柄に興味を向けることが大切です。

例えば今話題の電力自由化。電力会社をお得な新電力会社に変更することで、コーヒー代を節約するよりも圧倒的にお得に、簡単に節約できます。コーヒーを飲み比べるかのように、電力会社も比較してみてはいかがでしょうか?

電力会社は選ぶ時代へ!
プロパンガスを30%節約
ガス自由化スタート
電気料金セット割特徴からプランを探す
「電力業界」に特化した転職サポートサービス
家庭・家計の節約術の新着記事
電力自由化の新着記事
電力会社は選ぶ時代へ!
あなたのおうちにぴったりの電力・ガス会社は?