電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電気代・節約 省エネ術

600Wの電化製品の電気代はいくら?

600Wの電化製品

600Wの電化製品って、どれぐらいの電気代がかかるのでしょうか?
ワット数的には比較的大きめですから、長時間使用したら電気代もそれなりに高くなりそうな感じがありますね。
そこで今回は、「600Wの電化製品を使用した場合の電気代」について解説していきたいと思います。

家電製品の電気代は計算式を覚えてしまえば、簡単に出せますのでこの機会に覚えておくと良いですね。

主な600Wの電化製品は?

600ワットの電化製品って、普段から使用しているものはもちろん季節ごとに活躍するものもあります。
例えば、「電子レンジ」も600Wの電化製品です。
簡単操作で食品をサッと暖められるのでとっても便利な家電です。
⇒電子レンジの電気代は600Wと1000Wでどれだけ違う?

なかには、電子レンジでもワット数を調節できるものもありますから一概に600Wとは限りませんが、平均値としては600W前後のものが多いです。
他には、「ヒーター」や「ストーブ」、「こたつ」など冬に活躍する家電製品が600Wです。
これらの家電製品を始め、冬は暖房器具を長時間使用することが多いですから電気代も自然と高くなりがちです。

また、「掃除機」や「PC」にも600Wのものはいくつかあります。
基本的にパソコンのワット数は100W前後のものが多いですが、モデルやスペックによっては600W近くまでいくものもあるんですよ。

では、これら600Wの家電製品を実際に使用した場合、電気代はいくらになるのでしょうか?
計算式に当てはめて電気料金を求めてみましょう。

⇒デスクトップパソコンとノートパソコンの電気代を比較してみた!

600Wの電化製品の時間別の電気代!

では、実際に600Wの電化製品の電気代を計算していきましょう。
電気代の計算式は、「ワット数×使用時間×1kWhあたりの電気代単価」で求めることができます。
電気代を求める際のワット数は「キロワット数に変換しなければいけません」ので、「W÷1000」で算出します。

つまり「ワット÷1000×使用時間1kWhあたりの電気代単価」という事になります。
1kWhあたりの電気代単価は電力会社によって異なりますが、今回は一般家庭で多く利用されている「27円」で計算したいと思います。

1時間ほど600Wの電化製品を使った場合の電気代!

まずは、1時間使用した場合の電気代です。
「600W÷1000×1時間×27円=16.2円」となります。
1時間で16円程度を高いと見るか低いと見るかは人それぞれかと思いますが、思っていたほどではないのでしょうか。

24時間使用した際の600Wの電化料金!

では、24時間つまり1日中つけっぱなしにしていた場合の電気料金はどうでしょうか?
「600W÷1000×24時間×27円=388円」となります。
さすがに24時間使い続けると電気代もそれなりにかかってきます。

⇒一日中テレビをつけっぱなしにすると電気料金はどのくらい?

1ヶ月間使い続けた場合の電気代は?

次に、1日4時間を1ヶ月使い続けた場合の電気料金です。
「600W÷1000×4時間×30日×27円=1944円」となります。

1年間使い続けた場合はこれだけ電気代がかかる!

最後に1日4時間を1年間使い続けた場合の電気代を見てみましょう。
「600W÷1000×4時間×365日×27円=「23652円」となります。

年間で見ると結構な額になりますね。
ただ、「こたつやヒーター」など「冬にしか使わない電化製品」もありますし、電子レンジも毎日4時間も使うことなんてありませんが、あくまでも分かりやすいように時間帯別で計算してみました。
電子レンジですと使用時間は1日5分~10分前後でしょうか?

であれば、「600W÷1000×5÷60×27円=1.35円」となります。
これを1ヶ月使用した場合ですと「40.5円」、1年間で「486円」となります。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!