電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

家庭・家計の節約術

600Wの電化製品の電気代はいくら?

600Wの電化製品

600Wの電化製品って、どれぐらいの電気代がかかるのでしょうか?
ワット数的には比較的大きめですから、長時間使用したら電気代もそれなりに高くなりそうな感じがありますね。
そこで今回は、「600Wの電化製品を使用した場合の電気代」について解説していきたいと思います。

家電製品の電気代は計算式を覚えてしまえば、簡単に出せますのでこの機会に覚えておくと良いですね。

主な600Wの電化製品は?

600ワットの電化製品って、普段から使用しているものはもちろん季節ごとに活躍するものもあります。
例えば、「電子レンジ」も600Wの電化製品です。
簡単操作で食品をサッと暖められるのでとっても便利な家電です。
⇒電子レンジの電気代は600Wと1000Wでどれだけ違う?

なかには、電子レンジでもワット数を調節できるものもありますから一概に600Wとは限りませんが、平均値としては600W前後のものが多いです。
他には、「ヒーター」や「ストーブ」、「こたつ」など冬に活躍する家電製品が600Wです。
これらの家電製品を始め、冬は暖房器具を長時間使用することが多いですから電気代も自然と高くなりがちです。

また、「掃除機」や「PC」にも600Wのものはいくつかあります。
基本的にパソコンのワット数は100W前後のものが多いですが、モデルやスペックによっては600W近くまでいくものもあるんですよ。

では、これら600Wの家電製品を実際に使用した場合、電気代はいくらになるのでしょうか?
計算式に当てはめて電気料金を求めてみましょう。

⇒デスクトップパソコンとノートパソコンの電気代を比較してみた!

600Wの電化製品の時間別の電気代!

では、実際に600Wの電化製品の電気代を計算していきましょう。
電気代の計算式は、「ワット数×使用時間×1kWhあたりの電気代単価」で求めることができます。
電気代を求める際のワット数は「キロワット数に変換しなければいけません」ので、「W÷1000」で算出します。

つまり「ワット÷1000×使用時間1kWhあたりの電気代単価」という事になります。
1kWhあたりの電気代単価は電力会社によって異なりますが、今回は一般家庭で多く利用されている「27円」で計算したいと思います。

1時間ほど600Wの電化製品を使った場合の電気代!

まずは、1時間使用した場合の電気代です。
「600W÷1000×1時間×27円=16.2円」となります。
1時間で16円程度を高いと見るか低いと見るかは人それぞれかと思いますが、思っていたほどではないのでしょうか。

24時間使用した際の600Wの電化料金!

では、24時間つまり1日中つけっぱなしにしていた場合の電気料金はどうでしょうか?
「600W÷1000×24時間×27円=388円」となります。
さすがに24時間使い続けると電気代もそれなりにかかってきます。

⇒一日中テレビをつけっぱなしにすると電気料金はどのくらい?

1ヶ月間使い続けた場合の電気代は?

次に、1日4時間を1ヶ月使い続けた場合の電気料金です。
「600W÷1000×4時間×30日×27円=1944円」となります。

1年間使い続けた場合はこれだけ電気代がかかる!

最後に1日4時間を1年間使い続けた場合の電気代を見てみましょう。
「600W÷1000×4時間×365日×27円=「23652円」となります。

年間で見ると結構な額になりますね。
ただ、「こたつやヒーター」など「冬にしか使わない電化製品」もありますし、電子レンジも毎日4時間も使うことなんてありませんが、あくまでも分かりやすいように時間帯別で計算してみました。
電子レンジですと使用時間は1日5分~10分前後でしょうか?

であれば、「600W÷1000×5÷60×27円=1.35円」となります。
これを1ヶ月使用した場合ですと「40.5円」、1年間で「486円」となります。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
プロパンガス会社を変更してガス代を約30%節約しよう!
ガス自由化スタート
セット割・特徴からプランを探す
電力業界(電気工事士・電気主任技術者)の転職求人ネットワーク
家庭・家計の節約術の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
あなたのおうちにぴったりの電力・ガス会社は?