電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

電気代の支払期限が過ぎちゃった!あなたが取るべき行動まとめ

電気代支払い期限切れ

うっかりして電気代の支払期限を過ぎてしまった!そのとき、あなたが取るべき行動を状況別にまとめて紹介します!

支払期限が切れている請求書発見!今の状況をよく確認しよう

検針票の支払期限が過ぎていたときは焦らず迅速に、行動を起こしましょう。真っ先に確認するべきところは、早収期限日と最終期限日です。実は電気代の支払い期限日は3段階に分かれているので、今はどの段階にあたるのかというのがポイントですね。ここでは東京電力の例を挙げて3段階のそれぞれの対応を紹介します。

電気代支払い期限表

早収期限日〜10日以内の場合

電気代の1回目の支払期限である早収期限日から数日以内ならば、期限切れの振込用紙がそのまま使える可能性がありますのでとにかく試してみましょう。支払期限から10日以内であれば、遅収でありながらも延滞金はかかりません。振込用紙が使えなかった場合は電話窓口に相談するか、支払い窓口に行きましょう。

早収期限日から10日〜最終期限日の場合

手元にある期限切れの振込用紙が使えなかった場合、督促ハガキが来ていないか確認しましょう。見つからなければ電話相談か、支払い窓口に向かいます。この時点なら延滞金が発生しており、早収支払期限から10日後から1日0.03%、年利にして10%の金額を上乗せして支払う必要があります。

最終期限日を過ぎている場合

督促ハガキや送電停止の通知が見当たらない場合は、すぐに電話相談か支払い窓口に行きましょう。電気が止められるまでの猶予期間はほぼ全ての電力会社で明確ではありません。滞納状況や、相談によって変化させているのかもしれませんね。
とにかく、東電なら電気を止める5日前に送電停止予告書が届きます。この予告書には振込用紙が同封されているので、コンビニや銀行等で支払いが可能です。もちろん、延滞金が発生しているので注意しましょう。

電気代の延滞に関する対応は電力会社によって異なる

上で述べた延滞への対応は東京電力のケースであり、他の電力会社の対応とは異なる場合があります。特に差が大きいのは延滞金発生日と電気を止められる送電停止日、送電停止日の延長相談に応じてもらえる否かです。なお、延滞金の利息率は全ての電力会社が1日につき0.03%で差はありません。
⇒各電力会社の電気料金確認方法はこちら

電気代の遅延金課金が始まる時期もまちまち

東京電力のケースでは、早収期限日を過ぎても10日間は延滞金が発生しないと言いました。ただし、早収期限日から10日間は延滞金が発生しないのは東京電力東北電力関西電力の3社のみとなり、ほとんどの電力会社は支払期限を過ぎたらすぐに延滞金が発生するので注意してください。

口座振替の54円割引は延滞したら適応されない

毎月コンビニや銀行で支払うよりも、口座振替にするとひと月54円(税込)割引になるサービスがある分お得です。支払い忘れのリスクを防ぐこともできますが、口座の残高が足りなければ大変です!そうとはいっても、翌月に2月分の金額がまとめて引き落とされるので支払いができない事はありません。翌月も残高不足だった場合は別途振込用紙が届くので、なんらかの理由で口座が使えなくなっても大丈夫です。

電気を止められるまでの期間には大きな差がある

東京電力の場合、電気を止められる日の目安は支払いを滞納した月の検針日翌日から60日が過ぎた頃です。検診日から送電停止日までの期間が最も短いのは北海道電力・東北電力の約50日以降で、最も期間が長いのは中国電力九州電力の約70日後です。
この日数はあくまで目安であり、実際に送電が停止される日は世帯によって違いがあるものですが、電力会社によっては大きな差があるのですね!引っ越しや乗り換えなどで電力会社を変えた時には注意する必要がありそうです。

支払期限を大幅に過ぎている…踏み倒そうかな?

電気代踏み倒し

延滞している日数によって、延滞金がかかるので、支払期限を過ぎている場合は当然当時よりも多くの電気料金を支払わなければなりません。
そんな請求書を見た時、あなたは「踏み倒し」の4文字が頭に浮かんだのではないですか?
下記の記事で詳しく解説していますが、結論は無理です。
⇒誰も教えてくれない「電気料金の踏み倒しはできるの?」
引っ越しも含めた、いろんな踏み倒しの手段はあるそうですが、電力会社はそういった人達を逃しません。
ですので、一刻も早く電気料金を支払う動きを取ったほうが賢いと言えます。

もう電気代の支払期限を気にするのはやめましょう!

支払い期限を気にされているのは、そもそも電気代が高いからではないですか?
月に数千円電気代が安くなったり、「セット割」によって携帯電話料金が安くなる事で電気代の支払期限を気にしなくても良くなるかもしれません!
タイナビスイッチでは、あなたの電気使用量に合わせた電気プランを診断出来るシュミレーションツールを持っています。
無料ですので、是非一度利用してみてください。
必ず新しい発見がありますよ!

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!