電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電気代・節約 省エネ術

ガスコンロのガス代とIHクッキングヒーターの電気代を比較!

キッチンの女性

ここ数年は、一般的なガスコンロを採用されるお宅とIHクッキングヒーターを採用されるお宅が、ほぼ二分されるようになりました。
今ガスコンロを使われている方でも、1度はIHクッキングヒーターってどうなんだろうと思った事がある方も多くいらっしゃると思います。
IHクッキングヒーターには、様々な魅力を感じます。
しかし、ガスコンロにはガスコンロの良さがあります。
そこで気になるのが、ガスコンロとIHクッキングヒーターの光熱費の差ではないでしょうか。
実際問題、ガスコンロのガス代とIHクッキングヒーターの電気代とは、どちらがお安いのでしょうか?
ガスコンロとIHクッキングヒーターの違いやポイントなど、様々な角度からくらべてみました。

ガスコンロのガス代とIHクッキングヒーターの電気代の差

電気代の差

一般的なガスコンロのガス代と一般的なIHクッキングヒーターの電気代は、一般的にこのような代金となります。
30分の使用で、計算をしてみました。(1kWh当たり20円の計算)

30分使用した場合の電気代
IHクッキングヒーター 約28円
都市ガス 約10円
プロパンガス 約37円

よって、都市ガスが1番安く、次がIHクッキングヒーター、プロパンガスは1番高い光熱費となります。
都市ガスが通っている場合は、ガスコンロを使った方が光熱費がお安くなります。
しかし、都市ガスが通っていない場所では契約が出来ませんので、都市ガスが通っていない地域はIHクッキングヒーターを採用すると光熱費をお安くさせる事が出来るという事となります。

IHクッキングヒーターでお料理をする際に光熱費を安くするポイント

料理

都市ガスより光熱費が高いIHクッキングヒーターですが、IHクッキングヒーターでよりお安くお料理を行う為のポイントを、まとめてみました。

電力自由化でお安い新電力業者に変える

1番は、電力自由化における新電力業者の中でお安い業者に変える事です。
今まで使っていた各地方の電力会社の電気料金は、新電力と比べるとお高いです。
IHクッキングヒーターの電気代を少しでもお安く納める為には、新電力の業者の変更をするとお安い電気代とする事が出来ます。
お近くで行っている新電力の業者で、ご自分がご利用している企業で行っている新電力の業者を選ぶと、様々なメリットにより高いお得を得る事が出来ますよ。


⇒タイナビスイッチで簡単診断はこちら

IHクッキングヒーターを多く使う時間帯を意識して使う

例えば、煮込み料理などより長くIHクッキングヒーターで調理を行うのであれば、深夜電力を上手く活用してみましょう。
電力会社には、夜間から明け方まで電気代がお得となるプランがあります。

長時間の調理をその時間に行う事で、IHクッキングヒーターにかかる電気代を削減する事に繋げる事が出来ます。
深夜電力は半額になるプランもありますので、断然お得となります。
煮込み料理1回に付き1時間程かかると仮定すると、通常の時間帯であれば約20円の電気代がかかるところ、深夜電力時間帯に調理を行う事で半額の約10円とする事が出来ます。
1週間に2回煮込み料理を行う事で、1週間で約20円の節約になります。
1か月4週あると仮定し、約20円×4回で約80円。
約80円×12か月=960円程の年間の電気代の節約に繋げる事が出来ます。
IHクッキングヒーターは、日中にいかに使う量を減らすのかが大きなカギとなります。
夜間と早朝に使う頻度を多くする事が、1番大きな節電となり電気代を減らす事が出来ます。

パネルのヒーター部分にピッタリ接地するお鍋やフライパンを使う

IHクッキングヒーターはあくまでヒーターですので、パネルのヒーター部分への接地面積が多い程発している電力に対しての熱伝導となります。
接地面積が少ないと、接地していないパネル部分の電力が無駄に放出されてしまうので、無駄な電力放出となってしまいます。
パネルのヒーター部分にピッタリはまるお鍋やフライパンを使う事が、光熱費を抑える事に繋がります。
鍋底は丸くなく、平らな物の方が熱伝導率を高くする事が出来ます。

この3つのポイントを意識してIHクッキングヒーターを使ってみると、電気代節約に繋げる事が出来ます。
せっかくIHクッキングヒーターを使うのでしたら、万度に使って高い効果を得るべきですよね。

ガスコンロとIHクッキングヒーターに共通する光熱費の減らし方

光熱費の減らし方

ガスコンロとIHクッキングヒーター、2つの光熱費を減らすポイントには共通点もあります。
どのようなポイントで光熱費節約に繋がるのか、ピックアップしてみました。

フルパワーで短時間調理!

ガスコンロもIHクッキングヒーターも、時間を掛ければかける程光熱費がかかりますので、短時間でフルパワーで使う事で光熱費の節約となります。
そのために活用してほしい調理器具が、圧力鍋や余熱調理用のお鍋です。
このようなお鍋は、少ない光熱費で中身に上手く浸透させるパワーを持っておりますので、かなりの光熱費節約となります。

お掃除をこまめにし綺麗な状態で使う

ガスコンロもIHクッキングヒーターも、熱が出る部分が汚れていると温めが難しくなります。
ガスや電力を無駄にしない為には、こまめにお掃除をするようにしましょう。
ガスコンロは細かい部分までこまめにお掃除をするようにし、IHクッキングヒーターはパネルをこまめにお掃除するようにしましょう。

煮込み料理の際は落し蓋を使う

煮込み料理を作る時は、落し蓋を使う事で熱を逃がさずお鍋の中の熱伝導率を高くする事が出来ます。
熱伝導率を高くする事で、素早くお料理に火が通り光熱費の節約となります。
ガス会社の調査によると、落し蓋を使うだけで年間3,000円程の節約に繋げる事が出来ます。

ガスコンロだけの特徴

ガスコンロ

昔ながら皆さんになじみがあるガスコンロには、どのようなメリットがあるのでしょうか。
IHクッキングヒーターには無いメリットを、挙げてみました。

焦げ目を付けるのであればガスコンロの方が良い

餃子など焼くお料理の場合は、焼き目などの焦げ目を付ける事も大事となります。
ガスコンロの場合は、誰もが使った事があるのでおわかりと思いますが、きちんとした焦げ目を付ける事が平均的に出来ます。
しかし、IHクッキングヒーターの場合は中心が熱くなるシステムですので、真ん中しか焦げません。
中心から遠ざかれば遠ざかる程焦げ目がつかないので、餃子は中心にある物しか焦げ目を付ける事が出来ません。

お鍋やフライパンは何でも使える

直接の炎による調理ですので、どんなお鍋でもフライパンでも使う事が可能です。
IHクッキングヒーター専用のお鍋やフライパンでも、使う事が出来ます。

調理が断然美味しい

本物の炎を使ったお料理とヒーターで温めた料理では、味に大きな差が出ます。
同じ料理を作っても、ガスコンロでのお料理が断然美味しいという方が多くいらっしゃいます。
ガスコンロは直接炎が当たるので、鍋肌の温度差を少なくさせる事が出来ます。
お鍋の温度を下げにくく調理が可能ですので、炒め物も煮物も美味しく作る事が出来ます。
特にガスコンロのグリルは、お料理の素材のうま味を逃さない調理が出来るので、お魚などとても美味しく焼く事が出来ます。
IHクッキングヒーターは安全でとても便利ですが、食べ物への熱の通し方に大きな差が出てしまっているのが現状です。

ガスはIHより省エネ性が高い

IHは炎が燃焼せずにコンロの機能を発揮するので、二酸化炭素の排出が少ない傾向があります。
しかし、もっと二酸化炭素の排出量が少ないのがガスコンロです。
電気の場合、発電から送電までのエネルギーの消費ロスが非常に多く、火力発電により二酸化炭素を排出しています。
ガスの場合、ガス工場から家庭へとガスが行くレートにエネルギーロスがほぼ無いので、二酸化炭素の排出を大幅に抑えております。

IHクッキングヒーターだけの特徴

IHクッキングヒーター

安全で使いやすいと、若い方に非常に人気があるIHクッキングヒーター。
ガスコンロには無い素晴らしいメリットがたくさんありますので、ピックアップしてみました。

IHクッキングヒーターは万が一点けっぱなしでも問題ない

万が一スイッチを切り忘れて点けっぱなしの場合でも、自動OFFにより電源OFFになりますので心配要りません。
直接炎が出ているコンロではありませんので、万が一点けっぱなしになったとしても火災が起きる心配は一切ありません。
ガスコンロにも温度上昇による防止装置が付いていますが、いかんせんガスで炎が出ているので心配になってしまいます。

調理の際に熱を感じず快適なのはIHクッキングヒーター

ガスコンロの場合は、調理の際に常に火の熱さを感じてしまいます。
火が直接出ておりますので、それが直接自分に影響するので熱いなと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかしIHクッキングヒーターはヒーター自体に熱を持ちますので、調理をしても手や顔に熱さを感じる事は一切ありません。
夏の暑い日などは、IHクッキングヒーターでの調理の方が断然快適です。

IHクッキングヒーターはお掃除が楽

IHクッキングヒーターは平らですので、お掃除がとても楽です。
サッと拭くだけで、綺麗にする事が出来ます。
ガスコンロの場合は、ごとくなど凹凸がありますのでお掃除が大変です。
清潔で綺麗に使う事が出来るのは、IHクッキングヒーターです。

IHクッキングヒーターの方がお鍋やフライパンの外側が焦げ付かない

ガスコンロを使うと、ガスの火の影響によりお鍋やフライパンの外側が焦げ付いてしまう事があります。
付いてしまった焦げは、金タワシでこすったり色々手間がかかり面倒です。
IHクッキングヒーターは炎が出ませんので、お鍋やフライパンの外側が焦げ付いて汚くなることが一切ありません。
常に綺麗なお鍋やフライパンを使う事が出来ますので、見た目がお気に入りで買ったお鍋やフライパンでも外見を保つ事が出来ます。

IHクッキングヒーターは二酸化炭素を発生させないけれど電磁波を発生させる

IHクッキングヒーターは火を一切使いませんので、二酸化炭素の発生がありません。
電気を送電する際に多少の二酸化炭素を排出しますが、それでもエコな調理器具といえます。
しかし、電磁波が発生してしまうというデメリットもあります。

お料理の美味しさよりも使い勝手を重視するのであればIHクッキングヒーター

光熱費の軍配は都市ガスに挙がりましたが、深夜電力の取り入れをする事で光熱費をお安くする事が可能な事を踏まえると、IHクッキングヒーターの方がオススメです。
IHクッキングヒーター特有の使い勝手や安全性を考えると、現代にはIHクッキングヒーターの方が適していると言えます。
キッチンのリフォームを検討されているのでしたら、IHクッキングヒーターを選択の視野に入れて検討してみましょう。

IHもお得になる電気料金プランを探しましょう!

IHクッキングヒーターは消費する電力量が多く、気になるのは電気料金です。予熱調理や時短調理などでも節電は可能ですが、根本の電気を安くすればいつもの生活でもっと電気料金がお得になるのです!

それどころかエアコンも照明も洗濯機もドライヤーも…家中のあらゆる場面で使う電気がグッとお得になりますよ!

簡単操作であなたに最適なプランをお探しする、タイナビスイッチの無料シミュレーションをお試しください!

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!