電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

ガス自由化

2人以上の世帯暮らしのガス代全国平均と都道府県別ガス代平均はいくら?

頭を抱えている女性

1世帯あたりにかかるガス代の平均価格より高いのはガス会社の価格が相場よりも高いガスの使い方に何か問題があるのかもしれません。

  • 我が家だけガス代が特別高いのでは?
  • ほかの家族とガス代を比較したいと思っても方法がわからない
  • 都市ガスとLPガスの価格の違いや性質がわからない

など、このように思ったことがあるのなら、ほかの世帯のガス代と比較し、原因を探る、またはガスの知識を深めることが節約へ第一歩です。
2人暮らし以上の世帯でかかるガス代や都道府県別のガス相場価格について情報をまとめました。

ぜひ、あなたの家庭のガス代と比較し、節約を実現させましょう!

全国平均の世帯数別のガス代平均額はコレ!

株価のチャートとボールペン

2015年度の政府統計の総合窓口e-Statのデータによれば1カ月で2人暮らし以上の世帯のガス代にかかる支出は次の通りです。

勤労者とそうでないガス代平均額

平均 5,337円
勤労者世帯 5,444円
勤労者世帯以外 5,229円
無職世帯 5,079円

勤労者とそうでない場合でも平均して5,000円台前半なのがわかります。

年代別ガス代支出額

29歳まで 2,750円
30~39歳 4,720円
40~49歳 5,264円
50~59歳 5,517円
60~69歳 4,955円
70歳以上 4,785円

年齢別でみると圧倒的に20代までの若い世代はガスをあまり使わない傾向があるようです。
20代の場合、家族数2~3人の割合が多い理由が挙げられます。

また、共働きの確率も多いため自炊の回数が減る理由もあるようです。
40代から50代の場合子供が増え、同居などの理由で家族人数が多いことでガス代に反映しているようです。

世帯数別ガス代支出額

2人暮らし世帯 5,006円
3人暮らし世帯 6,064円
4人暮らし世帯 6,115円
5人暮らし世帯 6,437円
6人暮らし世帯 6,490円

年齢に関係なく人数別で見ると2人暮らし世帯は約5,000円なのに対し3人~6人のガス代支出額を見てもあまり大きな開きはありませんでした。

都道府県ごとの主要都市別 ガス代支出額

札幌市 4,755円 青森市 3,513円
盛岡市 4,860円 仙台市 6,669円
秋田市 5,273円 山形市 5,555円
福島市 4,711円 水戸市 5,235円
宇都宮市 5,375円 前橋市 4,465円
さいたま市 6,567円 千葉市 6,047円
東京都区部 7,015円 横浜市 7,101円
新潟市 7,416円 富山市 4,502円
金沢市 4,770円 福井市 3,788円
甲府市 4,642円 長野市 6,343円
岐阜市 6,259円 静岡市 7,016円
名古屋市 7,145円 津市 5,255円
大津市 5,882円 京都市 7,466円
大阪市 6,868円 神戸市 6,176円
奈良市 6,476円 和歌山市 3,852円
鳥取市 3,905円 松江市 5,027円
岡山市 5,742円 広島市 6,457円
山口市 4,723円 徳島市 4,801円
高島市 4,611円 松山市 4,964円
高知市 5,634円 福岡市 6,191円
佐賀市 4,878円 長崎市 5,828円
熊本市 5,227円 大分市 4,631円
宮崎市 3,699円 鹿児島市 5,220円
那覇市 4,589円 川崎市 7,020円
相模原市 6,770円 浜松市 4,915円
堺市 6,338円 北九州市 5,299円

都道府県により、ガス代の支出額が青森市の3,513円~京都市の7,466円と倍近くまで違います。
自分の条件とあてはめて値段が平均と違う!
思っていたよりも相場の方が高かった!
などあるでしょう。

じつは、ガス代はどんなに節約しても値段に差が出ない現状があります。
地方によって3,000円台のところもあれば7,000円台のところもあるのは地方によってガスの従量価格が違う理由と給湯器がバスルームでも使用されている確率が高いかそうでないのかなど条件が違うこともあります。

しかし最も大きな理由はプロパンガスか都市ガスかという違いです。
地方により、光熱費で電気よりもガスが燃料の給湯器を使用するパターンが多ければ当然ガス代に反映しますがオール電化住宅や灯油がメインであればガスの使用率は下がります。

地方により、相場額にバラツキがあり、ガスの価格が高ければガスの使用率に違いが出てきます。

⇒シャワーとお風呂はガス代どちらが高いの?

都道府県別ガス相場価格

調理している女性

プロパンガス料金消費者協会によれば、都道府県によってLPガスと都市ガスの基本料金と従量料金が異なることがわかります。
料金明細表と見比べて相場なのか高いのかなどチェックしてみましょう。

  関東エリアの都市ガス従量料金 基本料金:合計額 合計額
東京都 5,280円 950円 6,230円
神奈川県 5,300円 950円 6,250円
埼玉県 5,280円 950円 6,230円
千葉県 5,640円 1,065円 6,705円
茨城県 7,120円 1,085円 8,205円
栃木県 5,280円 950円 6,230円
群馬県 4,240円 840円 5,080円
月間20㎥使用時の場合(関東エリアを除く)
  都市ガス従量料金 基本料金 合計額/LPガス従量料金(平均) 基本料金 合計額
北海道 7,900円 1,421円 9,321円/14,880円 1,974円 16,854円
青森県 12,300円 1,419円 13,719円/13,920円 1,742円 15,662円
秋田県 6,580円 1,252円 7,832円/12,860円 1,739円 14,599円
岩手県 12,000円 1,041円 13,041円/13,040円 1,806円 14,846円
山形県 9,160円 820円 9,980円/13,200円 1,758円 14,958円
宮城県 7,420円 700円 8,120円/11,880円 1,673円 13,553円
福島県 8,800円 860円 9,660円/12,200円 1,706円 13,926円
新潟県 5,720円 779円 6,499円/12,200円 1,782円 13,982円
山梨県 5,840円 1,097円 6,927円/10,880円 1,680円 12,560円
長野県 5,180円 894円 6,074円/11,400円 1,703円 13,143円
静岡県 8,380円 1,281円 9,661円/11,380円 1,702円 13,082円
愛知県 6,800円 1,800円 8,600円/11,240円 1,679円 12,919円
岐阜県 6,800円 1,800円 8,600円/11,240円 1,692円 12,932円
三重県 6,800円 1,800円 8,600円/11,320円 1,723円 13,043円
福井県 10,120円 697円 10,817円/12,100円 1,670円 13,770円
京都府 6,580円 1,238円 7,818円/11,480円 1,727円 13,207円
滋賀県 6,580円 1,238円 7,818円/11,400円 1,700円 13,100円
奈良県 6,580円 1,238円 7,818円/10,300円 1,689円 11,989円

都市ガスとLPガスの熱量の差

料理

都市ガス1㎥に対し、LPガスの1㎥は都市ガスと比較して熱量に差はあるのでしょうか?
都市ガスとLPガスの熱量は全く違います。
そのため、同じ1㎥のガスでも都市ガスとLPガスのパワーに違いがあることになります。

LPガスは都市ガスよりも約2.2倍の熱量があり、都市ガス1㎥では11,000カロリーに対しLPガスの1㎥は22,000カロリーあることになります。
そのため、同じ20㎥使用したとしても同じパワーではありません。
その辺を考慮して比較しましょう。

LPガス(プロパンガス)とは

LPガスの料金は自由設定のため各ガス会社が独自に決めた料金体系です。
全国に2万社以上ものLPガス事業者が存在します。
料金が事業者により違い、安い場合とそうでない場合があります。

プロパンガスの料金は会社によってはっきり表示していない場合が多く、利用してから料金がわかるというケースが多く見受けられます。
平均して都市ガスよりも1.1倍~2.2倍高いといわれています。

⇒良いプロパンガス会社を選ぶ方法とは?

都市ガスとは

都市ガスとは公共料金にあたり、ガス導管ことをいいます。
都市ガスは、全国に200以上の都市ガス事業者があります。

契約したくても、ガス導管が地域に届いていない場合は利用できません。
LPガスより安いため、都市ガスが届く地域ならば、都市ガスを契約した方がオトクになります。

光熱費としてかかるガス代はできれば都市ガスと契約したいものです。
しかし、都市ガスのパイプラインがきていない場合はLPガスを使うことになります。

もし引っ越しなどのタイミングがあるのなら、そのエリアは都市ガスがきているのかというチェックも必要です。

⇒都市ガスの基本料金が安い理由に驚かないで下さい。

なぜLPガスと都市ガスの価格は全然違うのか?

価格に地域差があるとしても、なぜ、このようにLPガスと都市ガスは価格に差があるのでしょう。
LPガスが高いのは価格設定が自由化なのにもかかわらず、日本全国で価格競争がおこなわれていない実態があります。

価格競争にならない理由の一つに顧客を取り合わないルールのようなものが存在し、価格の低迷化を防いだ状態で現状に至る面があります。
そのため、低価格にしなくても顧客が増えるため、自然に価格上昇が続いた状態です。

2人以上の世帯暮らしのガス代の全国平均額や都道府県別のガス代平均を自分のご家庭のガス代と比較してどうでしたか?
是非、光熱費の節約に役立て、やりくり上手を目指しましょう!

ガスや電気など、光熱費削減の情報はタイナビスイッチがおすすめです。
情報タップリであなたの家計を楽にする情報が満載です。

電力会社は選ぶ時代へ!
プロパンガスを30%節約
ガス自由化スタート
電気料金セット割特徴からプランを探す
「電力業界」に特化した転職サポートサービス
家庭・家計の節約術の新着記事
電力自由化の新着記事
電力会社は選ぶ時代へ!
あなたのおうちにぴったりの電力・ガス会社は?