電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

電気料金は時間帯によってここまで変化する!!

電気料金の時間帯

電気料金を安くしたいと考えているなら、まずは「毎日の電力を使う時間帯」を把握することです。

電気料金は深夜・夜間・昼間などの時間帯で料金が分けられているプランが多く存在します。「毎日誰かが家にいる」「共働きで日中ほとんど誰もいない」など各家庭で条件はさまざまでしょう。

毎日使うからこそ電気を使う時間帯を考え、電力自由化をチャンスに電気料金をお得にしましょう!

電気料金は時間帯で安くなるの?

悩む女性

「夜間帯の電気料金が安いプランがある」といっても、どんな方でもトータルの電気料金が安くなるというわけではありません。

ほとんど夜自宅にいるというご家庭なら夜の時間帯に電気料金が安くなるプランを選択したほうが安くなるケースもありますが、うまく使い分けないと夜と昼の時間帯の電気料金が変わらないケースもあります。

夜の電気料金が安くなるプランに変更する代表的なケースは「オール電化住宅」です。

オール電化住宅や夜間家で活動する方におすすめ!

仕事の時間帯が夜になり、自宅で過ごすのが深夜になることが多い、または、オール電化住宅で夜に蓄熱するタイプのご家庭は、夜間帯の電気料金が安くなるプランがおすすめです。

電力自由化に伴い、夜間の電気料金の単価が安いプランは今後も増えてくるでしょう。オール電化の家庭以外でも「一人暮らしで夜間電力の利用が多い」「仕事で帰りが遅く日中はほとんど電気を使わない」など夜間の電力の使用量は増加しているケースが多く見受けられます。

そもそも電力使用量は日中がピークで夜から早朝に向けて少なくなります。東京電力では、全体の電力使用が一目で分かるようにホームページ内に「でんき予報」が掲載されています。

グラフを見てみると、やはり深夜の電力供給が少ないのが分かります。これは夜間の電力が余っていることを意味しています。

電力は日中の電力供給がピークになる需要量を基準に電力を生産しているため、電力の使用量が分散されるように夜間の電気料金が安いプランが増えています。電力会社によって電気料金は違ってきますが夜型の生活パターンの方やオール電化住宅の場合は料金プランの確認をおすすめします。

従量電灯と時間帯電灯の違い

従量電灯とは、東京電力や関西電力などにある契約プランで、使った電力の量に対して課金されていきます。一般家庭では100Vでパソコンや冷蔵庫、照明などの家電製品が主に使われます。

これらの使用料金が1kwhにつき契約されている料金で加算され請求されるプランになります。そのため時間帯で料金は変動しませんが時間帯電灯は電気を使った時間帯で料金が変動するプランです。

従量電灯はスタンダードなプランで普段から日中は誰かが自宅にいるタイプの方におすすめです。

従量電灯Bの基本料金と電力料金は次の通りです。

通常は従量電灯で契約されているという方が多いでしょう。主に夜に電気を使うことが多いと思った方は毎月、昼にどれだけ自宅で過ごすかということもきちんと計算しなければなりません。

各電力会社などのホームページに便利なシミュレーションがあります。電気使用量を入れると料金が自動で計算されるので、とても分かりやすい作りとなっています。ぜひ参考にしてみてください。

料金プランを選ぶポイントは「一番電気を使う時間帯」

一番電気を使う時間帯

今の生活スタイルをちょっと考えて、自宅にいる時間帯について考えることが節電につながります。なぜなら契約プランを変更する際に重要なのが電気を使う時間帯だからです。

せっかく電気料金を安くしようとプラン変更したのに電気を使う時間帯の計算を間違えると以前の方が安かったということでは残念です。東京電力では、電気料金の時間帯は大きく分けて3つに分かれます。

東京電力の電力自由化後の新電気料金プラン(2016年4月より)

一般のご家庭プランにおすすめ「スタンダードプラン」

時間帯を気にせず利用できるスタンダードなプランで、一人暮らしの方でも大家族でもおすすめできる内容です。昼や夜でも誰かが家にいるという毎日平均的に自宅で電気を使う方におすすめの電気料金プランです。

電気料金が毎月8,000~17,000円のお宅におすすめのプランといえます。スタンダードプランの場合、最初の300khまでの電力量1kwhあたりの料金は23円40銭で300kWh超過した場合は30円02銭になります。

スタンダードプランにはスタンダードS、L、Xがある

●スタンダードS:10~60までのアンペアに応じてプランが選べます
●スタンダードL:6kVA以上の契約に限られる家電製品が大目の家庭に向いてます
●スタンダードX:30分ごとに計測した使用電力量で炊飯器やエアコン、オーブンなどの電力使用量の値が高い数値を基準にし基本料金を設定します

電気の使い方を工夫すれば1年間の基本料金のベースが低くなります。しかし、たまたま家電製品をたくさん使ってしまうと、その数値が基準になるため高いプランになってしまうことも考えられます。

スタンダードプランの中で最も基本になるのがSプランかと思われます。

オール電化住宅の方などにおすすめ「スマートライフプラン」

エコキュートなど、夜間の時間帯に蓄熱式機器にお得な夜間に電気を溜めて電気料金を節約したいと考えている方におすすめです。毎月の電気料金は関係なく、オール電化住宅ならお得なプランです。

スマートライフプランは夜間1時から午前6時の時間帯が17円46銭で6時から1時までが25円33銭と夜間がお得なプランです。

毎月の電気料金は下記の計算で決まります。燃料価格によって電力料金は変動します。そのため燃料費調整額がプラスやマイナスにして計算します。

夜型の方におすすめ「夜トクプラン」。夜トクプランは2種類あります。

夜トク8

●23時~7時までが1kWhあたり20円78銭とお得です。
●昼間時間(午前7時〜午後23時)1kWhあたり32円14銭になります。

夜トク12

●21時~9時の半日に電気を多く使う場合、22円55銭とお得になります。
●昼間時間の午前9時〜21時までは1kWhあたり33円76銭です。

夜トクプランは夜勤が多いなどの日中あまり家にいない方におすすめです。パソコンやテレビを夜間良く使う、洗濯機や食器洗浄機をタイマーで夜間利用するなどの夜型タイプの方におすすめのプランです。

時間帯が2種類に分かれているため夜型の生活スタイルにあてはめやすいプランです。この時間帯によくあてはまるという方は、お得になるでしょう。しかしすべての電力を夜に使いたいところですが必ずしもそうはいきませんよね。お休みの日は昼間家にいることもあるでしょう。

もし、月に300kWh以内に抑えることができるのなら「スタンダードS」プランでのほうが有利になるためじっくり考えて契約しましょう。

この3つの時間帯が電気料金を安くする重要なポイントになります。ほかの電力会社でもこの時間帯にあてはまるケースが多いため気になる場合は比較して検討してみましょう。

迷ったら昼間の電気料金に重点を置く

昼間の電気料金

昼と夜の使用量がよく分からないのに従量電灯の契約のままのご家庭の場合、昼にどれだけ電気を使っているかを意識してみてはいかがですか?じつは従量電灯のままで、このプランしか知らなかったというご家庭がほとんどだからです。

プランを変更するだけで年間にすると1万円以上節約になるケースはたくさんあります。

だからといって「夜間に電気をよく使うし安いイメージ」と安易に考えて時間帯電灯にするのではなく、昼間の使用電力をよく考えてからにしましょう。どの電力会社でも時間帯電灯の昼間の電気料金は割高です。

もし契約を時間帯電灯に変更してから日中に多く電気を使用してしまうと高い料金で損をする場合もあります。しっかりと生活スタイルを考えてからの契約をおすすめします。

万が一電力会社を変更して月々の電気代が高くなってしまったら目も当てられません。そんな失敗を未然に防ぐには「シミュレーションしてみること」です。約1分のカンタン入力で自分の家に合う最適プランを見つけてくれるので、一度試してみることをおすすめします。

1kWhの料金だけではなく基本料金もチェック

電気料金は「基本料金+1kWhの単価×使用量」です。

電気料金が高いか安いかを見極めるには1kWhあたりの料金よりも最初に基本料金を見てみましょう。基本料金が高いといくら1kWhの料金が安くても割高になるケースがあります。
電力会社での時間帯で電気料金が変動するプランの基本料金を見てみると大体が割高になっています。

東京電力のスタンダードSプランの料金では30Aで契約していると基本料金が 842円40銭で40Aですとの1,123円20銭になります。このように契約アンペアに対して基本料金が決まります。

夜間蓄熱式タイプの電気温水器を使っているご家庭は夜間の使用料金が安いプランがおすすめですが、それ以外のご家庭は契約プランを詳しく調べて検討しなければ、お得にならない場合もあるため注意が必要です。

電気を上手に使うエコ上手になろう!

電気を上手に使うエコ上手

あなたのお家ではどの時間帯が一番電気を使っているでしょうか?特にエコキュートなどのオール電化の家庭は安い深夜の時間帯にお湯を沸かしておけば、使いたい時間帯にお風呂やキッチンで有効活用ができます。

しかし冬場など夜間に沸かした貯湯タンクのお湯が足りず、沸かし増しを日中しなければならないこともあります。その辺も考慮し、我が家の場合どのプランが適切なのかと判断しないとなりません。

電気料金が安くなるプランを検討するだけでなく、エコを心がけることも必要です。節電を意識すれば自然に節約にもつながります。それに、せっかく電気料金を安くしようと試みても無駄な電気を使っているのでは意味がありません。

各自がエコを意識することで自然に地球温暖化や電力不足を抑える取組ができるのが理想といえるでしょう。ぜひ、電気料金の見直しとセットで節電意識を高め、お得な生活スタイルを実現させてみてはいかがですか?

電力会社を変更すればエコになる?

自分がどの時間帯に電気を使うのかを見直すことは、節電をする上で非常に重要です。また電力会社をお得な新電力会社に切り替える際には、大いに役立ちます。

しかし電力自由化に参入した企業の中には、通常の電力会社よりもエコな発電をしている企業もあります。安さにばかり目を向けず、再生可能エネルギーで発電している新電力に変更してみてはいかがでしょうか?

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!