電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

新電力NEO International のプランは低圧事業所の電気をトータルコストダウン!

NEO International

電力自由化で低圧事業者にも電気代削減の大チャンス!中でも電力コストを削減する電子ブレーカー「でんすけ」を開発・販売するNEO Internationalが新電力として電力小売に参入したことに注目です。特許を取得した独自の電子ブレーカーで基本料金を削減しつつ、電気料金も安く抑えて電気代をトータルにコストカット?!そのNEO Internationalが提供する電気料金プランをチェックしていきましょう!

NEO Internationalの電気料金プラン

関西エリア(関西電力管轄内)

NEO International(関西エリア)

関東エリア(東京電力管轄内)

NEO International(関東エリア)

中部エリア(中部電力管轄内)

NEO International(中部エリア)

どのくらいお得になる?

関東エリア向けのプラチナプランと東京電力の従量電灯Cと比較すると、基本料金は変わりません。そして3段階料金の第1段階までは東京電力の方が単価が安いのですが、それ以降はじわりとお得になり、第3段階まで来るとプラチナプランのほうがお得になります。電気を多く使う事業所なら電気代を一気に削減できそうですね!

さらに電気代を安くしたいなら、基本料金にも目を向けるべきでしょう。それもNEO International の「でんすけ」なら可能です。

基本料金カットなら電子ブレーカーのでんすけ

基本料金は毎月同じ金額で請求されて、節約するには契約容量を抑えるしかないと思えばそんなことはありません。NEO Internationalが開発し、特許も取得している電子ブレーカーの「でんすけ」は、基本料金が重くなる要因を上手く排して継続的なコストカットを努めてくれます。

一般家庭でもお馴染みの主開閉器契約(ブレーカー契約)を結んだ場合、容量を超える電流が流れば停電してしまいますよね。そのため必要な電流量に合わせたブレーカーを設置する必要があるのはもちろんですが、実はブレーカーの仕組みを変えるだけで一時的な過電流にも落ちにくくなるというのです。

電子ブレーカー「でんすけ」に変更して従来の一般的なブレーカーが落ちないために必要としていたムダな容量を効果的に減らすと、毎月のコストカットに大きく貢献できるというわけですね。おまけに主開閉器契約を結びにくい業種でも対応できる可能性まで出てくるのだそうです!

エリア拡大決定!全国6エリアに進出

現在は関東・関西・中部の3エリアで電力の小売を行うNEO International ですが、2016年の秋からは九州・東北・中国エリアにも進出するとのこと。時期は9月に九州エリア、10月に東北・中国エリアとなるようです。この3エリアはいずれも低圧向け新電力の進出が少なかった地域ですから、NEO International は有力な選択肢になり得ますよね。

経営者はどんな人?意外な経歴が集まり多角的な視点を作る

電力という重要なインフラを任せる企業ですから、どんな人が経営に携わっているのかと少し気になりますよね。NEO International の経営陣はというと、なんだか意外な経歴を持つ人材が集まっています!

まずは代表の濵田幸一氏、ラジオコメンテーターを努めています。トーク力高そうですね。そして大阪大学名誉教授の白川功氏に加え、元あずさ監査法人の坂本守孝氏に元東淀川税務署長の菰田寛氏。一体どのような展開でNEO International に至ったのかがすごく気になる面々が集っています!

様々なバックボーンや知識、経験を持つ人々が集合することでNEO International と電力小売を多角的な視点で分析し、経営に活かしていることが伺えます。

電力量料金と電子ブレーカーで電気代をグッと抑える!

毎月の電気代を押し上げる基本料金を効率的に抑える電子ブレーカー「でんすけ」と、電力量料金がお得な電気料金を合わせて電気代をトータルコストダウンできるのがNEO Internationalの強みです。もちろん一緒に導入しなくても、できることから始められます!

電気代にお悩みで簡単な解決法をお探しならやはり電力会社の乗り換えがおすすめ。原則として無料ですし、スマートメーターへの交換が必要でも工事時間は長くて十数分。機械をストップさせずに交換を済ませることも可能だそうです。必要な手続きは契約書に判を押す程度のもので、今の電力会社を解約したりなどの事務手続きは次の新電力が全て行います!

低圧・店舗や事業所もタイナビスイッチで電気料金カット!!

電力自由化の影響は、家庭のみではありません!! 低圧電力を使用する工場や店舗など向けの従量電灯プランにも影響が及んでいるのです。

家庭と違い、より多くの電気を使用する店舗や工場なら、電力会社の切り替えが大きな節約につながる可能性が高いのです。

タイナビスイッチなら簡単1分間入力だから今すぐ電気料金をチェックできます!複数の電力会社を比較する手間もカットし、電気料金の今すぐカットです!!

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!