電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

テスラのマスク氏が語るマスタープラン・パート2

充電中の電気自動車

自動車の業界は信じられないスピードで進化を遂げており、かつては大手の自動車技術は絶対的だと言われてきましたが今ではその常識が全く通じない時代となっているのです。

それは、電気自動車(EV)の性能がかなり向上していることが背景にあり、製造コストも依然と比較してずいぶん安くなってきています。その中でも、ここ10年間で大きく成長している電気自動車専門メーカーの【テスラモータース】に注目が集まっているでしょう。

テスラは2006年に成長のためのマスタープランを提示しましたが、2016年にそのパート2を提示に至りました。それは、テスラはこの10年間で最初のマスタープランを確実に達成したことによる継続プランになりますが、今回はその内容について詳しく見ていきます。

テスラのマスク氏が示すマスタープラン・パート2の主な概要は?

太陽光発電パネル

まずは、テスラが提示したマスタープランのパート2について、その主な概要をチェックしていきましょう。

元々、最初のマスタープランのコンテンツを見てみると、収益性の高い高価なEVの少量生産を皮切りに、徐々に大量生産型のEVを製造できる体制を作るというものでした。

そして、結果的にそれを達成したテスラは、EVがより便利でビジネスモデルとして活躍できるような構想を新しいプランに組み込んでいます。

太陽光発電によってエネルギー効率を高める

このマスタープランのパート2においてテスラが最も力を入れている部分の1つとして、太陽光発電をベースにした蓄電機能の向上にあります。

つまり、バッテリーの性能を大きく向上させることを意味していますが、テスラの場合は独自のバッテリーを開発していますので自動車産業以外にもエネルギー分野でも収益を上げているのです。

そして、独自のバッテリーにおける高い品質性によって、テスラ自信をEVの代名詞として認識させようという壮大なプランとなっているでしょう。

実際上、EV市場はバッテリーの質が最も重要とされていて、それを制するメーカーこそがEVの販売台数も制すると言っても過言ではありません。テスラは新興メーカーながらその準備を着々と進めています。

⇒「電気自動車」と「太陽光発電」は節約?上手な節電方法

人工知能による自動運転モードに力を入れる

また、マスタープランのパート2にて人口知能による自動運転モードをEV性能の核にしており、安全性に関してはまだまだ完全とは言えないのですが時間の経過と共に確実にそのレベルは上がってきています。

このテスラのEVにおける人口知能の大きな特徴として、購入者のドライビングデータを使って徐々にその能力をアップデートさせてきていることにあるでしょう。

年数が経てば経つほどそのレベルは非常に高くなることは間違いなく、そういう意味ではテスラのEVはかなり将来的に楽しみであるのは間違いありません。

パート1を着実にものにしたテスラですが、この人工知能も確実に成功させることができれば10年後の自動車業界の中で必ず大きな革命が起きているはずです。

車を運転しなくても収入化できるビジネスモデルを提唱?

電気自動車

このテスラが他の一般自動車メーカーと違うところは、マスタープランのパート2の中でもあるように購入してくれた消費者に画期的なビジネスモデルを用意していることです。

つまり、EVを単なる購入者自身の移動手段としてではなく、それを使った収入源にできる方法を提唱しているでしょう。

持っている車を使わない時でも何らかの収入になってくれれば購入者とすれば非常にありがたいものですが、テスラはどのような方法を提唱してくれるのでしょうか?

テスラがカーシェアリング事業にも参入する目的は?

実のところ、テスラはカーシェアリング事業に参入しようとしており、ここに投入する車両に購入された車両を利用しようというプランを持っています。

テスラのEVは確実に伸びていますが、それでも移動手段として1日に使われるとなると8割から9割は使用されていない状況です。そのため、この間にオーナーはカーシェアリングに出すことで、その収益を自動車の維持費に回すことができる大きなメリットがあるでしょう。

自動運転機能の制度が高まってくると、オーナーがアプリを使って自分の車両をカーシェアリングにエントリーしてカーシェアリングしたい顧客のニーズを迅速に満たすことができるようになる訳です。

まだ、自動運転における法的規制の部分が各国とも解決できていないため、これが解決されるテスラの自動運転によるカーシェアリングは大きく発展することになります。

⇒電気自動車にかかる電気代はいくら?

テスラが進める低価格EVは生活にどのようなメリットがある?

電源コードとビジネスマン

さて、EVメーカーのテスラが描いている自身の青写真と言えば、低価格EVを世の中に多く普及させることにあるのです。

しかし、消費者として知りたい部分と言えば、テスラのEVを導入することで日常生活にどのようなメリットを与えてくれるのかということではないでしょうか?

ここでは、テスラのマスタープランのパート2を参考にして、低価格EVがどのような形で人間の生活に好影響を及ぼしていくのかをじっくりと予想していきます。

家電を使用する感覚でマイカーを使用できるようになる

テスラは、優秀な蓄電機能をセットにした太陽光発電による動力エネルギーを自らのEVに標準化しようとしています。つまり、現代の人間が家庭で当たり前に家電を使うのと同じように、手軽にマイカーを利用できる生活を提供しようとプランを推し進めているのです。

これまでのEVと言えば、コンセントから充電することできる車両そのものが画期的で、ユーザーとしてもそれを超える存在のモノはまだまだ想像のつかない存在であることも多いでしょう。

しかし、限られた資源を大切に使うというコンセプトが急速に普及している以上、いかに供給される電力に頼らずに家電を使えることに対してストレスを感じないようにするか、そのことを人間は認識すべき時代に迫られています。

テスラのEVは、それをスムーズに達成させてくれる大きな切っ掛けツールとなる訳です。

消費者が自ら発電と節電を日常的に繰り返すようになる

そして、これが人間にとって当たり前に感じるようになったとき、人間は発電を毎日進めて節電を進めながら生活をストレスなく繰り返せるようになります。

それによって、建築物における太陽光発電も飛躍的に普及することが予想され、電力は買う時代ではなく各家庭で発電する時代がより早く実現されるようになるでしょう。

このことは、テスラ自身が開発するEVを通して将来的に実現したい生活環境の在り方であり、彼にとってEVが移動手段としてではなく生活のあらゆる部分に関わることができるマルチツールとしての役割も想定して開発を進めていることに他なりません。

⇒おすすめ省エネ家電 節約術 太陽光

テスラのマスタープラン・パート2の達成における課題は?

指をさしている女性

このように、テスラの抱えるマスタープランのパート2は人間の生活のさらなる利便性向上に対して有意義ですが、それと同時にスムーズに達成させるためにはまだまだ課題も残っています。

ここでは、テスラのマスタープラン達成にとって、最も大きな障害になると思われる部分をじっくりと検証していきましょう。

高い蓄電効率を持つ良質なバッテリーの早期開発が必要

プランの達成の実現について少なくとも言えるのは、不具合が少なくて高い蓄電効率を持つバッテリーをいち早く開発しなければならないことです。

現在大手の自動車メーカーもEVのラインナップを徐々に増やしていますが、低価格EVになるとそれほど多くないと言えるでしょう。

これは理想的なバッテリー製造における品質の安定がいかに難しいかを示しており、これが早期にできていれば低価格EVは増えていても良い訳です。テスラとすればこれを何としても一番に開発しなければならず、そうでなければテスラのEV市場における優位性は容易に揺らいでいきます。

自動走行における安全性をいかに向上させるか?

また、人口知能による自動走行に関して、テスラ自身は交通事故を引き起こす確率を大幅に低下させていると自負していますが同時に自動運転における事故もまだ多く存在します。

人口知能による安全制御は非常に画期的ですが、万が一の時に安全コントロールができなければ何の意味も持ちません。そういう意味では、テスラは安全管理向上においては時間との戦いを強いられているでしょう。

さらに、先進国における自動運転に対する意識もバラバラなので、今後急速に関連法に関する整備が進むかがテスラにとっても大きな課題です。

イーロンマスクのように世の中を変えたい、そんな電力会社があります!!

電力自由化により新電力が多数登場しました。その中には地域の活性化やエコを推進する企業理念を掲げている電力会社があるのです!

電力会社主導ではなく、これからはあなたが望む社会を実現できる電力会社の選択が可能となったのです!!

もちろん電気料金の節約も可能です。大手の従来プランからの乗り換えで一般的な4人家族なら年間10000円節約も可能ですよ。
まずはタイナビスイッチの無料カンタン診断であなたの電気料金をチェックです!!

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!