電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

世界初のハイブリッド飛行機がテスト飛行へ!省エネが空にまで!

飛行機

乗り物でハイブリッドと言えば、とっさに頭に浮かぶのは自動車です。今ではどこへ行ってもハイブリッドカーがもてはやされているからです。でもそのハイブリッドがいまゆっくりと飛行機へとシフトしているのをご存知でしょうか。

そうなのです。長年の夢であったハイブリッド飛行機が今年になってついにテスト飛行に成功したのです。
ドイツのシーメンス社は長年の研究を実らせ、エンジンとモーターを組み合わせた高性能、高効率の航空機用の電気モーターを完成させました。それを搭載した飛行機がついにテスト飛行に成功したのです。

ハイブリット飛行機「EA-300LE」がついにテストフライトに成功した

地図と飛行機の模型

今回のテストフライトに使われた機体はドイツの航空機会社「エクストラ」のスポーツタイプの機種「EA-300」からエンジンを取り外し、シーメンスの電気モーターを載せ替え「EA300-LE」としたものです。

モーターのサイズは自動車のタイヤと同程度で重量も50kgと、飛行機のモーターとしては小さいほうです。しかし小さい割には出力は260キロワットにも及び、従来の電気モーターの5倍相当の性能を持っています。

テスト飛行に使われた「EA-300LE」は2人乗りスポーツタイプの飛行機

今回の機種「EA300LE」は2人乗りのスポーツタイプです。でもテストフライトには機材の積み込みも必要ですから、搭乗はパイロット1人だけになりました。

とはいえ載せ替えた電気モーターは4人乗りの飛行機でも飛ばす性能がありますから、搭乗員1名と機材だけの重量だと、パワー不足は微塵も感じさせず、上空に向かって悠々と飛び立っていき、見事テストフライトに成功しました。

2030年までに100人乗りハイブリット小型飛行機の実用化を目指す

スタートライン

今回のテストフライトでは電力の供給はバッテリーから行われましたが、今後は発電用エンジンと駆動用モーター併用のハイブリット電気飛行機が期待されています。今後の目標として掲げられているのは、100人乗りのハイブリッド小型飛行機を2030年までに完成させることです。

シーメンスとエアバスが提携してハイブリッド飛行機開発に本腰

先ごろ欧州の航空機大手のエアバスグループ(注1)とドイツのシーメンス(注2)は、従来型エンジンと電気を組み合わせたハイブリッド飛行機の開発で提携を発表しました。計画によりますと両社で200人のエンジニアーを結集して専門チームを作り、2020年までに新たなハイブリット飛行機のテスト飛行を目指す、としています。

これによって欧州を代表する2社によって、航空機の燃費の軽減や騒音を抑える技術の開発が進むことになります。開発の対象は、出力数百キロワットから、最大では1万キロワットのハイブリッド推進システムであり、短距離飛行の小型機やヘリコプターへの応用を目指しています。エアバスのCEOトム・エンダー氏の話では、2030年までに100席未満の小型ハイブリッド旅客機が完成する可能性は多いにある、とのことです。

またシーメンスは今回のエアバスとの提携事業を社内の最新技術やサービスの事業化を目的としたイノベーション部門の活動として位置づけ、米国の航空機エンジン大手であるG E(ジェネラル・エレクトリック)に対抗する決意を固めています。

(注1)エアバスグループとは
エアバスグループは欧州の航空・宇宙企業の大手で、ボーイングに次ぐ世界第2位の航空宇宙企業です。航空機の製造だけでなく、宇宙関係でも国際宇宙ステーションの建設、運営に大きく貢献しています。

(注2)シーメンスとは
シーメンスはドイツミュンヘンに本拠を置く通信・電力・電子などを手掛ける多国籍企業です。近年では航空機のハイブリッド化を目指して、電気モーターの開発に力を入れています。

ハイブリット飛行機になればCO2を削減でき、騒音も少なくなる

上でも書きましたが飛行機をハイブリッドにすると燃料消費を大幅に削減(最大で50%)できますから航空会社の経費節減に大きく寄与します。

それだけではなく燃料の燃焼によって発生するCO2が一挙に削減されますから、地球環境へ大きく貢献することができます。また騒音が小さくなりますから、これまでは禁止されていた地域でも夜間飛行が可能になり、機体の効率的に利用できるようになりますから、この面でも航空会社の収益アップに貢献できます。

まとめ

女性

乗物に関してハイブリッドといえば、これまでは自動車が独壇場でした。しかし今後はそうはいきません。
なぜなら航空機の分野でも先ごろハイブリッド飛行機のテストフライトが成功したからです。これにより2030年ごろまでに100人乗りのハイブリッド旅客機の登場も夢ではなくなりました。

そうなれば、燃料費軽減で航空運賃はさらに安くなることが期待できます。それだけではなくCO2や騒音が少なくなり、飛行機がこれまでより人や環境に優しいものへと変わります。
⇒タイナビスイッチで簡単シミュレーションはこちら

環境と家計に大きなメリット!再生可能エネルギーを活用する簡単な方法とは

飛行機といえばたくさんの燃料を必要とするイメージが強いですが、工夫と再生可能エネルギーの活用によって格段に省エネが進む可能性があるのですね。

では、家庭のエネルギーはどうでしょうか?

太陽光パネルをつけるよりも気軽に、そしてお得な再エネ電気を使いたいならタイナビスイッチの無料シミュレーションでお探し頂けます!

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!