電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

パネルヒーターの電気代はいくらになるの?

オール電化の設置型パネルヒーター

パネルヒーターはエアコンと異なり、前に座っていれば直接すぐに温めてくれる優れものですが、電気代は1時間あたり、5~30円程度と、決して安くはありません。

目安として5~30円と記載しましたが、使い方や機種によってかなり開きがあるため、安いときと高い時では6倍も差があるのでは、実際にどれだけ電気代がかかっているかがわかりにくいかと思います。

そこで、今回はご家庭でお使いのパネルヒーターでの電気代を簡単に計算する方法をご紹介していきますね。

パネルヒーターの電気代を実際に計算してみよう!

家の模型

パネルヒーターの実際の消費電力量がわかったところで、電気代を実際に計算してみましょう。
新電力の電力量料金目安単価である27.0円/kWhを使って計算すると、

270kWh×27.0円/kWh=7,290円

月に、

  • 消費電力 強:1000W、弱:500W
  • 1日12時間(うち6時間ずつ強、弱切り替え)
  • 30日間使用

という条件では、おおよそ7,000円強の電気代が必要という結果になりました。
実際に計算してみると、思っていたよりも電気代が高いと感じた方も多いのではないでしょうか。

いくらすぐに暖まって便利とはいえ、電気代が高くなってしまうと使いづらいですよね。
そこで、次にパネルヒーターの節約術をいくつかご紹介いたします。

パネルヒーターの消費電力はどれくらい?

business image chart and smart phone

パネルヒーターの消費電力 は、切り替え式のものが多いため、弱モードで500W前後、強モードで1000W前後のものが多いです。

実際に使っているパネルヒーターの消費電力は、カタログや説明書に記載してありますので確認してみてください。

仮に、弱モードの消費電力を500W、強モードの消費電力を1000Wとすると、1日に12時間、弱モードと強モードを半々で使った場合には、1日あたりの消費電力は次のようになります。

500W×6h(時間)+1000W×6h(時間)=9000Wh=9kWh(kは1000という意味です)

月に直すと9kWh×30=270kWh、つまり月におおよそ270kWhの電力を消費するということですね。
ご自宅のパネルヒーターがどれくらい消費電力が必要かは、上記の式の消費電力や時間の値を変えれば簡単に計算することができます。

パネルヒーターの電気代節約方法3つ

ガッツポーズの女性

パネルヒーターの電気代節約方法としては、以下のものがあります。

1.弱モードで運転する

強モードと弱モードでは、機種によっては倍以上消費電力が異なります。
どうしても寒い場合には、パネルヒーターとエアコンを併用し、ある程度暖まってからパネルヒーターのみに切り替えるなどの工夫で、ずっと強モードで運転しているよりもかなり節約して使うことができます。

エアコンの電気代を節約するには、こちらの記事を参考にしてください。
⇒【噂の検証】エアコンは24時間つけっぱなしにした方が電気代を節約できる?

2.窓際など冷え込む場所に配置する

窓際などは、部屋の中心に比べて冷気が入り込みやすく、いくらパネルヒーターで温めていても冷気がどんどん入ってくる環境では、エアコンを併用し続けたり、強モードで運転しなくては寒くなったりします。

窓際など、冷気が入りやすい場所にパネルヒーターを置き、遠赤外線効果で冷気をブロックすれば、より効率良く部屋を暖めることができます。

3.部屋全体を温めないときには、パネルヒーターの前にいる

部屋の中に一人でいるときなどは、パネルヒーターの前にいると、空気を介さずに直接人を温めてくれるので、弱モードでも効率良く体を温めることができます。

全体を暖める必要がないときには、危険でない程度にパネルヒーターに近づいていることがおすすめです。

工夫してかしこく暖房器具を使おう

電気ストーブ

暖房器具は、寒い季節には欠かせないものですが、使いすぎてしまうと電気代が大幅に高くなってしまいます。

パネルヒーター1つとっても、毎日使用すれば1万円近く高くなってしまいますので、他の暖房器具を併用して適当に使うと驚くような請求額になることもあるので、暖房器具を使用する季節になったときには、なるべく厚着をして、カーテンなどの冷気を遮断するアイテムを活用しながら、効率良く暖房器具を使用しましょう。

冬の暖房費は電気料金プランの乗り換えで安くできます!

パネルヒーターの前に足を投げ出すのってすごく気持ちいいですよね。冷えた足先や手先など、凍えた体を集中的に温めるパネルヒーター…電気料金さえもう少し安ければ完璧なのに…。

そんなお悩みを解決する、冬の最強節約方法が電気料金プランの乗り換えです!

ヒーターだけではなく炊事や掃除の電気もまるごと安くできるので、冬はもちろん夏の電気料金もグッとお得になるのを実感できますよ!そして、どのプランがお得かを1分で調べられるのがタイナビスイッチです。電気を変えただけで家計がずっと楽になる、そんな生活を始めませんか?

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!