電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

高圧ケーブルとは?

送電線

日本の多くの産業は安定した電力供給によって支えられていまして、その背景には高圧ケーブルの大きな存在があります。日本の電力は発電設備で作られますが、大量に発電させますのでこの段階で高圧電力になる訳です。

高圧電力は蓄電できませんので、常に発電と同時に消費者に供給がなされます。この場合に高圧ケーブルは発電所から安全で安定した電力供給を進めるために必要不可欠でして、この質の良し悪しが普段からの使用状態にも大きく影響を与えることでしょう。

それでも、高圧ケーブルは一般ケーブルと比較してあまり馴染みのないことも事実です。ここでは、高圧ケーブルの使用場所や現状はもちろん、求められるコンディションなども含めて説明していきます。

高圧ケーブルは身近なところに非常に多く利用される

“虫眼鏡をのぞく女性”

電気を当たり前に使っている日本人の大部分において、ケーブルがどのように配線されているのかなどほとんど知る由もありません。高圧ケーブルなどになると、なおさら関心のない方も多いはずです。

しかし、高圧ケーブルは非常に身近なところに利用されていることも多いものですが、ここでは高圧ケーブルが発電所から出てどのような場所に使われているのか具体的にチェックしていきましょう。

変電施設からの配電にも使用される

発電所から送電された高圧電力は、基本的に変電所に送られます。変電所は簡単に言うと、高圧電力をある程度低圧のものに変化させるための施設になるのです。

この変電所から工場やビルなどの比較的電圧の高い消費者はもちろん、各一般家庭まで送電されることになりますが、実は変電所からの送電に関しても基本的に高圧ケーブルが使用されます。
⇒ マンション電力自由化で切り替えが行えない高圧一括受電とは?

もちろん、高圧ケーブルは消費者の屋内送電に直接使われることは少なく、配電前に専用の受送電設備や電柱のキュービクルなどに一旦接続され、それから消費者が使用するための電力を供給する一般ケーブルに接続するでしょう。

これを見ますと、高圧ケーブルがいかに近くまで多く来ているかが理解できますね。

大規模な工場施設などでは屋内配線にも使用

それでも、大規模な工場施設になりますと製造用巨大なプラントが設置されていることも多いので、高圧ケーブルが屋内配線にも使用されていることも決して少なくありません。

特に造船所や自動車工場などの重工業になると、通常配電用の二次変電所からの送電では製造用の電力をまかなうことはできないでしょう。これにより、一次変電所からの直接送電がなされます。

大きな施設では、受電設備以外にも集中的に高圧ケーブルを管理する電気管理室を工場内に設けていることがほとんどです。高圧ケーブルを屋内に配線していることは、電気系統のミスで製造設備が止まってしまうこと以外に大規模な火災が発生するリスクを負いますので常に監視できる体制を整えているのでしょう。

高圧ケーブルの安全のアップは非常に著しい

“夕暮れの送電線”

高圧ケーブルは大量の電力を効率的に送電するのに役に立ちますが、それだけに安全性が常に重視されなければなりません。

以前はケーブルの質が良くないものもあって、トラブルが発生しやすい環境にありました。大雨などが降ると破損しやすいタイプもあって、火災や感電死の大きな原因になったものです。

しかし、最近は電気系統に絡む大規模な事故は著しく減少したと言えるでしょう。その背景には、高圧ケーブルの著しい安全性アップがあります。

海底でも活躍できる水や振動に強いタイプが充実

高圧ケーブルというと電力を思い浮かべることも多いのですが、実際はデータや映像などを送受信するためのケーブルもあって包括的に認識されることも多いでしょう。実は高圧ケーブルは海底にも存在していまして、離島への送電や国際間のデータ送信などのごく当たり前のサービスを維持するために役立っています。

上述のように高圧ケーブルの質が安定していない時代においては、深海水圧や地震などの自然現象によってケーブルが損傷を来すケースもかなり多かったのです。ところが現在は防水性に優れ、振動にも強いタイプのケーブルがかなり充実してきて自然現象による送電停止が少なくなっているでしょう。

それでも、近年の自然災害はより大規模化していますので、より強いタイプのケーブル質が求められていくのです。

高圧ケーブル運用中に遭遇するデメリットとは?

“虫眼鏡を持っている男性”

高圧ケーブルは非常に多くのメリットを持ちますが、運用中において遭遇するデメリットが決してないという訳ではありません。どんなに質の良い高圧ケーブルも消耗品である以上は、運営上において注意を払うべき点もあることでしょう。

ここでは、安定品質を持つ高圧ケーブルの運用について、重大な事故を決して発生させないために最低限気を付けるべきことを紹介していきます。

高圧ケーブル絶縁体は常にケーブル熱との闘い

まず、高圧ケーブルの持つ最大のデメリットはそれ自身が多くの熱を抱えていることです。多くの電力を送るにはそれだけケーブルに一定の厚みが求められます。しかし、同時に送電における熱伝導性が高まることも事実で、それは防水性や外部への熱伝導を低くする目的で活用されている絶縁体に大きく負担を掛けることも意味するのです。

これにより、高圧ケーブルに使われる絶縁体の品質は非常に重要で、取り換えが簡単にいかない環境に設置するケーブルほど良質の絶縁体を考慮しなければなりません。高圧ケーブルの絶縁体は常にケーブルの熱と戦っていまして、運用上は常にその破損リスクを強く認識する必要に迫られています。

高圧ケーブルはメンテナンスに莫大な費用がかかる

これにより、高圧ケーブルは定期的なメンテナンスが必須であり、それが多ければ多いほど事故の発生をかなりの確率で防止することが可能となります。特に湿気の多い立地での利用になると、絶縁体の破損はケーブルの腐食にも発展するリスクが高くなりますので大変重要となるのです。

海底における高圧ケーブルになると、専用の大型船によってメンテナンスや補修作業がなされます。そのため、莫大な費用をかけて品質維持を進めますが、一旦事故に至るとその損失額はその費用とはケタ違いに大きくなるでしょう。

これにより、施設内に高圧ケーブルを配電している工場の中には、絶縁体のコンディションチェックについて非常に神経質なところもあります。

太陽光発電に使う高圧ケーブルは耐久性が非常に需要

近年において非常に人気の高い太陽光発電投資ですが、実はここでも高圧ケーブルが活用されています。基本的に太陽光パネルで発電された電力は、一般家庭への電力会社からの送電に合流することになるでしょう。

この際に高圧で太陽光発電を進めている場合は、高圧ケーブルを使って接続して送電出力を進めることもあります。投資項目として太陽光発電を進める場合、ケーブルの破損は収益性を大きく喪失するリスクがあるのです。そのため、耐久性の高いものを導入しなければなりません。

理想的な発電効率の実現に大きく影響する

この耐久性の高い高圧ケーブルは、単に設備そのものの破損を防止するだけではありません。実のところ、投資家が期待する理想的な発電効率を維持するための非常に重要なのです。

もともと太陽光発電の効率性はパネル自体の性能に依存することも多いですが、ケーブルの質も発電済みの電力をスムーズに送電するために大きく影響します。多くの投資家は太陽光発電に蓄電池を併設しないので、電力が常に送電されないと意味がないでしょう。

発電されても送電されないのは発電していないことと全く同じことでして、太陽光発電投資にはパネルと相性の良い高圧ケーブルも確実に模索して導入することが求められます。

土地付き物件は稼働前に確実に高圧ケーブルチェック!

また、太陽光発電物件において最近非常に人気が高まっているのが土地付き物件になるでしょう。高い売電価格の認定された土地に発電設備もセットになっているお得な物件になりまして、取得後すぐに稼働できる大きなメリットがあります。

それでも、多くの方は太陽光パネルの質のチェックはしっかり進めていても、高圧ケーブルなどの接続パーツに対してはあまりこだわりを持たないことも多いのです。

物件取得した段階で問題がないと思い込む投資家も少なくありませんので、ここは時間をかけても確実にケーブルの事前チェックを怠らないようにしましょう。

投資の前に済ませておきたいのは電気料金の最適化

投資で長期的に収入を得たいなら、長期的に支出を減らす工夫も同時に行うべきでしょう。収入を増やせばいくらかは税金として引かれてしまいますが、支出削減で生まれたお金には税金がかかりませんからね!という、単純な話です。

具体的には電気料金プランの乗り換えで、毎月発生する電気の支出を最小限に抑えましょう!電気の使い方は変わらないのに請求金額は減らせるのがメリットなので、今すぐに始めれば将来に渡り節約金額を増やせますよ!比較は無料で、こちらから可能です。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!