電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

都市ガスに変更する工事費用はいくら?

ガスタンク

都市ガスに変更する工事費用(ガス機器の改造工事を含む)は、一般的には10~15万円程度かかります。
もちろん、ガス管が自宅の前の道路まできているかきていないかによって大幅に金額が変わってきますので一概にいくらとは言えませんが、都市部で都市ガスの供給が普通に行われている地域(自宅前の道路にガス管が通っている地域)では、冒頭でお話ししたように10万円~15万円程度と考えてよいでしょう。

今回は、都市ガスに変更する費用のほか、どんな工事が必要なのか、そもそも都市ガスに変更するメリットやデメリットはどんなものなのか、などについてお話ししていきますね。

都市ガスに変更する際の工別事費用の相場は?

冒頭でお話ししたのは、都市ガスに変更する際のすべての工事費用をまとめた金額ですが、作業別の料金相場の一例は、以下のようになります。
もちろん、料金はガス会社により異なりますので、あくまでも参考程度にとどめてくださいね。

配管工事(敷地内) 10万~15万円
ガスコンロ改造 5,000~1万5,000円
ふろ給湯器改造 3万円程度
出張費 2,000円~1万円

これ以外の本支管工事などの大きな工事はあまり頻繁に行われないため、実際の相場はガス管がどこまで引いてあるかなどにより大幅に変わります。


都市ガスへ変更するために必要な工事とは?

DIY

都市ガスへ変更するためには、都市ガスを引き込みたい住宅の立地や構造などにもよりますが、いくつかの工事を組み合わせて行います。
立地やガス管の位置にもよりますが、都市ガスに切り替えるために必要な工事は4種類あります。

本支管工事

都市ガスに切り替えたい住宅の前にある道路の下に都市ガスの管が埋められていない場合、本支管工事が必要になります。
本支管工事とは、供給先の目の前にある道路に沿ってガスの本支管を埋設する工事です。
この工事費は、ケースによっては需要家(客先)負担になることもあります。

引き込み管工事

引き込み管工事は、その名の通り道路に埋め込んである本支管から住宅の敷地内までガス管を引き込む、つまりガス管を道路から住宅の敷地まで伸ばす工事です。
基本的に、この工事はガス会社が負担します。

敷地内配管工事

敷地内配管工事は、ガスを使いたい住宅の敷地内まで引き込んであるガス管から、実際に家の中でガスが使えるように、ガスの配管をガス専用機器まで繋げる工事です。
敷地内までガス管が引かれている場合は、基本的に1日で完了し、工事の費用は需要家が負担します。

ガス機器改造工事

都市ガスを導入するまではプロパンガスを利用していたという家庭で使っていたガス機器は、プロパンガス専用の仕様になっています。
プロパンガスと都市ガスは、ガスの性質が異なりますので、これらのガス機器は、そのままでは都市ガスに対応していません。

買い替えずに使いたい場合は、都市ガス用に改造する必要があり、この工事の費用は、需要家負担です。

自宅前のガス管の有無で工事費が変わる!

パイプ

ガス管が自宅の前まで引いてあるか、そうでないかで都市ガスへと切り替える工事の負担額が大幅に変わります。

  • 自宅前の道路にガス管が埋設されている場合の工事費
  • 需要家の負担額=敷地内配管工事費+ガス機器改造工事費

自宅前の道路までガス管が引かれている場合、上記の2つの工事が必要になり、おおよそ10万~15万円程度の工事費用がかかります。
都市ガスを導入したいと検討する環境にあるご家庭は、住宅の前の道路までガス管が引かれている場合も多いため、この場合本支管工事、引き込み管工事は不要です。

自宅前の道路にガス管が埋設されていない場合の工事費

需要家の負担額=ガス本支管工事費用+敷地内配管工事費+ガス機器改造工事費

自宅前の道路にガス管が引かれていない場合、引かれている場合の工事にプラスして「ガス本支管工事」の費用がかかります。
この費用は、ガス管をどこからどこまで引くのか、住宅の立地はどうかなどの条件に大きく左右されるため、一概にいくらとは言えません。

ガス本支管工事の費用は、場合により負担金は発生しないこともありますが、負担する状況でガス管が近くの道路まで通っていない場合は、費用が高額になることもあります。

ご自宅の前までガス管が通っているかが分からない場合は、地域の都市ガス供給を担当しているガス会社に連絡して確認してみてくださいね。


都市ガスに変えるメリット・デメリットとは?

女性

都市ガスへと切り替える際のおおよその費用について分かったところで、実際に都市ガスへ変更した後に思いがけないデメリットが出てきては困ってしまいますよね。
ここでは、そんな事態を防ぐために、都市ガスに切り替えるメリット・デメリットについて簡単にご説明いたします。
⇒ガスの自由化のメリットとデメリットには何がある?

メリット

セールスマン

料金が安い

都市ガスの料金は、国から認可を受けて定められているため、価格の振れ幅が少なく、1㎥あたりの単価はプロパンガスの平均的な単価よりの3分の1ほどに抑えられます。
これまでプロパンガスで毎月支払っていた金額が、ガスの使い方によっては大幅に抑えられますので、都市ガスに変更する一番のメリットは「単価が安い」ことにあると言えます。

ガスボンベの交換が不要

都市ガスはプロパンガスで必須な「ガスボンベ」の設置が不要で、ガスは直接道路に埋設されたガス管から供給されます。
ガスボンベが無いと、ガスが切れた際に交換する業者の出入りも無くなり、ボンベを置いていたスペースも空くため、車の出し入れなども楽になります。

安全対策がしっかりしている

プロパンガスでも安全対策をしっかり行っている会社もありますが、都市ガスは地域で1か所からの供給ですので、プロパンガスが担当の会社によって対応にばらつきがあるのに対し、一律で安全性を確保できるところが魅力です。
都市ガスはガス漏れや火災などを24時間体制で、万が一に備えた見守り体制ができており、もし火災が発生した場合は、消防から緊急連絡が入るシステムが組み込まれています。(プロパンガスも、異常時にガスを止めるしくみは確保されています)

デメリット

女性

都市ガスを導入する際の工事費用が高額になる可能性がある

通常、住宅前の道路にガス管が埋設されていないと、ガス本支管工事が必要になります。
ガス本支管工事は、場合により費用が需要家の負担になることがあるため、自宅から都市ガスのガス管が離れていたりすると、工事費用が高額になります。
毎月のガス代がいくら安くなっても、都市ガスへの切り替え工事があまりに高額だと、かえって都市ガスに切り替えることで損をするケースも無いとは言えません。

プロパンガスよりも火力が弱い

都市ガスの火力は、1㎥あたり11,000kcalですが、プロパンガスは1㎥あたり24,000kcalあります。
つまり、都市ガスはプロパンガスの2分の1以下の火力しか無いということですので、都市ガスのメリットで単価が安いというお話をしましたが、実際の料金の差は1.4倍程度に抑えられると言えます。
プロパンガスの料金は会社によって大きく異なるため、選ぶ会社によっては都市ガスとの料金差があまりない、ということも考えられます。

災害時の復旧が遅い(プロパンガスに比べて)

プロパンガスはガスボンベと家庭のガス配管さえそろっていれば、すぐにガスを利用することができますが、都市ガスは町に張り巡らされた「ガス管」を通ってガスの供給が行われるため、地震などでガス管が壊れてしまうと、大規模な修理が必要となりなかなか復旧ができません。

地震によるガスの障害は頻繁に起きるものではありませんが、もし起きてしまったときには、自宅が無事でもガスがなかなか使えず困ってしまうこともあります。
きちんとデメリットも理解した上で、都市ガスかプロパンガスかを選択しましょう。

ご家庭のライフスタイルに合わせた選択を

キッチン

都市ガスとプロパンガスは両社ともにメリットとデメリットが異なり、一概にどちらが良いとは言い切れません。

都市ガスに切り替えたいと考えていても、その地域に都市ガスの供給網が無ければ切り替えは難しくなり、プロパンガスを利用するほかはありませんが、どちらの供給も可能な場合には、選ぶ時のポイントは「ご家庭のライフスタイルに合っているか」です。

例えば、大きな火力で調理を一気に行いたいご家庭ではプロパンガスが向いていますし、火力にこだわりがなく都市ガスの供給網が整備されている土地では、都市ガスの方が料金面でのメリットは大きくなります。

2016年から電力自由化が始まり、電気もそれぞれの需要家のライフスタイルに合わせて自由に選んでいく時代へと変わってきましたが、ガスも同じように、きちんと供給元を変えるメリットとデメリットを知った上で納得して選んでいきましょうね。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!