電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

4人家族の電気代平均!!同じ家族でも全然違う!!

4人家族の電気代

「わが家の電気高すぎ?」

4人家族の電気代平均を知って、あなたの節約効果を確認してみましょう!マンション・一戸建てで差がでる電気代と対処法、そして電力自由化で生まれるファミリー向けのお得な電気料金プランを紹介します。

4人家族の電気代平均は?

4人家族で生活する世帯のひと月の電気代平均額は11,819円、1年で141,828円といわれています。(総務省統計局家計調査より、2013年調べ)
あなたの家庭の電気代と比較すると平均金額が安い、あるいは高いと感じるでしょう。その理由はマンション・一戸建てといった住環境にあります。

年度 電気代平均
2011年 122,160円
2012年 133,560円
2013年 141,828円
2014年 145,824円
2015年 142,116円

また、総務省統計によると2011年から2015年の推移を見ると、やはり増加傾向にあります。原因はオール電化住宅の普及によるものが大きいと考えられます。電気料金が増えた分、ガス代は減っており、ガス会社はガス自由化で電力会社に流れた顧客を戻す事が出来るのかがポイントになりそうです。

4人家族電気代平均

一戸建てとマンションの違いが電気代に差を生む

電気代に差がでる大きな要因は居住者の人数や家族構成、そして一戸建てとマンションの違いです。居住者の人数が同じなら、差を生むのは居住環境の違いでしょう。

マンションの一室と2〜3階建てにもなる一戸建てでは専有面積が異なり、一戸建てのほうが部屋数も多い傾向にあります。さらにマンションとは違って周囲を他の部屋に囲まれておらず、外気温の影響をまともに受けるためにエアコンを多く使います。つまり、一戸建てはマンションよりも電気代が高くなってしまう傾向にあるのです。

電気を消費する家電に注意

エコ

部屋が多いなら家族一人一人に個別の部屋を与えますよね。そして、各部屋にエアコンは必須です。電気代が高くなりがちな夏と冬に家族が別々の場所で複数台のエアコンを稼働させると、電気代が高くなってしまいます。

さらにトイレが複数箇所に設置してあり、それぞれが温水便座であったりすると電気代は跳ね上がります。便座を暖め続けるには多くの電気が必要になりますからね。

一戸建てなら太陽光発電で電気代を節約できる

電気代を安くするならマンションのほうが有利かのように思えますが、一戸建てなら太陽光発電に注目です。マンションの居住者は屋根を自由にカスタマイズすることができないので、一戸建てならばこその節約方法でしょう。電力会社から購入する電気の量を減らし、発電した電気を売ることで設備投資費用を回収しながら電気代を節約できます。

4人家族ともなると節電にも一苦労

子供2人

家族4人で住んでいると家に誰かがいる時間が長くなります。お子様が居るなら、体調を維持するために削れない冷暖房費もありますよね。しかし、電気料金プランの多くが電気を多く使う家庭ほど高い単価が適用されるシステムになっています。

電気料金の三段階料金制度

電気料金の三段階料金制度は、電気の使用量に応じて適用される単価が変化するシステムです。東京電力の従量電灯Bという料金プランなら、家庭で使った電力量のうち0kWh〜120kWhの範囲には1kWhあたり19.43円の単価が適用されます。120kWh〜300kWhまでには25.91円、300kWh以上なら29.93円消費した電力量に応じて電気の単価が上昇していくのです。

ひと月に300kWh以上の電気を消費する家庭と、同じ期間中に120kWh以上消費する家庭では電気代の単価に約4円もの差が生まれてしまいます。家電のスイッチを地道に切るだけではなかなか節約できないわけですね!
現在4人世帯で根本的に電気代を安くしたいなら料金プランを見直すべきです。

電力自由化で消費電力量が多い4人家庭向けの新料金プランが誕生

電力自由化で電気の単価が安くなることが期待されていますが、本当に注目するべきは電気料金プランの多様化です。中国電力や東京ガスをはじめ、多くの小売電気事業者が消費電力量が多い家庭向けの新料金プランを発表しています。

  • 中部電力ポイントプラン」:ひと月の電気代が8,000円程なら3%安くなる可能性がある
  • 中国電力ぐっとずっと。プラン シンプルコース」:ひと月の電気代平均が1万5150円なら5%安くなる可能性がある
  • 東京ガスずっともプラン ガス・電気セット割」:年間電気料金が10万円程度なら東電よりも4〜5%安くなる可能性がある

4人世帯で電気代がひと月1万5000円前後の家庭なら、中部電力・中国電力・東京ガスに最適な料金プランがある可能性が高いのではないでしょうか。

この他にも多くの電気事業者が豊富な電気料金プランを提案しています。一括比較サービスを活用して、あなたの家庭にピッタリな料金プランを見つけてくださいね!

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!