電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

高圧電力の計量メーターの読み方は?

女性

比較的大規模な電力消費をする顧客に選ばれることの多い高圧電力ですが、当然ながら専用の計量メーターが存在しています。一般的に高圧電力を低圧の家庭用電力では計量機器が大きく異なることでも知られます。

低圧電力の場合は数年前まで円盤の付いた従来型の計量機器が活用されていました。しかし、高圧電力にはデジタル表示のような非常に見やすいタイプが早期から導入されていたのです。

これは、高圧電力と低圧電力に表示する数値種が大きく異なることにあり、高圧電力になりますと時間帯によっても消費量を表示していることが大きな特徴になると言えるでしょう。ここでは高圧電力の計量における基本的な読み方やその活用方法を見て行きます。

高圧電力の計量の読み方の基本は現在値と検針値

配電盤

一般的に高圧電力の計量に関する読み方で注意すべきなのは、現在値と検針値の表示が順繰りになされることです。そして、各々に昼間・夜間・重負荷時間などの1日における電力を時間分けによっても管理されます。

毎月の電力量になりますと検針値だけに注目していれば良いのかもしれませんが、高圧電力の場合は電気コストが大きく跳ね上がることも多いのでこのような時間帯分けも現在値として知ることもコスト管理の面でとても重要になって来るのです。

高圧電力の計量機器はデジタルタイプで見やすく!

高圧電力の計量機器にてやはり求められるのが、複数の時間帯における消費電力を効率的に目視できる使いやすさでしょう。高圧電力における消費量の大きさから少しの計量誤差もあってならないことを検針側が認識しているので、専用の検針機器が比較的早くから普及していたと言えます。

高圧タイプの計量は最低限でもデジタルタイプのものを使用しますので、既に消費した各時間帯における消費電力が今見ている瞬間での合計の検針値と現在も消費している状況を計量している現在地が数秒単位でどんどん切り替わって表示されていく非常に数値を把握しやすくなっているでしょう。

数値の読み方自体は、検針と表示の出ている画面の各時間帯における電力量を見るだけなので非常に楽です。

高圧電力の契約内容によっては検針機器が異なる

高圧電力の計量メーターは基本的に誰が見ても消費電力が把握しやすい仕様になっていますが、現実的な問題としてどのユーザーでも同じ計量機器を使用できると言う訳ではありません。

同じ電力会社であってもエリアが異なれば違うタイプのメーターを使うこともあり、契約内容が異なってもメーカーが計量機器を使い分けることも大いにあることです。

ただ、基本的には時間帯ごとの消費電力表示と言うパターンは変わることはないので、そのことを常に意識していれば使い勝手はしばらくすると慣れて行くことでしょう。

また、高圧電力のメーターは数年経つとさらに見やすくなるものに進化していることも多いので、今後は今以上に消費電力の把握は便利になって行きます。

高圧電力の計量でどんな好影響をもたらしてくれる?

お金と若い男性

高圧電力の消費は、一般の低圧電力と比べても桁違いにコストが大きくなります。そのため、1日の中でどの時間帯に最も電力を使っているかを把握できると、無駄な電力をどのような理由で使用していたのかなどを業務面での改善にも大きく繋がります。

電力の無駄は高圧電力を導入することの多い企業では、まさに無駄な仕事と表裏一体かしていると言う考えを持つことも非常に多いでしょう。高圧電力の時間分けした計量だけでユーザーに経済的な危機感をもたらしてくれるのです。

現在使用している電力を知ることは大きなメリット

また、高圧電力の消費についてメーターに現在値を表示できる機能が付いていますので、その統計を同じ時間帯の現在値を別の日に見てみることで消費の速度なども大きく把握することができます。

特に夜間などはメーカーで24時間稼働のところになると消費電力もかなり大きくなることもあるので、違う日にデータを比較して消費量の違いを見極める意義は非常に大きいのです。電力はつい毎月の結果を知りたいと思うものですが、消費量をコントロールするのであればこのような視点を持つことが重要でしょう。

高圧電力の計量をデータ化することでさらに便利

資料

高圧電力を導入している大企業であれば、既に実行されているのが計量した数値のデータ化ではないでしょうか?事業体でないユーザーが高圧電力を導入するケースもかなり増えて来ていますが、このような方々の場合は長期的な計量のデータ集積を重視しない傾向にあります。

しかし、事業目的であるか否かを問わず、結局はユーザーが電力コストを負担しなければなりませんのでそれをできるだけ少なくすることを考えるべきです。その場しのぎの把握になりやすい計量の記録化は、色々な消費傾向が見えるようになる便利なアイテムとも言えるでしょう。

高圧電力だけでなく、この機会に日頃の消費電力も見直してみせんか?
⇒消費電力を計算してみよう!!誰でも簡単に出来ます

表計算ソフトで長期的にデータを管理する

しかし、その数値をデータ化する前に効率的に進められる方法を確認してみましょう。やはり、今の時代にデータ集積になくてはならないのが表計算ソフトです。データベースソフトと行って誰が使っても比較的使いやすいものでして、数値を毎日入力して行くだけでデータは蓄積して行きます。

手で書いて記録するのも良いですが、基本的に根気良くなければ続けられない方がほとんどです。そこで、パソコンでも少しの使い方だけでも入力できる表計算ソフトであれば、管理もできるだけでなくて数値の比較なども非常に簡単なので各日における電力消費の理由付けも進めやすくなりますね。

同じ季節によっても異なる電力量を分析!

さて、やはり表計算ソフトの使い方は少しでも上手になれるように努力するとして、高圧電力の大きな特徴として季節ごとの消費量の差になります。日ごとの消費量の差も非常に重要ですが、計量の長期管理をするのであれば季節ごとの消費量傾向を分析したいものです。

表計算ソフトであれば数値をグラフ化できることもあって、いつの季節のいつ頃から多くなり少なくなるのかを長期間の傾向として管理できます。相対的に見れば減少傾向になるように、業務効率などを改善することもできるでしょう。

少なくとも、傾向が分からずじまいであればこのような思考回路にはなりえません。表計算ソフトは単に蓄積に有利なだけでなく、色々な分析の切っ掛けも頭の中で構築やすい大きな利便性を持ちます。

高圧電力の計量はスマートメーターが主流に!

合図する女性

さて、今の時代は高圧電力の計量に関する表示の読み方シンプルで苦になりませんが、今はさらに便利になって来ています。それが、スマートメーターとよばれる現在主流の消費電力の管理システムです。

スマートメーターの最大の目的は、消費者と供給側で運営の利害を一致させて電力をより効率的に消費・コントロールすることにあります。つまり、できるだけ人の手を使わずにどれだけ電力消費しているかを把握することが可能な仕組みと言えるでしょう。

検針員による検針が必要ない高い利便性

高圧電力をスマートメーターで管理できることは、言ってみれば検針自体も人が行わなくて良いことを意味しています。

基本的に自動検針を進めるためのサーバーが電力会社などで提携するプロバイダーが設置されていて、それを通してスマートメーターから自動検針を進めて数値を拾い上げる仕組みを有しているからです。

現在このスマートメーターの普及が急速に進んでいまして、高圧電力以外に一般家庭用の電力計量にもかなり利用されているのが実情だと言えます。これにより、電力メーカーや販売側は検針のためのコストを大幅に削減でき、それによって消費者へも安く電力を提供できる好循環を生んでいることでしょう。

メーターを見なくてもリアルタイム表示が可能

まさに検針要らずのスマートメーターですが、これ自体は電力供給側のメリットに近いと言えます。しかし、このスマートメーターの最も賢いところは、電力消費を屋内若しくは敷地内でリアルタイムにモニタリングしてくれることです。

つまり、屋内で端末を見ながら現在どのくらい電気が消費されているかを目で見続けることができる優れモノになります。一般的にEMS機器などと呼ばれるモニター機器になりますが、今どんな電動アイテムに電力がどのくらい消費されているかをそれぞれ監視できるため、長期的にコストに対する危機管理ができるようになっているでしょう。

スマートメーターは消費アイテムの多い高圧電力には欠かすことのできないシステムでして、まさにパソコンやテレビなどを変わりのない日常的に使うシステムとなります。

高圧電力こそ最適な料金プラン選びがとても大切です!

高圧電力は低圧電力に比べ桁違いの電気代がかかるため、電気代をしっかり把握し管理することが大切です。デジタルタイプやスマートメータを使用し、どの時間帯に電気代がかかっているのか確認し、コスト削減に役立てましょう。

また、そういったデータを元に最適な料金プランを選ぶことで、大幅に電気料金削減が出来ます。しかし、自分で全てのプランを調べるのは大変です。

タイナビスイッチなら簡単に全ての料金プランの比較ができ、より節約になる電気料金プランが分かります!こちらからすぐに行なえますのでぜひ一度お試しください。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!