電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

あなたにとって電気以外で生活に最も大切なものはなに?

電気以外で生活に最も大切なもの

今の時代、日常生活する上で電気は必要不可欠な存在になっているのではないでしょうか。夜、停電になってしまうと真っ暗闇で何をするにも不便に感じてしまいますよね。

電気だけでなく突然無くなったり不足したりすると生活に支障をきたして困ってしまうものはたくさんある事でしょう。そこで今回、電気以外で生活をしていく中で最も大切なものは何か、アンケートを取ってみました。

アンケート概要

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2016年06月01日~2016年06月14日
■有効回答数:100サンプル

とりあえず水やお金さえあればなんとかなる?

水です。水がないとトイレが流せないし、手を洗うことも出来ません。飲み物がないとつらいです。(20代/女性/会社員)
水だと思います。飲み水、料理に使う水、洗濯、風呂、トイレなど生活ではかかせないものだと思います。(40代/女性/専業主婦)
水です。お風呂に入るのが好きなので、水不足のときは大変でした。(30代/男性/契約派遣社員)
次に大事なのは私の妻です。妻がいれば電気が無くても水がなくてもどうにかなりそうです。(50代/男性/公務員)
電気と比べるのは、筋違いな気もしますが、一番大切なのは子供です。(50代/男性/無職)
お金が大事、お金がなければ電気代も払えないし水も買えない。子供が熱を出した時も病院に行くお金がなければ見てもらうことができないからお金が大事(30代/女性/専業主婦)

水、妻、子ども、お金といった回答が挙げられました。水が無くなると、ほとんど何もできなくなりお手上げ状態になってしまうと感じている人が多いと言えるようです。逆に最低限水さえあれば、何とか生活できる自信があると思っている人も多いのかもしれません。

家族が最も大切と考えている人もおり、物ではなく身近にいて精神的に支えてくれる人を求めている傾向も少なくない事がうかがえます。特に災害時は一人ではなく誰かがそばにいる事で寂しさを感じなくて済み、ポジティブに物事を考えていけるといった効果もあるのではないでしょうか。

一方、現実的にお金を大切と思っている人もいて、お金のあるなしがそのまま生活に影響してしまうと感じている人もいるようです。お金がある程度あれば精神的にもゆとりが持てるのかもしれませんね。

物だけでなく人の大切さも感じている!

アンケート結果をみると、水やお金といった回答が多く見受けられる事が分かる結果となりました。これらが無いと何もできなくなり八方ふさがりになって、本当に困ってしまうという事が言えるようです。

逆に水やお金があればとりあえずなんとかなるのではないかと感じている人も多いのかもしれません。一方、妻や子供など家族を挙げている回答もあり、ものではなく精神的な支えも求めている傾向もある事がうかがえました。

災害時も非常に大切な事かもしれません。この機会に一度災害時に備えて何が生活する上で大切なのか考えてみるのもいいかもしれませんね。

大切な電気を節約し、さらに料金プラン見直しで電気代削減

災害時の停電などにより停電して電気が使えないのは非常に不便です。安定して電気が使えるということはとてもありがたいことです。また、いつもどおり電気が使える時には少しでも電気代の節約がしたいという方も多いと思います。

そんな方は一度電気料金プランの見直しをしてみるのがおすすめです。電力会社切り替えは1分で出来て、大幅な電気代の節約ができることもあります。

タイナビスイッチでは業界精度No.1を自負する電気料金シュミレーションが受けられます。すぐに簡単にできてしまいますので、こちらからぜひお試しください。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
プロパンガス会社を変更してガス代を約30%節約しよう!
ガス自由化スタート
セット割・特徴からプランを探す
電力業界(電気工事士・電気主任技術者)の転職求人ネットワーク
家庭・家計の節約術の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
あなたのおうちにぴったりの電力・ガス会社は?