電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

多少の負担をかけても再生可能エネルギーで自給自足するべき?

再生可能エネルギー

日本はエネルギー資源の少ない国です。しかし、企業努力により電力だけは再生可能エネルギーとして自給自足できる可能性があります。

日本では、電力の自給自足を目指すべきなのでしょうか。電力を自給自足するためには、オール電化住宅を増やすなど一般の人々の協力も必要になってきそうです。

世間の人たちはどのように考えているのか知るために100人を対象にアンケートを取ってみました。

アンケート概要

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2016年06月01日~2016年06月14日
■質問:多少の負担をかけても再生可能エネルギーで日本は電気を自給自足した方がいいと思う?

“多少の負担をかけても再生可能エネルギーで日本は電気を自給自足した方がいいと思う?”
思う 39人
負担の重さによる 53人
思わない 8人

どのくらい個人に負担がかかるのかを知ってから考えたい!

アンケートの結果、「負担の重さによる」と回答した人が最も多いことがわかりました。

あまりお金のかかることは困ります・・・。電気代がこれ以上上がらないことを祈ります。(40代/女性/パートアルバイト)
近年、ソーラー発電が急増しているので、電力の自給自足率は上昇傾向にありますが、設備や工事費等の負担が多いので、時と場合によります。(40代/男性/会社員)
自己負担はキツイ。しかし、電気がないとインターネットを使って仕事ができないので妥協するかも。(50代/女性/自由業・フリーランス)

電力の自給自足はいいことであるとは思うが、個人への負担があまりにも大きいと困るという意見が多くあげられています。
例えば、家庭の電力を自己発電でまかなう、オール電化住宅は太陽光パネルなどを設置しなければならず、膨大な初期投資費がかかりますし、公的機関の電力設備が大掛かりになると、各家庭への電気料金の負担が大きくなることでしょう。

あまり個人的な経済的負担が大きくなるようであれば、無理して自給自足することもないという気持ちが伺えます。電力の自給自足はいいことですが、自己負担額が大きくなるのは厳しいというのが正直な国民の気持ちのようです。

島国で災害の多い国だからこそ自給自足すべき

アンケートの結果を参照すると、無条件で自給自足した方が良いと回答した人が約4割で2番目に多いことがわかりました。次いで思わないと回答した人が続いています。

初期投資はかなりかかると思うが、できる事なら災害に左右されない為にも自給自足した方がよいと思う。(30代/女性/専業主婦)
日本独自で生きていける方法をできるだけ持っておく方がいいからです。(30代/男性/自由業・フリーランス)
理想としてはその通りだが、コスト面で非常に難しいと思うから。それが解決できればすべきと思う。(30代/男性/パートアルバイト)

みなさんの回答から、日本が資源が少ない国であることを自覚している人も多いようです。「ほとんどの資源をお金に物をいわせて購入している」という意見の方もいらっしゃいました。

特に日本は島国であることもあり、隣の国からエネルギーを購入するのも大変なことで、お金がかかるのもうなずけます。しかし、エネルギーを自給自足してエネルギー購入資金を他のもっと国民の生活が豊かになる使い方に充填するという方法もあるのではないでしょうか。
電力自由化になり発電方法も選択出来る世の中になりつつあります。

⇒折角の電力自由化!!再生可能エネルギーを選択したい!!

また、日本は火山大国であったり、台風が多かったりなど自然災害も多い国です。そんな国だからこそ日本独自の力で生きていける国であるべきだ、という考え方もあります。少数意見の、自給自足反対派の方は、コスト面で無理であろうという意見が多いようでした。

理想は自給自足!実現可能かどうかはお金次第

基本的には、日本は電気だけでもエネルギーの自給自足を行った方が良いと考えている人が多いことがわかりました。しかし、実現可能かどうかは、お金次第のようです。税金だけでまかなえれば良いのですが、実際のところ各家庭への太陽光パネルの設置などの初期投入費用や、毎月の電気料金の値上がりなど、個人への負担として大きく跳ね返ってきそうだと考えている方が多いようでした。

4月から
電力自由化

が始まり、電力会社を自由に選択することが可能となりました。まずは、ご自身の電気の使用状況を踏まえて、自分に合った電力会社をしっかり比較して選ぶことが、電力会社各社の競争力意識にもつながります。

そうした中で各社特色を出すために、再生可能エネルギー主体の電力をお手軽な価格で利用することができる電力会社も近い将来出てくるかもしれません。今後の電力市場の成長のためにも、ご自身の電力会社を今一度再検討してみてはいかがでしょうか。


⇒タイナビスイッチで簡単診断はこちら

再生可能エネルギーの導入コストが気になるなら、エコ重視の新電力もおすすめ

やはり、再生可能エネルギーは理想的ですがコストが気になるという回答が多いようです。しかし電力自由化が始まり、エコに着眼した料金プランを提供する電力会社も増えています。

また、電気代節約の点からも様々な料金プランの比較をしてみることはおすすめです!電力会社の切り替えで月4,500円も節約できるケースもあります。

タイナビスイッチなら簡単に電気料金プランの比較ができます。気になる方はぜひタイナビスイッチで電気料金シュミレーションをしてみましょう。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!