電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

電気代がまた値上がり!?それでも節電ができますか?

電気代が値上がり

暑い夏が本番を迎えようとしているこの時期は、毎月の電気代が気になるところですね。もちろん誰もが何かしらの節電に取り組んでいるのが現状でしょう。

ところが値上がりし続ける電気代を考えるとさらなる対策が必要となってくるかもしれません。今回のアンケートでは、節電の方法を問わず、電気代が値上がりする場合に引き続き節電をするかを尋ねてみました。

アンケート概要

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2016年06月01日~2016年06月14日
■質問:今後も電気代が値上がりし続ける場合節電に取り組む?

“今後も電気代が値上がりし続ける場合節電に取り組む?”
既に取り組んでいる 45人
取り組む 43人
変わらない 10人
取り組まない 2人

既に節電を実施中!値上げは関係なし!?

アンケートで最も多い回答となったのは、節電は「既に取り組んでいる」という意見でした。

必要ないコンセントはこまめに抜いたり、炊飯器のご飯は保温にせず、すぐに冷凍して、電源を切るなど、小さなことですが、毎日取り組んでいます。(30代/女性/専業主婦)
太陽光発電を設置していて、なるべく多く売電したいので普段から節電を心がけているから。(40代/女性/専業主婦)
生活防衛として、当然取組むべきだし、既にそうしています。無尽蔵に低コストで得られる電力が存在しない限り、そうした発想にならざるを得ません。(50代/男性/会社員)
311の地震の時から自然と節電する習慣がついてしまい無駄な電気は消す、使わないようにしています。 できれば値上がりではなく値下がって欲しいです。(30代/女性/専業主婦)

コンセントを小まめに抜いたりする比較的小さな節電から、太陽光発電を設置するなど大掛かりな節電方法まで、皆さん何かしらの節電を行っている様子です。

コメントでもあった通り、無料ではないゆえに不必要な経費はなるべく抑えるのが当たり前ですね。この姿勢は電気代が今後も値上がりしようと、値下がりしようと変わらないのかもしれません。

⇒電気料金の費用構成・内訳

とくに東日本大震災以降は、節電するのが良い習慣として認識されていることからも日本人の節電は簡単には終わりそうにないですね。

節電に終わりなし?それとも最終手段!?

2番目に多かったのは節電に「取り組む」という回答でした。続いて「変わらない」、「取り組まない」という順になりました。

家庭での節電には限界があるし、金額としたらきっと大した違いはないと思う。 でも、無駄遣いをしないように気を付ける習慣が身に付くのならやったほうが自分のためになると思うから。(40代/女性/自由業・フリーランス)
毎月使うものなので、少額でも積み重なると大きな額になるので。(40代/男性/自営業(個人事業主))
今の生活レベルを下げられない。夏冬のエアコンだけは必須料金。(40代/男性/公務員)
これ以上の節電はできない。それよりも電気の契約先の変更を考える。(50代/女性/専業主婦)

電気代が値上がりすれば節電に取り組むという人も半数近くいました。既に節電に取り組んでいる人と同じように、節電に対する高い意識が感じられます。

値上げになれば、その分だけ節電を行って電気代を抑えることができます。毎月の出費は家計費に大きく関わるので値上がりは見過ごすことが出来ないのでしょう。また「変わらない」と答えた人は、必要な経費として割り切っている印象です。

⇒電力会社を切り替えるメリット・デメリット

あまりに生活レベルを落としてしまうと、体調を壊すなどして余計な出費がかさむことにもなりかねません。最後に「取り組まない」と答えた人ですが、これ以上の値上げになれば電気の契約先を変えるという方法でした。これも節電と言えるのかもしれません。

高い節電意識は、家計に優しく環境保全にも繋がる!!

アンケート調査を見ると回答者の殆どが、節電を既にしているか、今後値上がりするならさらに節電をすると答えました。昨今の値上がり傾向を受けて、大抵の方は対策を講じて家計費を抑えるように努めているようです。

ところがコメントを見ていくと、必ずしも節電によって経費を抑えることを目的としている訳ではなく、あくまでも習慣として節電を行っている人も多いことが分かりました。限りある資源のため、大事に使うという意識がかなり浸透しているのでしょう。

大震災や計画停電などを経験して、電気を大切にするという意識や習慣が根付いたのは嬉しいことですね。節電をするなら家計に優しくでき、環境保全にも貢献できるといえそうです。

節電だけでなく、電力会社の切り替えでさらに電気代の節約ができます

アンケートの結果節電に取り組んでいる方は非常に多く、習慣になっているということが分かりました。節電はエコになるだけでなく節約にもなり一石二鳥ですね。

しかし、日々の節約だけでは大幅な電気代の節約とは行かないことも多いかと思います。もっと簡単に電気代の節約ができるとしたらしてみませんか?電力会社の切り替えで月々の電気代が大幅に節約できるかもしれません。

気になる方はぜひタイナビスイッチで電気料金シュミレーションをしてみてください!簡単にすぐ料金プランの比較ができます。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!