電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

関西電力が電気代を再び値上げ!気になる理由と今後の行方

2013年に続き、関西電力の電気代が再度値上がりしています。どうして2015年の間に2度も電気代が高くなったのでしょう?冬の暖房費を直撃する、関西電力の値上げについて解説します。

関西電力がまた値上げ!夏の軽減措置期間が終了

関西電力の電気代8.36%値上げが経済産業省によって認可された後、6月〜9月までの間は緩和措置が取られており消費者の急激な負担増を軽減してきました。この間の値上げ幅は 4.62%に抑えられていましたが、軽減措置が終了した9月以降は値上げ幅8.36%の電気料金単価が適用されます。

値上げ幅の制限が無くなったことで本来の値上げ幅になっただけなのですが、消費者から見れば1年の間に2度も電気代を値上げされたように感じてしまいますね。

再値上げの理由は原子力発電停止による発電コスト増と経営難

震災後に稼働を停止されていた原子力プラントは、2015年中にも復帰することはありませんでした。原子力による発電比率が大きい関西電力は、発電コスト増を理由として平成25年に電気代値上げを行っています。当時の計画よりも原子力発電所の再稼働までが長期化したため、電気事業の赤字が膨らみ続けたとのことです。

秋よりも冬の電気代に注意

関西電力と契約する家庭の電気代平均を分析すると、電力が多く消費される期間は夏の7〜9月、冬の12月〜3月となっています。夏の電気代は軽減措置により負担が抑えられてきましたが、暖房による電力消費に値上げの影響が直撃してしまいます。夏の値上げで大きな値上げがなかったと油断せず、冬の節電を積極的に行うことが推奨されます。

2016年の原発再稼動で電気料金値下げを目指す

関西電力が電気代値上げに踏み切った理由は、停止中の高浜原発3・4号機です。再稼働差し止めの仮処分が取り消されたことで、関西電力は一日も早い原発の再稼働電気料金の早期引き下げを目指すとしています。再稼働の予定は3号機が2016年の1月下旬、4号機が2月下旬とのことですが、電力自由化が間近に迫った今、顧客流出を危惧する関西電力がどのくらい電気代を引き下げられるかに注目です。

トップ画像参照元:https://www.flickr.com/photos/martytr88/16362308695/

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!