電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

良いプロパンガス会社を選ぶ方法とは?

プロパンガス

プロパンガスは比較的簡単に設置できるタイプのガスです。現在日本のガス供給は、このプロパンガスと都市ガスの2タイプが存在していますが、地域によって導入できるもしくは導入しなければならないガスが異なって来ます。

つまり、お住まいのエリアによっては都市ガスを利用できないこともあって、この場合はプロパンガスを利用しなければなりません。ただ、今まで都市ガスを利用されてきた方がいきなりプロパンガスを利用することについて戸惑われるケースも多々あって、実際移住した先でどのプロパンガス会社を選ぶかは非常に難しい問題でもあります。

移住された先では、何も言わなければ自動的に特定のプロパンガス会社と契約することになるケースもあって、時としてトラブルの元にもなって行きます。

ここでは少しでもプロパンガスをより便利にリーズナブルに利用するために都市ガスとの性質との違いや導入に注意すべき点、利用すべきプロパンガス会社の選び方や基準についてご紹介して行きましょう。

良いプロパンガス会社を選ぶには意外に業者が少ない!

東京ガスの電気プラン

地方に行けばプロパンガスの業者は多くいるはずだから、その中から満足できる費用の安い業者はすぐ見つかるって言う方もいるでしょう。確かにエリアによってはそれも事実ですが、最近はその傾向に若干変化が見られるようになりました。

それは、プロパンガス会社がエリアによっては減少しているところもあると言うことです。最近は経営環境が非常に厳しくなっている業者も多く、長年そのエリアで頑張ってきた業者が様々な要因にて経営的な打撃を受けています。

プロパンガス料金がさらに高くなるリスクも!

その理由の大きなものの1つに、都市ガスが普及していると言うことがあるでしょう。どんなに地形的に複雑な地方であっても、インフラ技術が進めば本来不可能であったエリアでも都市ガスの参入が可能となります。

都市ガスの参入が進めばプロパンガス会社は価格的に不利に追い込まれますので、相対的な業者数は減少して行くことが避けられません。この場合にプロパンガス会社の多くは非常に広いエリアで業務展開していることもあって、特定の業者が倒産すれば様々なエリアでプロパンガス供給が困難になるケースも出て来るでしょう。

また、仮にプロパンガスの供給を幸い他の会社で代替できたとしても、従来利用して来た業者に比べてさらに割高になることも大いに考えられるのです。

このようにプロパンガス会社の減少は都市ガスとのサービス競争と大きく密接していますが、最終的に都市ガスの恩恵を受けられないエリアの住民はプロパンガス会社の減少によって価格的な悪影響を受けやすくなります。

良いプロパンガス会社を選ぶ前に注意すべきポイント

東京ガスの電気プラン

さて、これまでの経緯でプロパンガスを効率良く利用するために、良いプロパンガス会社を選ぶべきなのはご理解できたことでしょう。しかし、数ある業者の中から自分に合ったところを選ぶには面倒でも1つ1つ見極めなければなりません。

実はプロパンガス会社を選ぶ際には注意すべき点も多く、特にその場合は一見すると見えない部分も意外に存在します。プロパンガス会社が意外に教えないポイントを解説して行きましょう。

プロパンガスは契約者によって単価が大きく異なる!

プロパンガスの供給も所詮は利益主義ですので、より多く高く供給した方が良いに決まっています。それは都市ガスでも同じことが言えますが、プロパンガスの場合は少々事情が異なっているのです。

それが、契約者によってガスの消費販売単価が異なることが挙げられます。一般的な日用品などの商材になりますと契約者によって上代が異なることは頻繁にありますが、ガスのような極めて公共性の高いサービスではやはり規制されるべきでしょう。

しかし、実際のところプロパンガス会社の費用体系はかなり不合理なことも多く、たとえ同じエリアであってもお隣さんとは支払う額が異なることも十分にあり得る訳です。

もちろん、このような業者ばかりではありませんが、複数のエリアでサービスを展開する業者になると消費者側も知る由がないことも多くなります。

都市ガスと使って来た方にとっては寝耳に水ですが、プロパンガスの協会などが推奨する業者を極力利用すれば単価が大きく異なると言うこともかなり少なくなるでしょう。

賃貸の場合はアパートにガス単価を確認する!

プロパンガスを利用する機会が非常に多くなる住居形態として、賃貸物件を中心とした集合住宅と言えるでしょう。それは賃貸住宅の場合は賃貸経営側にとって、都市ガスを導入するよりもプロパンガスで供給対応した方がより安く初期費用を管理できるからです。

また、先述のようにプロパンガスの使用単価は契約者によって大きく異なることが多いことを考慮すれば、賃貸物件もそれぞれ単価が大きく異なることを知らなければなりません。

そのため、これから賃貸契約を進める方はプロパンガスの単価を管理者に確認しておくことが重要です。なぜなら、管理者が賃貸物件にガスを無料導入できた代わりに、プロパンガス単価に費用転嫁されることも非常に多いからになります。

これによって、家賃が非常に安い物件を見つけた場合は、物件を見る段階で管理者にプロパンガス単価を訊いておくことは必須なのです。これに管理者が応じないのであれば、導入しているプロパンガス会社は良いとは言えないでしょう。

プロパンガスを導入する際に発生する意外な費用!

東京ガスの電気プラン

プロパンガスを利用して行くと、通常のガス代の支払いとは別に意外な費用を徴収して来ることもあります。基本的にガスサービスは毎月のガス代だけで運営されるべきなので、別費用の設定は極めて不合理だと言わざるを得ません。

ここでは多くの方の経験則に基づいた意外な費用の紹介を行い、その防止策や対応策を見て行くことにしましょう。

プロパンガスと都市ガスとの大きな違い!

東京ガスの電気プラン

2017年4月からガス自由化がスタートする事から、初めてご自宅のガスについて意識されたり確認される方も多いと思います。

ガス自由化のメリットとデメリットについてもこちらの記事で解説していますのでご確認下さい。
「ガス自由化」のメリットとデメリットには何がある?

初めて使われることも多いプロパンガス。しかし、今まで都市ガスを利用されて来た方にとっては同じような存在にも思えます。

それでも、この2つにはシンプルな違いがあって、プロパンはガスボンベからの使用販売・都市ガスは大量生産ガされたガスからの使用販売サービスとなるでしょう。

この他にもこの2つには大きな違いが存在し、ここではそれらの違いによってどう消費者に影響するのかをチェックして行きます。

プロパンガス会社が郊外都市に多く存在!

プロパンガスは基本的に都市部周辺の郊外エリアにサービスが集中していまして、その存在意義は都市ガスの行き渡らないエリアにおけるガスインフラの補完を担っています。

基本的に都市ガスの整備は長期の整備計画が求められまして、その供用人口も考慮すれば都市ガスそのものを整備する必要がない判断されるエリアも存在することでしょう。

プロパンガス・都市ガス問わずに基本的に民間会社による供給になりますが、大量消費において採算基準までの消費が期待できないエリアの場合は大企業である都市ガスの多くは参入に躊躇する訳です。

ここにプロパンガスの存在意義がありまして、地形の複雑な日本列島においてはどんなにインフラが発達しても一定水準のニーズがあります。

それでも、エリアによってはプロパンガス・都市ガスがどっちもサービス提供されるエリアもあって、この場合はそのほとんどの住民が都市ガスを選ぶことになるでしょう。

プロパンガスは毎月の費用が割高!

しかし、なぜプロパンガス・都市ガスが混在するエリアでは都市ガスが選ばれるのかと言うと、それは圧倒的なコストパフォーマンを持つからです。つまり、長期使用をして行くと都市ガスの方が圧倒的に割安となるからです。

いわばここがプロパンガスと都市ガスの大きな違いでして、それまで都市ガスを利用されていなかった方がプロパンガスの割高に非常に驚くことも少なくありません。この毎月における費用の大きな差は、上述のようにガスボンベ・大量生産ガスからの使用の差に大きく関わっています。

ガスボンベは同じガスでもリテール化しするために人件費が多く掛かったガスなので、それからの使用は都市ガスと比較した場合に使用単価が当然高くなって行くでしょう。

そのため、プロパンガスしか使えないエリアに居住された方は、最初の段階からプロパンガス会社を徹底的に選んで割高な中からもさらにお得な会社を選ぶ必要が出て来る訳です。

都市ガスへの切り替え時に一時金の支払いが必要な時も!

地方でも郊外になれば、本来農村地帯だったところでも時代の流れとともに再開発が進んで行きます。これによって、プロパンガスの専用エリアであってところでも、次第に都市ガスが利用できる状態になって行くことでしょう。

しかし、長年に渡ってガス供給を進めてきたプロパンガス会社にとってはあまり良い状況ではなく、業者にとっては解約の際に【解約金】のような性質のものを徴収するところもあります。

このような業者が以前と比べると大きく減少したとされますが、エリアによっては常態化していたところも存在していたでしょう。現在は地元の人間だけでなく県外出身者も地方に移住するケースが増えましたので、解約時の費用発生なども明確にしていることが多くてこのような費用が発生することは極めて稀です。

それでも、一部の業者は未だに潜在的に解約金名目で一時金を徴収することもあり、プロパンガスの協会ではこの予防措置として解約時にもスムーズに進められる業者の斡旋も行っています。

急に値上げを行う格安のプロパンガス会社に注意!

ただでさえ割高なプロパンガスの使用単価は低ければ低いに越したことはありません。現在プロパンガスの業界は競争激化の様を呈しております。よって、近年は同一エリア内でも価格競争に勝つために非常に安いガス単価を設定しているところもあるでしょう。

特に新居に引越してガスも全く引いていない状況では、都市ガスがない限りは逸早くプロパンガス会社を選ばなければなりません。しかし、この場合には著しく低い単価を設定している業者は大変危険です。

基本的にプロパンガスの原価は大きく変わらないので、著しく安い単価設定は後々の急な値上げが大きく予想されます。つまり、その価格で長期的に運営しては明らかに経営が成り立たないからに他なりません。

よって、最初の段階で業者を大まかに選定するには、プロパンガス協会にこのような業者を省いてもらって良い会社の推薦を受けるようにしてください。協会側も、急に値上げをする業者を良い会社とは判断していませんので非常に安心と言えます。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!