電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

電力自由化で電気代が安くなる仕組みとは?

電力小売り自由化がいよいよ始まったことで、多くの人が高額な電気代を新電力の会社に変更して安くしたいと思っているでしょう。でも、どうして電気料金が新電力会社に変更すると安くなるのか分からないのではないでしょうか。

自分の家の電気代が高額であるのは基本料金が高めになっていたからではないかと疑っている人も中にはいるのではないでしょうか。でも、自分で電気を使い過ぎたために、自分の家の電気代が高額になっている場合も想定されます。

電力小売り自由化で安く電気代がなりますが、ほとんどの人はこの仕組みが分からないかもしれません。ここでは、電気代が電力小売り自由化によって新電力会社に変更することで、どうして安くなるのかについて見てみましょう。

 

新電力会社とは

“考える女性”

新電力会社とはどのようなものでしょうか?電力小売り自由化で多くの人が改めて自分の家の電気代を見直しするでしょう。従来は電気の契約を住んでいるところの電力会社の大手とすることになっていました。

でも、電力小売り自由化によって新電力の会社が新しく電力業界に参入したことで、電力会社を選択することが可能になりました。いろいろな利点が電力小売り自由化になるとありますが、この中でも安く電気代がなることが特に着目されています。

電気は人々が生活するためには必要なものであるため、電気代を基本的には誰もが毎月支払うようになっています。でも、今までとは異なって、電力小売り自由化で安い電気代の電力会社を選択することができるようになりました。

では、基本的に新電力の会社とはどのようなものでしょうか?新電力の会社とはどのようなところが従来の電力会社の大手とは違って新しいのでしょうか?

新電力の会社は最近テレビや新聞のCMなどでもソフトバンク電気やauでんきなどというように、新しく電力業界に参入してきたところのことです。ソフトバンク電気やauでんきなどの有名な会社以外に、新電力の会社としては知らないような会社でも参入しています。というのは、やはり、電力小売り自由化は、多くの会社にとって魅力があるということでしょう。

従来は、どこの家庭でも住んでいるところの電力会社の大手を使用していました。例えば、東北電力を東北地方に住んでいる人は使用したり、中部電力を中部地方に住んでいる人は使用したり、中国電力を中国地方に住んでいる人は使用したりする、などのように電力会社の大手がそれぞれのエリアにあり、電気の契約をそれぞれの住んでいるところにある電力会社の大手と結んでいました。

簡単に言うと、新電力の会社とは、従来のこのような電力会社の大手以外に新しく電力業界に参入する電力会社のことを言います。なお、PPSと新電力の会社は呼ばれる場合もあります。

新電力の会社は、50kw以上の契約電力がある利用者に対して、電力を送電線の一般電気事業者が持っているものを通して供給する特定規模電気事業者のことを言います。従来は、電気の契約を住んでいるところの電力会社の大手とせざるを得ませんでした。でも、新電力の会社という選択肢の新しいものが、電力小売り自由化で出てきました。

どうして新電力会社は安く電気代がなるのか

“値下げイメージ画像”

従来は、名古屋に住んでいる人は中部電力を使用していましたが、今からは多くの新電力の会社が電力業界に参入してくるため自由に電力会社を選択してもいいことになります。そのため、中部の電力会社を中国に住んでいる人が利用することも可能です。

どんどん新電力の会社が現在でも新しく電力業界に参入して、これに伴ってどんどん新しい電気料金プランも出ています。今からも同様の流れは続くと想定されます。

電気料金プランとしてはいろいろなものがあり、一人で住んでいる場合にはあるプランは適すが、家族で住んでいる場合には適さない、または別のプランは会社の事務所の場合には使用できるが、普通の世帯の場合には使用できない、などの状況が起きてきます。

新電力の会社に変更すると、普通の世帯の電気料金の場合でも違ってくるのが分からない人もいるかもしれません。同じ電気ですが、どうして新電力の会社に変更すると安くなるのでしょうか?

ここでは、新電力の会社に変更すると安く電気代がなる仕組みを見てみましょう。まず、ほとんどの人が使用する電気料金プランの電力会社の大手のものについて見てみましょう。

電力会社の大手は、電気料金プランを電力がピークになる時をベースに基本的にしています。ベースを電力がピークになる時にするため、電気料金が高くなるのも分かります。従来は競争相手が電力会社の大手の場合はいませんでした。

そのため、電気料金についても強気に電気を利用している人に対してなれるところがありました。というのは、電気を利用している人としても、電気料金が高くても電力会社の大手を使用するしか方法が無かったのです。

発電する際にはコストがいろいろかかりますが、現行の電力会社の大手の料金制度においては、このコストを電気料金としてそのまま電気を利用する人に負担させることができています。

電力会社の大手にとっては、競争相手がいないため希望するような電気料金の設定ができたとも言えるでしょう。でも、新電力の会社が新しく電力業界に参入することで状況は従来とは違ってきました。

新電力の会社は、電力会社の大手にとっては競争相手になります。しかも、電気を利用する人にとってメリットがあるのは、新電力の会社は従来の電力会社の大手とは違った料金プランを採用していることです。

従来の電力会社の大手の基本料金は、電力がピークになる際のものをベースにしていました。そのため、電気を利用する人の負担が電気料金の基本料金において大きくなっていたのです。一方、新電力の会社の場合は、電力会社の大手より安く基本料金をすることで電気を利用する人の負担が少なくなっているのです。

電力会社の大手の場合も、一般の会社と同じように多く誕生している新電力の会社と価格競争が起きます。そのため、今後はどんどん電気料金が安くなってくるのは間違いないでしょう。

新電力の会社の場合には、電力を入手するいろいろなタイプがあります。余った電力を買って供給するタイプ、電気を別の会社の発電所から調達するタイプ、発電を自分の会社で行って供給するタイプ、安い電力を電力のマーケットから調達するタイプがあります。

電力を入手するルートは、それぞれの新電力の会社で違ってきますが、電力をこのようなタイプで入手して供給することで、リーズナブルに電力そのものを提供することができるようになっています。このため、発電するタイプが違っているため安く電気料金がなることもあるのです。

発電するタイプがいろいろあると、新電力の会社がきちんとした電気のレベルのものを供給することができるか心配になるのではないでしょうか。では、新電力の会社の電気のレベルは問題ないのでしょうか?

このように安い電気料金になれば、デメリットが何かあるのではないかと疑うでしょう。電力小売り自由化で安く電気料金がなった場合でも、電力のレベル自体が低下することはありません。基本的に、これまで使用していた電気が安い料金になるのみです。

全ての家が安く電気代がなるとは限らない

“ちょっと待った

このように電気の停電とか供給とかの問題は無くて、新電力の会社に単に変更すると電気代料金が安くなります。そのため、新電力の会社に変更すると、誰もが安く電気料金がなってメリットがあるので、すぐに新電力の会社に変更するでしょう。

でも、電力小売り自由化で新電力の会社に変更しても、誰もが安く電気料金がなるということではありません。というのは、今まで多くの電気を使っていた場合には、新電力の会社に変更することで安く電気料金がなる可能性が大きいというのみで、誰でも該当するものではありません。

電力会社の大手がピークになる際の電力をベースにして電気料金プランを決めている話については先にご紹介しましたが、電気を多く使っている場合は当然ですがピークになる際の電気料金も高くなるため高い電気代になります。新電力の会社にこれを変更すると、ベースも変わって安く基本料金からなるので、安く電気代がなるということです。

でも、電気をもともとそこまで使っていなかった場合は、新電力の会社でも、電力会社の大手でも違わない可能性があります。逆に、電気料金が新電力の会社に変更することで高くなる場合もあります。

電力小売り自由化で誰もが必ずしも安く電気代がなるとは限らないことを把握しておきましょう。基本的に、一人で暮らしている場合には、電気をそれほど使用している人はいないため、ほとんど電力小売り自由化でも違わなかったり、かえって損になったりします。

では、電力小売り自由化は、一人で暮らしている場合には必要ないのでしょうか?一人で暮らしている場合でも、auの携帯電話を使用している場合には、携帯電話の料金と合わせてauでんきのプランで、安い電気料金になる場合もあります。なお、詳しい内容については、ネットなどでも紹介されているため確認してみましょう。

では、自分の家の場合に、新電力の会社に変更するかどうかを決めるためには調べる必要があるのでしょうか?やはり、自分のライフスタイルに応じて、新電力の会社に変更するかどうかを決める必要があります。

そのため、今からはさまざまな新電力の会社を比べて、自分の家に適したところがあると、問い合わせてみたり、見積もりを入手したりしましょう。

電気を使う量が多くない人の切り離しがある

“驚く女性”

従来の電力会社の大手の電気料金プランは、電気料金の基本料金が多く電気を使用するほど高くなる料金モデルになっています。そのため、別の業界の料金モデルのように、一般的に使用するほど安くなるものとは非常に違っています。

この電気料金の料金モデルから考えると、多く電気を使用する人は従来の電力会社の大手にとっては利益率の高い儲かるものであり、別の電力会社に絶対に乗り換えされたくないでしょう。

それぞれの電気を利用する人にかかる営業費用はほとんど同じであるため、基本的に電気を使う量が多くない、例えば、太陽光発電を設置している人や一人暮らしをしている人等から出てくる儲けはほとんどないか、あるいは電気を赤字で供給しているケースが想定されます。

このようなことから考慮すると、多く電気を使う人に対しては電気の契約を引き続き維持してもらう電気料金プランのお得なものを用意する一方で、電気をあまり使わない人に対してはあえて変更プランを用意しないで、どこかの新電力の会社に変更してもらうことによって、電力会社トータルの収益性・利益率を上げる狙いがあるのかもしれません。

新電力会社のプランを慎重に選ぶ

“真剣に選ぶ男性”

電力小売り自由化の仕組みとは、電気を使う量が多くない利用者を新電力の会社が自分の会社のサービスとセットで獲得していくことかもしれません。電力小売り自由化の仕組みはどのようになっているか、それぞれの新電力の会社がこのような電気料金プランをどうして出しているかを十分に把握することが必要です。

これから、電力小売り自由化で従来の電力会社の大手と新電力の会社で、より価格競争が厳しくなるでしょうが、全ての新電力の会社が自分の会社のサービスを上手くこの電力小売り自由化を活かして発展できるでしょう。

でも、新電力の会社を利用する人については心配です。

新電力の会社を利用する人が、電気料金プランのみで選択するのは非常にリスクがあります。それぞれの新電力の会社は、電気を利用する人から儲けを別のスタイルで獲得する仕組みを考えています。そのため、電気を利用する人にとってメリットが本当にあるものか慎重に見極めしましょう。

まとめ

“まとめ②”

電力小売り自由化でどうして安く電気代がなるか、仕組みについて把握することが必要です。全ての家が安く電気代がなるのではないため、新電力の会社のプランを慎重に選ぶことが必要です。

新電力会社に切り替えてお得な生活を実現しよう

このように、新電力は大手の電力会社と異なり、電気代が安く抑えられるという消費者にとって大きなメリットがあります。しかし、全ての家で安くなるわけではありません。また大手電力会社の中でも料金プランの変更で大幅に電気代が安くなることもあります。

実際、我が家ではどうなんだろう?と気になった方は、ぜひ一度タイナビスイッチで電気料金シュミレーションをしてみましょう!簡単な入力で一括で様々な料金プランの比較ができます。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!