電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

今後の太陽光は自家消費がおトク! AI蓄電池に向けた格安電気料金プランをLooopが提供

太陽光発電システムのLooopが発表した電気料金プランは、これから太陽光発電を開始する家庭や、近いうちにFIT買取期間が終了する家庭にとって最適なものとなりました。Looopが販売を開始した蓄電池「Looopでんち」と、同蓄電池を利用する方のみが使える電気料金プラン「Looopでんち割」の組み合わせにより節約効果について解説していきます。

太陽光発電の自家消費で得するには蓄電池が必須

電気を売って得する太陽光発電は、将来的に自家消費で光熱費を低減する使い方に変わります。

2009年に始まった太陽光発電の買取制度と同時期に稼働した住宅用太陽光の買取期間が終了間近になり、2019年以降の売電単価や買取契約の先行きが不安視されていますが今後は売電収入による利益ではなく、発電した電気の自家消費で光熱費を削減するのが主流になります。

  • 売電単価>買電単価の場合→発電した電気を使わずに売るほうが得
  • 売電単価<買電単価の場合→発電した電気を売らずに使うほうが得

太陽光発電システムで発電した電気は、蓄電池なしでは蓄えられません。高単価での買取期間が終わった太陽光発電で得をするには、電気を効率的に管理する蓄電池が必須となるのです。

ただし、蓄電池はいくつもの課題を抱えており、家庭用での普及はそれほど進んでいないのが現状です。

従来の蓄電池が抱える課題
・本体価格が高い(100万円、200万円以上する製品も)
※本体価格が比較的安いテスラ社製品は補助金対象外
・充電や放電の制御が手動の製品が多く、手軽に有効活用できる設計ではない
・導入費用に対するメリットが薄い

太陽光発電の開発からメンテナンスまでを行う株式会社Looopは2017年3月、蓄電池が抱えるこれらの問題を解決した蓄電池「Looopでんち」を発売しました。

蓄電池の課題を解決する新製品「Looopでんち」

  • 4kWhで89.8万円
  • 10年間無償保証
  • 自治体の補助金対象
  • AI搭載により、充放電、売電、買電を各家庭ごとに最適化
  • ダブル発電(押し上げ効果)にならない
  • サイクル寿命は12,000回以上で20年は使える
  • 安全性が高い国産リン酸鉄リチウムイオン電池
  • 非常時電源として最低限必要な家電などを約3日間ほど使える

NEDOの助成を受け、一般家庭を想定した蓄電池容量は4kWhでも日常生活や非常時において対応できるという実証結果を元に、適正な電池容量による低価格化を実現しました。Looopでんちの本体価格は89.8万円。

Looopでんち
出典:Looop

Looopでんちに搭載されたAIは、家庭の電力需要・太陽光パネルの発電量・天候などを予測し、学習することで電気の売買電と充放電を最適化します。一般的な蓄電池と異なるのは、運転モードの切り替えが全自動で行われること。ユーザーの操作を必要とせず、蓄電池のAIが無駄なく運転モードを制御して電気代を低減できます。

さらに、Looopでんちは全て日本製の製品で構成されており、安全性と信頼性を重視した作りになっています。非常時には冷蔵庫、スマートフォン、LED照明など、複数の家電を合わせて3日間使用できるとし、災害時への備えとしても活用できます。

ただし、太陽光発電を設置していない家庭ではAIによる売電の適正化ができず、上記の経済的メリットは得られません。

最大5円割引! Looopでんち専用プランで買電コスト低減

  • 全国9エリアに対応 ※
  • 最大5円最大業界最安値の電気料金プラン
  • 条件はLooopの蓄電池(Looopでんち)を購入して使うだけ
  • FIT終了後も電気代の節約効果が続く

※沖縄電力エリア、離島はLooopでんきの対象外です。

Looopが電力を小売する新電力Looopでんきは、Looopでんち専用の電気料金プラン「Looopでんち割」を提供。Looopでんきが一般家庭向けに提供する「おうちプラン」に組み合わせるオプションプランの一種で、最大5円/kWhの割引を適用するものです。

5円割引が適用されたときの電気料金プラン 9エリア

Looopでんき+
出典:Looop

たとえば、東京電力エリアの家庭がLooopでんち割を適用すれば、電気料金はおうちプランの東京電力エリア料金から3円値下がりして23円/kWhになります。ソーラー割を加えれば22円/kWh、LooopHome割を加えれば21円/kWhまで電気代が安くなります。

なお、東京電力の太陽光発電(オール電化)向け電気料金プラン「スマートライフプラン」の単価は昼間時間(午前6時〜翌午前6時)25.33円、夜間時間(午前1時〜午前6時)17.46円。従来のオール電化向けプラン「おトクなナイト8・10」は新規加入を終了しています。

Looopでんき+の割引を適用する条件

Looopでんち割 Looopで販売している家庭用蓄電池「Looopでんち」を購入し、稼働することで、従来のLooopでんき きほんプランに対して1kWhにつき3円割引が適用されます。
ソーラー割 関東・関西・中部エリア限定で、売電した電気の卸先をLooopに変えると電気料金が1kWhあたり1円安くなります。売電価格や買取期間は現在のFIT契約から変わりません。太陽光発電システムのメーカーも問われません。
LooopHome割 Looopの太陽光発電システム「NEXTOUGH(ネクスタフ)」を設置している家庭で、電気の卸先をLooopに設定すると、1kWhあたり1円の割引が適用されます。

Looopでんちはどこで買える?

Looopでんきに加入済の方
Looopでんきのマイページから問い合わせできます。

Looopでんきに未加入の方
Looopでんきの申込み時に「Looopでんちの購入も検討する」をチェックすると、見積りなどの依頼ができます。

あるいは、LooopのHPから直接問い合わせて購入できます。Looopでんちが稼働した時点で自動的にLooopでんち割が適用されるため、プランの変更手続きは必要ありません。

九州エリアはLooopでんちを格安で買えるチャンス(40セット限定)

九州エリアでLooopでんき加入(1円割引)+データ提供などの約束の条件を満たす方に限り、最大48万円割引で家庭用蓄電池(AI登載、4kWh、パワコン、通信コントローラが付属)が購入できます。

40セット限定、12月20日までの設置・連系など、早いもの勝ちの貴重なチャンスを見逃さないように、LooopでんきのHPよりお問い合わせください。

※Looopが参加している経済産業省資源エネルギー庁の補助事業であるVPP構築実証事業に基づきます。

問い合わせから購入までの流れ

問い合わせ(無料)→シミュレーション作成・現地調査(無料)→正式見積り(無料)→注文→各地域での補助金の申請(無料)→施工開始(1日〜2日程度)→施工完了・引き渡し→アフターサポート(無料)10年間無償保証、保守・修理は上場企業に委託

地方自治体への補助金申請手続きはLooopが代行するので、ユーザーの手間はかかりません。

自治体の補助金 例:福岡県福岡市 平成29年度

申請受付期間 平成29年5月1日(月)~平成30年1月31日(水)郵送により先着順
※期間内であっても申請が補助枠に達した時点で募集終了
補助内容(複合補助の場合) リチウムイオン蓄電システム:機器費の1/2(上限30万円)
HEMS:機器日野1/3(上限4万円)
住宅用太陽光発電システム:10万円
※HEMSおよび住宅用太陽光発電システムの設置が必須。いずれか一方、あるいは両方が既設でも新設できますが既設システムには補助金は交付されません。

他のエリアでLooopでんちの購入に使える補助金情報については、Looopにお問い合わせください。

蓄電池を買う前でも! Looopでんきの節約金額を無料診断

Looopでんきは太陽光発電のみ設置している家庭もお得になる新電力です。1円お得になるLooopでんき+のソーラー割が加わればさらに買電が安い!

太陽光発電システムの家庭も診断できる、タイナビスイッチの無料シミュレーションをお試しください。

電力会社は選ぶ時代へ!
プロパンガスを30%節約
ガス自由化スタート
電気料金セット割特徴からプランを探す
「電力業界」に特化した転職サポートサービス
家庭・家計の節約術の新着記事
電力自由化の新着記事
電力会社は選ぶ時代へ!
あなたのおうちにぴったりの電力・ガス会社は?