電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

LPガス・プロパンガスのメリットとデメリットを徹底解説!!

LPガス

ガスの価格は地域やガス会社によって変わりますが、ここではLPガス・プロパンガスのおおよその価格相場を紹介したいと思います。
まず基本料金の相場ですが、これは「1890円」で約1900円前後となります。
そして、従量料金の相場は523円で約500円といったところでしょうか。
都市ガスの基本料金の平均は約900円前後、従量料金は約300円前後ですから、LPガスの料金はかなり割高といえます。
しかも紹介した料金はあくまでも市場の相場ですから、これよりも安いところもあれば高いところだってあります。
基本料金は下は1500円から上は高いものですと2600円前後までとLPガスは価格幅も大きいのです。

LPガスの基本料金の内訳は?

LPガスボンベ

ガス料金は、「基本料金と従量料金」の2つの料金で成り立っています。
基本料金には、「ガスメーター、ガス容器、調整器、高圧ホース、ガス供給設備の費用、点検調査、設備維持費、事務手数料」など様々な費用が含まれており、毎月一定額かかります。
基本料金は地域や会社によって異なりますが、上記で紹介した通り相場価格に「±300円前後」で見ていただければ概ね合っています。

正確な料金が分かれば、自宅のガス代と比べて高いのか安いのかを知ることが出来、ガス会社の変更を検討することにも繋がります。
「従量料金」とは「使用したLPガスの使用料に応じてかかる料金」のことです。
基本料金は使用料に応じて高くなっていきますが、従量料金はその逆で使うほど単価は安くなっていきます。
但し従量料金は「LPガスの輸入価格や為替の変動」などに影響されるため、単価は毎月一定になるとは限りません。
ガス料金は基本料金と、使用量に応じて支払う従量料金を合計した金額となります。
つまり「基本料金+従量料金」ということです。
従量料金は「従量単価×ガス使用料」で算出することが出来ます。
ですから「基本料金+従量料金(従量単価×ガス使用量)=1ヶ月のガス料金」と言う事になります。

LPガス料金を実際に計算してみよう

例えば、基本料金1900円、従量単価500円、ガス使用量18立方メートルですと、
1900円+500円×18立方メートル=10900円
1ヶ月のガス代は10900円となります。
ちなみに引っ越しをされる場合は、退去時までのガス料金を日割り計算して支払うこととなります。
基本料金も使用日数に応じて日割りで計算されます。

LPガス(プロパンガス)にするメリットやデメリットは?

主婦節約

上記で計算したように、LPガスは料金がかなり高いことが分かりました。
消費者からすれば料金が高いガスを使いたいとは基本的に思わないもの。
しかし、それでも実際には多くの方がLPガスを使用しています。
それには都市ガスにはない「メリット」がLPガスにあることに他なりません。
では、LPガスにはどんなメリットがあるのか、また逆にデメリットは何なのか見ていきましょう。

LPガスのメリットってどんなもの?

火力

火力が強い

意外と知られていないのですが、実は都市ガスとプロパンガスとでは「火力に違い」があります。
プロパンガスのほうが1立方メートル辺りの熱量が「都市ガスよりも大きく効率が良い」のです。
数字にすると、プロパンガスの1立方メートルあたりのカロリーは約24000kcal、これに対し都市ガスは約12000kcaleその差は約2倍ほどにもなるのです。
ですからお風呂が早く湧くのはプロパンガスですし、火力が重要となる炒めものの料理にはプロパンガスのほうが優れているといえます。
事実、レストランの殆どは都市ガスではなくプロパンガスを導入しています。

汎用性が高い

2つ目に「汎用性が高い」ことが挙げられます。
ガス器具はそのガスに含まれる成分に適したものでなければ使用することが出来ません。
実は都市ガスの場合、地域にによってガスの種類が異なりますので、引っ越しをする時などは、その都度新しいガス器具に買い換えないといけないという問題があります。
これに対しLPガスは日本全国ほぼ共通しているため、ガス器具をいちいち買い換える必要がありません。

復旧が早い

3つ目に「復旧が早い点」です。
大災害が起きた際、その後のライフラインの復旧はかなり重要なものとなります。
電気・水道・電話・ガス等など、どれも一日でも早く復旧してもらいたいものばかりです。
阪神大震災の時一番早く復旧したライフラインが何かご存知でしょうか?
実はプロパンガスなんです。
ガスボンベを設置しちょっと点検するだけで使えるようになる非常にシンプルな仕組みのため、復旧するまでが早いです。
これに対し、都市ガスは地中にガス管が通っているため大災害が起きてしまうと復旧までにかなり時間がかかってしまいます。

初期導入費用の安さ

4つ目に「初期導入費用の安さ」が挙げられます。
都市ガスの場合、地中のガス管から宅内まで取り出しを行なわければいけません。
これには手間と費用がかかり、しかも料金は自腹となります。
場合によってはかなり高額な費用がかかることもあり、その価格は10万円以上になることも。
これに対しプロパンガスは設置費用が殆どかかりません。
ガスボンベを設置するだけで良いわけですから、手間がかかりません。
ガス会社によっては「初期費用ゼロ円」なんてところもあるぐらいです。

LPガスはどんなデメリットが考えられる?

点検

利用料金が高い

LPガスのデメリットとしては、やはり「利用料金が高いこと」です。
実際に都市ガスと比較していただければお分かりのように、同じ使用量でもLPガスは「都市ガスの2倍近くの料金」がかかります。
プロパンガスはガスボンベを交換したり点検を定期的に行う必要があります。
それは全て人の手によって行なわれますので、どうしても人件費がかかってきてしまいます。
そしてその人件費は毎月支払っているガス料金によって賄われているため、料金が高いのです。

更にプロパンガスは業者同士の価格競争が殆ど行なわれないことも料金が高い原因の1つといえます。
LPガスは公共料金と思っている方も多く、値段相応と思われている傾向にありますが実はそうではないのです。
各ガス会社が自由に料金を決めており、ガス会社毎に大きな料金差があるということは知っておいたほうが良いでしょう。
ちなみに都市ガスは公共料金となりますので、ガス会社が値段を自由に決めることは出来ません。

安全性

2つ目のデメリットは「安全性」です。
LPガスも都市ガスも普段使用している分には特に何の問題もありません。
人によってはガスボンベが突然爆発するのでは?と不安に思うかもしれませんが、そのような事故はごく稀であり、通常利用時の安全性は高いです。
しかし、万が一ガス漏れをした時にLPガスは非常に危険です。
と言うのも、プロパンガスは空気よりも重いため室内の床付近に溜まりやすいです。
もしガスが漏れた状態で火を付けてしまえば「大火事になる原因」となってしまいます。

設置場所が必要

最後3つ目に「設置場所が必要」という点です。
都市ガスは地中にガス管があるため場所を取りません。
しかしLPガスはガスボンベを設置するスペースが必要となります。
ガスボンベは意外と大きいですから、家屋の状況によってはかなり邪魔になる可能性があります。

LPガスの料金を下げる方法はあるの?

ガス料金

プロパンガスは「料金が高いのが大きなネック」となります。
だからと言って、都市ガスに変更するというわけにもいきませんから、少しでも安く利用したいと思うところでしょう。
LPガスを少しでも安くするにはどうすれば良いのでしょうか?
既に説明したように、プロパンガスは公共料金ではないため、各ガス会社が料金をある程度自由に決められます。
つまり、ガス料金は会社によって異なり、料金が安いガス会社へ変更すればガス代を安くすることが出来るということになります。
もちろん「ガスを無駄に使わないなど節約する」「省エネ家電に買い替える」といったことも必要かもしれませんが、正直それだけでは限界があり、ガス代を驚くほど安くするということにはつながらないでしょう。

一番の対策は安いガス会社への乗り換え

ガス会社に値下げ交渉をするのはどう?なんて声も聞こえてきそうですが、これはほぼ100%無理と思ってください。
実際に交渉しても応じてくれる会社はまずありません。
ですから、一番確実な値下げの方法は「安いガス会社に変える」ことです。
個人で安いガス会社を探すのは中々手間と労力のいる作業です。
そこでオススメなのが、料金診断やプロパンガス料金の値下げを無料で行ってくれるプロパンガス料金消費者協会です。
ガス会社と消費者の間に入り、今よりも安いガス会社を紹介してくれます。
ガス会社の中には不当な値上げをするところもありますが、そのような会社を紹介してしまえばプロパンガス料金消費者協会に当然クレームが入りますから、そのような会社を紹介することはまずないと思ってよいです。

まとめ

プロパンガスはただ単に高いというイメージを持たれる方も多いですが、利用する上でのメリットもあるエネルギー資源です。
また、料金もガス会社によって異なりますから、今よりもガス代を下げることだって十分に可能です。
まずはプロパンガス料金消費者センターで料金診断を行ない、今よりも安いガス会社がないか調べてみると良いでしょう。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!