電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

プロパンガス料金の計算方法は簡単です!!

プロパンガス

突然ですが、プロパンガスの料金を意識した事はありますか。
今は意識されているので、このページにいらっしゃったと思いますが、今までは意識していなかったという方非常に多いのです。
その料金には大きな損が発生している場合もあり、湯水のように不必要な料金を毎月払い続けている可能性もあります。
プロパンガスの料金の計算方法やプロパンガス料金のポイントについて、まとめてみました。
この機会にプロパンガスの料金を見直し、お得にエネルギーを使えるようにしましょう。

プロパンガスの料金形態は1つの種類ではありません

女性がガス料金を計算

プロパンガスの料金形態は、1つの種類ではない事ご存じですか。
プロパンガス料金に対しては、多少幅広い考え方をする傾向があります。
各社によってプロパンガスの料金が違うのは、その影響です。
主な料金形態は、4つの種類があります。
プロパンガスの料金を正しく計算する為には、契約しているプロパンガス供給会社がどの形態で料金を設定しているのか把握する必要があります。

二部料金制

基本料金+従量料金
4種類の中で1番多く採用されている料金形態であり、シンプルで誰にでもわかりやすいのが特徴です。

使用量が30㎥で基本料金が2,000円、従量単価が500円の場合の二部料金制のプロパンガス料金の計算方法は、この通りとなります。

2,000円+500円×30㎥=17,000円

となります。

スライド制

基本料金+従量料金(使用量に対して内容が変動)
二部料金制のように完全固定な計算方法ではなく、使用する量に対して従量単価が変動する計算方法となります。

使用量が30㎥で基本料金が2,000円の場合、スライド式で使用量ごとに従量単価が変動するので、このような例のプロパンガス料金の計算方法となります。

使用量 計算式 プロパンガス料金
0.0㎥~5.0㎥まで 550円×5㎥ 2,750円
6.0㎥~10.0㎥まで 520円×5㎥ 2,600円
11.0㎥~15.0㎥まで 500円×5㎥ 2,500円
16.0㎥~20.0㎥まで 480円×5㎥ 2,400円
21.0㎥~25.0㎥まで 450円×5㎥ 2,250円
26.0㎥×30.0㎥まで 420円×5㎥ 2,100円

合計 2,750円+2,600円+2,500円+2,400円+2,250円+2,100円=14,600円
(1か月分のプロパンガス料金の合計)

となります。

三部料金制

基本料金+従量料金+設備使用料
基本料金と従量料金に、設備使用料がプラスされる料金制度です。

設備使用料とは、ガスメーターや自動切り替え圧力調整器、集中監視システムなどが該当します。
設備使用料というのは、二部料金制でいう基本料金に含まれている金額です。
三部料金制の場合、設備使用料として別途内訳を明示して加算する事で、プロパンガス請求内容に透明性を高めるという事に繋げる事が出来ます。

使用量が30㎥で基本料金が1,500円、従量単価が500円、設備利用料が400円の場合の三部料金制のプロパンガス料金の計算方法は、この通りとなります。

1,500円+(500円×30㎥)+400円=16,900円

となります。

原料非調整制度

基本料金+従量料金(原料費に連動して毎月変動する)
プロパンガスは原油の価格に左右されるエネルギーである事に着目し、プロパンガスの料金は日により変動するという事に目を向け、より正確なプロパンガス料金を顧客に提示する為の料金制度です。

二部料金制や三部料金制は固定金額制なので一見わかりやすそうに見えますが、変動している金額に対して全く対応出来ておりません。
そのため、多めにプロパンガス料金を支払い過ぎている事が良くあります。

原料非調整制度は都市ガスで採用されている計算方式であり、一見面倒に見えますが1番料金に透明性のある計算方法です。

3か月間の平均の原価価格の差額により計算し、2が月後程にその数字を反映させる事が殆どです。

ガス料金を実際に計算してみた!

使用量が30㎥で基本料金が1,750円、従量単価が500円の場合の原料非調整制度の
プロパンガス料金の計算方法は、この通りとなります。

1,750円+500円×30㎥=16,750円

このように、4つの料金制があります。
ほとんどのプロパンガス供給会社の場合、二部料金制を取っているプロパンガス供給業者となっております。
ご自宅のプロパンガス料金の計算方法が解らない場合は、二部料金制で計算をしてみましょう。

プロパンガスの検針と料金算定期間

主婦がガス料金を計算

プロパンガスの検収票及び請求書を確認すると、検針と料金の算定期間の記載があります。
この2つは、どのような定義で決められているのでしょうか。

検針

1か月の中であら真面目決められた日を定期検針日と設定し、定期検針を行います。
検針日はその地域により異なりますので、場所により定例検針日は異なります。
また、使い始めの際は開栓日を、解約時には閉栓日を検針日として検針を行います。

料金算定期間

プロパンガスの料金を算定している期間は、前回検針した日の翌日から次の定例検針日までの期間を指します。

検針時の使用量の算定

検針時のプロパンガスの使用量の算定は、このような計算となります。

今回検針日のガスメーターの数値-検針日のプロパンガスのメーターの数値=今回プロパンガス使用量

劣化等によるガスメーターを取り換えた場合は、取り外した旧ガスメーターの数値を合算して使用量を計上します。

プロパンガス料金の仕組み

比較

プロパンガス料金の計算方法の中に出てくる、2つの料金の詳細をご紹介致します。

基本料金

基本料金は、プロパンガスを使うにあたって発生する設備の償却費用です。
ガスメーターやプロパンガスの容器、調整器、高圧ホース、供給する為の配管、設備維持費などが該当します。
また、点検調査費用、保安にかかる費用、事務手数料なども基本料金にプラスされて毎月請求されます。

従量料金

プロパンガス1㎥あたりの単価の料金に使用量がプラスされた料金であり、一定の使用量までは同金額の単価となりますが、一定量を超えた場合は割引となります。
従量料金はプロパンガスの原料輸入に影響があるので、原料輸入の際の単価や為替によって価格が変動します。

プロパンガス料金の相場

料金相場

プロパンガスの基本料金や従量料金は、その地方によって単価が異なります。
その差が出る理由は、配送コストの差による影響です。
配送コストがかかりにくい関東近郊の場合は、プロパンガスの基本料金や従量料金が安いです。

プロパンガス料金の全国平均の金額は、このような金額となります。

基本料金平均 従量料金平均
戸建 1,650円 350円
集合住宅 1,750円 500円

関東地方のプロパンガス料金の平均値は、基本料金平均1,600円程で従量単価が450円程度となっております。

逆に、北海道や九州などの中心地よりも遠い地域の場合は、配送コストが高くかかるので料金がグンとあがります。
基本料金が2000円前後で、従量単価が600円程となります。
どうしても運賃がかかってしまいますので、この差が出てしまうのは仕方のない事と言えます。

プロパンガス料金は日割りも可能

月の途中から引っ越してきた場合又はは月の途中で引っ越しをしてしまう場合は、プロパンガスを使っている期間が中途半端になってしまいます。
この場合、日割り計算が可能となります。
日割りの計算は、このような計算方法となります。

日割りのガス料金=月の基本料金÷30日×使用した日数+従量料金×ガス使用量

日割りで10日間月7㎥しか使用しなかった場合のプロパンガスの料金は、このような計算方法となります。

基本料金1,800円÷30日×10日+従量料金300円×7㎥=600+2,100円=2,700円

となります。

となります。
引っ越しの場合は、使わなくなったら早めに解約をすると料金がお安くなります。

遅収料金の計算方法

遅収料金は、早収期間を過ぎてから支払う場合に適用する支払い方法です。
支払いの延滞扱いですので、延滞金をプラスして支払う事となります。
従来のプロパンガス料金に、3%加算された請求金額となります。

早収料金+遅収加算額3%=遅収料金

早収料金が15,000円の場合は、このような請求額となります。

15,000円+(15,000円×3%)=15,000円+450円=15,450円

となります。

プロパンガスの請求書には詳細が書かれていない

東京ガスの電気プラン

プロパンガスをお使いのお宅は、毎月検針のお知らせ兼請求書が届きます。
その請求書、きちんと内容を細かく確認していますか。
実は、確認していると意外とザックリにしか詳細が記載されていないことがわかります。
プロパンガス使用請求の細かい記載といえば、プロパンガスの使用量と請求金額の合計のみです。
基本料金や従量価格を記載していないプロパンガス供給業者の請求書は、意外と多くあります。
その理由は、細かいプロパンガスガス料金の計算の詳細を記載してしまうと相場より高い基本料金や従量価格が浮き彫りになってしまうからです。

そのため、あえて詳細を記載せず検針量とプロパンガスの請求金額しか記載していない業者がほとんどです。
これでは、このプロパンガス供給会社に共有を依頼をする事が得をしているのか損しているのか、消費者にはさっぱりわかりません。
プロパンガスは他のエネルギーと比べると高いと言われていますが、気にならない方も多いと思います。
しかし、エネルギーの料金が高すぎる事は問題です。

400円以上の従量単価の場合は注意が必要

ガス従量単価に注意

プロロパンガスの相場を確認すると、計算結果によってご自宅のプロパンガス供給業者に支払っている料金の高さを把握する事が出来ます。
1つの目安として、400円以上の従量単価の場合は高いプロパンガス料金を支払っているという事となります。
高いプロパンガス料金を支払っている事は明らかな無駄ですので、お安く済ませる方法を考えましょう。
こちらの記事でも詳しく解説していますので是非御覧ください。

⇒プロパンガス料金が高い理由は?余計に支払っている可能性も!

また、改善案としてこれらの事に目を向けてみましょう。

安いプロパンガス供給業者に乗り換える

プロパンガス供給業者の価格には、大きなムラがある事は周知の事です。
高いプロパンガス供給業者と契約をしている場合は、お安いプロパンガス供給業者に乗り換えるようにしましょう。
プロパンガスの料金には意外と大きなムラがあり、変更するだけでこのような大きな料金の差が生まれる事もあります。

このようにプロパンガスの料金には大きな差がありますので、お安いプロパンガス供給業者に変える事は大きなポイントとなります。
ご自分でお安いプロパンガス供給業者を探す事も1つですが、プロパンガス料金消費者協会のように適切な業者を選定してくれる便利な機関もありますので、そちらをご利用する事が間違いない方法といえます。
素人が探すと、安いようで結果的に高く請求されるような良くない業者に引っかかる事がありますので、想像以上に危険です。

エネルギーの供給自体を変更する

プロパンガスはお高いエネルギーですので、どうしてもお高くなってしまうのが現状です。
プロパンガスにこだわらないのであれば、都市ガスや電気に変える事をオススメします。
最近注目されているのが、電力自由化による新電力業者への移行です。
今の電気料金より間違いなくお安い電気料金とする事が出来ますので、プロパンガスを使っていた器具を電気に変えるとエネルギー料金の支払いをかなり抑える事が出来ます。

安いエネルギー料金にし無駄なお金は払わない!

プロパンガスの計算方法やポイントなどを、ご紹介致しました。
今支払っているご自宅のプロパンガスの料金は、一般の相場と比べて適正だったでしょうか。
ほとんどの方が、ご自宅で現在支払っているプロパンガス料金の方がお高くて驚いたのではないでしょうか。
プロパンガスは古くから使われている方がくいらっしゃるので、意識しないと適正な価格なのかわからないものです。
今までずっとこのプロパンガス供給業者だったから問題は無いだろうと過信していると、莫大なプロパンガス料金を払い続けている事もあります。
酷い場合は、ご近所の同じプロパンガス供給業者のお宅と料金が全く違うなんてこともあります。
この機会にご自宅のプロパンガスの料金を見直し、高い場合は変更する事も視野に入れる事を考えるようにしましょう。
また2017年4月からはガス自由化がスタートします。
こちらにまとめてありますので是非参考にしてみてください。

⇒2017年にはじまるガス自由化とは?

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!