電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

電力会社を変えない・変えられない家庭が抱える数々の理由

電力会社を変えない理由

電力会社を切り換えるほうがトクだというなら、なぜ多くの人々は未だに電力会社を変えないのでしょうか?

2016年に始まった電力自由化から1年以上が経ちましたが、電力会社の切り換え件数は全国で約369万件に留まります。(2017年5月時点)

なぜ人々は電力会社を変えず、今までと同じ電力会社を使い続けているのでしょうか? 家庭の電力自由化を追い続けてきた筆者が、消費者のさまざまな意見と接した結果、見えてきた傾向をまとめます。

電力自由化は「もっと安い電気料金プランを求めて電力会社を変えられる」

電力自由化について、まずは一般家庭の目線でおさらいしておきましょう。

2016年4月以前、家に電気を送ってくる電力会社を選んだことはないはずです。住所に応じて「東京に住むから東京電力」「大阪に住むから関西電力」といった具合に、地域によって契約先の電力会社が自動的に決定されてきました。

日本に存在する10の大手電力会社は、国内10エリアを分担して顧客を独占して電気を販売してきたわけですが「電気料金を引き下げるための競争力が必要」「独占を止めてビジネスチャンスを作ろう」「イノベーションが生まれて欲しい」などの様々な要望により体制を大きく変えることになります。

電気の安定供給を大前提としながら電気料金を抑制する電力システム改革、ものすごく規模の大きな改革の始まりです。電力自由化はこの中の一部に過ぎませんが、非常に大事な要素です。

全ての企業と個人が電力会社を選べるようになった

電力システム改革が進む中で行われた電力自由化は2000年からスタートしており、最初に「特別高圧」の契約者が電力自由化の対象となりました。ものすごくたくさん電気を使う法人が、電力契約を結ぶ電力会社を自由に選択できるようになったのです。

その後、2005年にはかなり多くの電気を使う法人などの「高圧」契約者が電力自由化を迎え、最後に一般家庭などの「低圧」契約者が電力会社を選べるようになりました。

一般家庭の目線で見れば「低圧」契約を取り扱う電力会社の中から一番好ましい電気料金プランを選べるのですが、様々な事情がネックとなって電力会社を切り替えられない家庭が多いのです。

地域を超えて電力会社を選択することはできない

denki_japan-min

電力会社を自由に選べると聞いて「東京の家が沖縄電力と契約できる」レベルの自由さを想像したのは筆者だけではないと思うのですが、電気を家庭に送る仕組み上、現実はもう少し不自由です。関東の世帯なら関東エリアに電力を販売する電力会社しか選べませんし、「関西エリアの人は関西エリアで電気を販売する電力会社」、「北海道の人は北海道で電気を販売する電力会社」から選ぶ必要があります。

関東エリアで電気を販売してきた東京電力が関西エリア、中部エリアでも電気の販売を始めるなど「越境販売」という手法で他エリアに進出している電力会社もありますが、消費者視点で言えば『自分のエリアに対応している電力会社から選ぶ』ことに変わりはありません。

そして電力会社がたくさん進出してきた関東・関西などのエリアがある一方、電力会社や電気料金プランが全然増えなかったエリアも存在します。

北陸エリアの電力会社は選択肢が少ない! その理由

電力会社が進出してこないために選択肢が増えなかった地域がいくつかありますが、最たる例は北陸エリアです。関東・関西に比べてここまで大きく差がついた理由はなんだと思いますか?

関東や関西は人口が多いですから、顧客を獲得するビジネスチャンスに恵まれていそうだとは直感的にわかります。しかし、それだけではありません。人口の多さだけでなく、従来の電力会社による電気料金の値上げっぷりも新電力にとってのチャンスなのです。

多くの電気契約者を新電力に取られてしまった大手電力会社といえば、東京電力・関西電力・北海道電力が挙げられます。この3社は原発停止に伴う電気料金の値上がりが目立ち、消費者の不満を集めてきましたよね。逆に原発での発電量が少ない上に石炭火力が多い北陸電力は全国最安クラスの電気料金を販売しつづけています。

新電力として参入する企業は「電気の価格を安くする」ことで多くの顧客を得るのが一般的ですから、北陸電力が石炭火力発電を用いた安い電気を販売する限り新電力の進出は難しいでしょう。

電気の「クリーンさ」なら北陸電力が不利

北陸電力が供給する電気の約6割を占めるのは石炭火力発電ですが、燃料費が安い反面CO2排出係数が高いのも事実です。再エネ、あるいはLNGの比率を増やしてCO2排出係数を減らすクリーンな電力供給が強みの新電力なら勝負になるかもしれませんね。

ただしクリーンさと引き換えに割高になる電気料金プランを選びたがる消費者がどのくらい存在するかという話になりますから、やはり北陸エリアへの進出は難しいでしょう…。

と思っていたところ、

選択肢が全くない沖縄県の家庭

北陸エリアよりも選択肢がないどころか、家庭向けに電力小売をする電力会社が0社(2017年2月時点)なのが沖縄です。2016年に沖縄ガスによる法人向けの新電力が登場したのみで、一般家庭や低圧契約の事業者は電力会社の選択肢がありません。

これは本土で営業する新電力でも「離島」には電気を販売しないのが一般的だからです。

離島に電力を販売するにはコストがかかる

出力が大きい発電所を多く抱える本土と離島を電線でつなぐことはできず、離島で使う電気はその地で発電しなければなりません。これにはどうしてもコストがかかってしまい、従来の電力会社(一般送配電部門)が極限の薄利、または赤字を出しながら電気を供給しています。※離島ユニバーサルサービスに必要なコストは電気料金に含まれます。

離島の電力事情について詳しく解説

沖縄電力も約6割の電力を安価な石炭火力で発電しているものの、電気料金はそれほど安くありません。つまり離島が多いと利益が出にくい、電気を安く調達しても供給にコストがかかってしまい勝負に出づらいという事情があり、沖縄県への新電力進出を阻んでいます。

自由に切り換えできる世帯が実は限られている

buildingblock2

地理的な条件をクリアした地域なら全家庭が自由に電力会社を選択できる! と思えば、それができない家庭が多いのです。電力業界の仕組み上は可能なのですが、その他の要因が絡んで結局選べない…といった状態に。

高圧マンションは個人の意志で切り換え不可能

原則として、集合住宅でも賃貸でも電力会社は変えられます。ただし、その物件(専有部)が「低圧」の電力契約を結んでいるのが条件です。

戸数が多い集合住宅などは部屋ごとに電気を「低圧」契約するのではなく、建物単位で電気を「高圧」契約して電気を安く供給してもらうケースがあります。この場合、電気の契約者は個々の部屋に住む人ではなく建物のオーナー、あるいは管理者になりますので、物件に住む個人の希望で電力会社を変えることは非常に難しいでしょう。

ただ、こうした「高圧一括受電」で契約している世帯は普通の「低圧」契約者よりも電気料金は安いはずです。

高圧一括受電サービスは4割安い?! 詳しく解説

うちのマンションは低圧か高圧か 見分ける方法

入居時にもらう契約内容をまとめた書類に記載されているかもしれませんが、管理会社に問い合わせるのが最も簡単です。「専有部の電気契約は低圧ですか?」と質問すれば判明します。

電気の明細が紙で届かないのが高圧の証…という説もありますが、迅速かつ確実に見極めるなら管理会社への問い合わせが一番です。

太陽光発電・夜間電力を使いたい人の選択肢は少ない

電気料金プランの中には「昼間の電気が高額で、夜間は格安」というスタイルのものがあります。太陽光発電で日中発電していたり、ライフスタイルが夜型に近い人はこういった時間帯別電灯タイプの電気料金プランを選びたいところですが、この電気料金プランを提案する新電力は非常に少ないのが現状です。

また夜間電力の単価はかなり値上がりしていますから、全国で原発が稼働していた頃に時間帯別電灯プランを契約した方だと今以上におトクなプランには出会えない可能性が高いです。

節約金額が切り替えの手間に釣り合わない

money

電気の使用量が少ない核家族や単身者でよく見られる意見ですが、これはよく分かります。賃貸で2人暮らしの筆者も電力会社を切り換えましたが、ひと月の平均節約金額は400円、多くても600円ほどでした。

電力会社を変えるだけなら30分程度の作業で全ての手続きが終わるのですが、電気料金プランを見比べる時間を含めるともっとたくさんの時間がかかりますからね。作業さえ終わってしまえば後は勝手に節約できるとかいってるけど、その作業が面倒なんだってば! という感覚ですよね。すごく分かります。

単身者・電気使用量が少ない家庭のメリットが極薄な理由

これまでの電気料金プランは、電気を多く使うほど単価が高くなる三段階料金制度(累進性)が採用されており、電気を多く使う家庭ほど高額な電気を利用してきました。電気を使う量を控えてほしい、省エネ社会を実現させたいという思惑もあって採用された料金システムなので、電気使用量が少ない世帯に適用される電気の単価が元々安いのです。

新電力は大規模発電所を持たないで管理費用を削減する・人員は最小限にする・ペーパーレス化などのコストカットによって電気の単価を引き下げていますが、電気の単価の多くを占めると言われる調達コストを削減するには限界があります。

そのため小売される電気の最安値はほとんど変わらず、電気の単価が元々安かった単身者・電気使用量が少なかった家庭は金銭的メリットを感じにくいのです。

節約金額に関わらず毎月貯まっていくメリットは大きい

ただ、電気料金プランの切り換えで得られる金額が少額だからと言って軽んじていいとは思えません。その「少額」の金銭を手にするために、何か努力するのか? といったらしないでしょう。新たに稼ぎ出すよりも簡単に手元にお金を残せるんですよ、電気料金プランを選ぶだけで。

  • 一度切り換えれば節約効果がずっと続く
  • 寝ても覚めても節約効果が続いている
  • 忙しい人にこそピッタリな節約方法
  • 切り換えるリスクはほぼ無いと言っていい

切り換えで節約するといえば、最近だと格安SIM、MVNOが話題ですよね。これらは切り換えて節約できる金額が大きいですが、通信速度が下がる時間帯の存在や初期設定の難しさ、アフターフォローの薄さが問題になりえる「ハイリスク・ハイリターン」な節約方法です。

それと比べて電力会社の切り換えはリスクを排した「ローリスク・ローリターン」な節約方法というのが一つのメリットだと言えるでしょう。魅力、感じませんか?

長期契約で節約金額を上乗せするパターンもあるけれど

ただでさえ料金プランが複雑と言われる電気料金プランで、わざわざ契約内容を複雑にするのはいかがなものかと思います。節約効果に加え、契約期間中の解約時に発生する「違約金」などの存在も含めて理解した上でなら良い方法と言えるでしょう。

ただ、2017年の都市ガス自由化に2020年の発送電分離など、エネルギー業界は様々な変化が予定されていますから、安易に長期契約は結びたくない…というのはあくまでも個人の感想です。

電力自由化について調べるのが大変

これはまさにその通りです。電力自由化についてしっかりと理解してから電気料金プランを吟味し、契約内容をきちんと理解しておくのにはそれなりに知識量が必要になってしまいます。

何より、今後も増え続けるプランから一番オトクな電気料金プランを探し出すのが大変です。電気料金プランを公正・精密にシミュレーションできる比較サイトを利用しつつ、生活を楽にする電力会社を見つけてください。

あなたの一番お得なプランが1分で見つかる!

電気料金プランを細部まで知り尽くしたプロ軍団が作り上げたシミュレーションは「簡単な操作」「必要最小限の情報入力」「リアルのデータを駆使した精密計算」であなたにベストな電気料金プランをお探しします。

完全無料、会員登録不要! ぜひ、この機会に利用してみてください。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
プロパンガス会社を変更してガス代を約30%節約しよう!
ガス自由化スタート
セット割・特徴からプランを探す
電力業界(電気工事士・電気主任技術者)の転職求人ネットワーク
家庭・家計の節約術の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
あなたのおうちにぴったりの電力・ガス会社は?