電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

電力自由化が抱える課題とは?停電と料金、倒産の不安

電力自由化が抱える課題とは?

2016年から始まる電力自由化で一般家庭も電力会社を自由に選択することが可能になります。これまで続いてきた電力供給の仕組みが一新されることにより、どのようなリスクが生まれるのでしょうか?特に消費者への関わりが大きい3つの課題について解説します。

電力の供給力

電力自由化で最も心配されることといえば電気の供給力の安定性、つまり停電のリスクです。市場競争が激しくなる中で行われる設備投資や人件費のコストカット、そして災害に遭った時に陥る危険性に対してどのような対策を進めているのでしょうか。

電気を必要なところへ分け合う仕組み化

その中で大規模な停電リスクを減らすために、広域的運営推進機関が設立されることとなりました。電力会社同士の垣根を超えて、地域への電力融通や供給指示を行えるようになるとされています。しかし電力を分けるだけではなく、供給量に余裕を持たせるための予備電力を備えておく取り組みが必要であるとも言われています。

運営の安定性

電力小売に新規参入してきた企業と契約をして、もしも経営が破綻したら電気の利用者はどうなるのでしょうか?電力の市場競争が活発化することによる電気料金の低下が期待されていますが、電力会社が倒産のリスクを抱えるということでもあります。その時に消費者を保護するフォロー制度の導入が進められています。

電気の価格設定

電力自由化で期待されていることといえば、電気料金の低下。市場競争の原理が働けば企業努力により電気の価格は安くなると思われがちですが、逆に値上がりのリスクも指摘されています。

電力自由化で電気料金が軒並み値上がりした事例も

電気料金に大きく関わる発電コストや環境コストの増加により、既に電力自由化が行われているドイツやイギリスでは電気料金が値上がりしたという事実があります。今まで電気の価格設定を政府によって規制されてきた日本では、自由化後の電気料金をどのように下げていくのか注目されています。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!