電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

電気代が一番かかっていると思う家電は?100人アンケート公開

電気代が一番かかっていると思う家電は?100人アンケート公開

電気料金の請求書を見て、その料金の多さに驚いてしまった経験はありませんか?
特に真夏・真冬は電気代がかさみますよね。
電気代の節約を考えている人も多いと思いますが、まず気になるのが「どの電化製品にどれだけの電気代が掛かっているのか」という事だと思います。
そこで今回は「電気代の内訳で一番使ってそうなものはどれだと思うか」をアンケートしました。

アンケート概要

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2016年04月12日~2016年04月26日
■有効回答数:100
■アンケート内容:電気代の内訳、一番使ってそうなのはどれ?

アンケート結果
冷暖房機器 62人
冷蔵庫 19人
テレビ 8人
照明器具 4人
その他 7人

実際に電気を消費している家電ランキングはこちら
⇒知らなかった!!家電の電力消費量を比較して賢く節約!!

一番多かった回答はクーラーなどの冷暖房機器!

アンケートの結果、最も多かったのは冷暖房機器という回答でした。

・冷暖房が必要な時期とそうでない時期の、電気料金の差が極端なので。
(50代/女性/専業主婦)
・夏場と冬場は明らかに電気代が高くなるので。 エアコンやヒーターがやはり影響しているのではないかと思うからです。
(40代/女性/専業主婦)
・エアコン、ファンヒーター、ホットカーペットでしょうか。特に冬場は毎日使用していますので何時も料金が高いです。
(50代/男性/無職)
・夏場のエアコンです。真夏は我慢できないので、使ってしまいます。
(40代/女性/専業主婦)

冷暖房機器と回答した人は全体の半分以上にも及びました。
その理由として最も多かったのが「冷暖房を使用している時期は明らかに電気代が高くなる」というものでした。
冷暖房を使用していない季節と比べて電気代が大幅にアップするという実体験から、冷暖房機器と回答している人が多いようです。
人によって冷暖房機器は夏場だけ使用する、冬場だけ使用するという人もいました。

二番目に多かった回答はキッチンの大物家電・冷蔵庫!

アンケートの結果、二番目に多かった回答は冷蔵庫でした。そしてテレビ、照明器具と続きます。

・年中絶えず稼動させ続けているため。 それ自体の電力の消費も激しそうで、一番電気代がかかると考える。
(30代/女性/無職)
・型が割と古い物なので、一番使っていそうだなと懐います。開け閉めも良くしますし。
(20代/女性/専業主婦)
・朝、起きたらすぐ付けるし、家にいないとき以外はずっと付いているから。
(20代/男性/パートアルバイト)
・常につけっぱなしの状態になっているので、照明器具の電気代はかかっていそうです。
(20代/女性/契約派遣社員)

二番目に多かった回答は、ほとんどの家庭にもあるキッチンの大物家電「冷蔵庫」でした。
24時間稼動していて冷蔵庫自体の消費電力も高そうという意見が目立ちました。
中には古い機種を使っているので電気代が心配という方も。
三番目以降はテレビ、照明器具と続いていきます。
一人暮らしの方などは寂しさからテレビを付けっ放しにしている人が多いようです。
常時付けている理由から照明器具を選んだ人もいました。

消費電力が高く長く使用する電化製品を選んだ人が多数!

電気代の内訳で一番使っていそうなものをアンケートしたところ、6割ほどの人が「冷暖房機器」と回答しました。
クーラー・ヒーター・ホットカーペットというような具体的な回答を挙げた人も。
冷暖房機器を使用する時期が明らかに電気代がアップするという実体験に基づいて、冷暖房機器を選んだ人が多いようです。
二番目に多かったのは「冷蔵庫」で、その後は「テレビ」「照明器具」と続きます。
製品自体の消費電力が多い、長時間使用するという二つの条件に当てはまる電化製品を選んだ人が多い結果となりました。

⇒タイナビスイッチで簡単診断はこちら

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!