電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

東京電力の電気料金プランを従来のプランと新プランで徹底比較

東京電力

東京電力が強みを持つターゲットで従来プランと新プランを比較する

“比較する女性”

2016年4月1日から、家庭用電気の小売りが自由化されています。電力自由化に伴い、異業種からの参入も相次いでいますが、最も激戦区となっているのが首都圏です。月の電力使用量が多い家庭をメインターゲットとして、お得なプランを次々と打ち出しています。

一方で、新規参入組の挑戦を受けて立つ格好となったのが、東京電力です。

新規参入組が月の電力使用量が多い家庭をメインターゲットとしているのに対して、それ以外のターゲットに強みを持っています。もちろん、東京電力も新プランを発表しているのですが、従来からあるプランの中にもお得なプランはあります。

ここでは、

  • 月の電力使用量が少ない家庭
  • オール電化住宅
  • 夜に電力使用量が多い家庭

の3つのポイントから、東京電力の従来プランと新プランを比較していきましょう。

東京電力プラン:月の電気使用量が少ない家庭向き

電力自由化に伴って新規参入してくる業者の多くは、月の電力使用量が多い家庭をメインターゲットにしています。というのも、月の電力使用量が少ない家庭に多く電力を供給しても、コストがかさんでなかなか利益は多く見込めないからです。

それならば、月の電力使用量が多い家庭を取り込んだほうが、多く利益を見込めます。しかし、東京電力では地域の電力会社として、すべての家庭に電力を届けなければなりませんでした。誰も損をしないプランは用意されており、月の電力使用量が少ない家庭にも、お得なプランが用意されています。
⇒東京電力のスマート契約は節約家にお得なプラン!!

従量電灯Bの料金体系

従来からあるプランとしては、従量電灯Bがあります。従量電灯Bは、すべての家庭向けの電気料金プランにおいて、必ず比較対象となるほど一般的な料金プランです。

基本料金は契約するアンペア数によって、以下のように異なります。

10A 280円80銭
20A 421円20銭
30A 561円60銭
40A 1123円20銭
50A 1404円
60A 1684円80銭

基本料金に加えて、使った電気使用量に応じて以下のように1kWh当たりの単価、電力量料金が定められています。

第1段階料金(~120kWh) 19円43銭
第2段階料金(120kWh~300kWh) 25円91銭
第3段階料金(300kWh~) 29円93銭

スタンダードSの料金体系

東京電力も、電力自由化に伴い多くの新料金プランを発表していますが、その中でも月の電力使用量が少ない家庭向けといえば「スタンダードS」でしょう。

基本料金は契約するアンペア数によって、以下のように異なります。

10A 280円80銭
15A 421円20銭
20A 561円60銭
30A 842円40銭
40A 1123円20銭
50A 1404円
60A 1684円80銭

従量電灯Bと比べて、30Aの基本料金が高めに設定されています。
基本料金に加えて、使った電気使用量に応じて以下のように1kWh当たりの単価や電力量料金が定められています。

第1段階料金(~300kWh) 23円40銭
第2段階料金(300kWh~) 30円02銭

300kWhを境にした2段階料金ですので、300kWhを超えるかどうかが重要なポイントとなりそうですね。

従量電灯BとスタンダードSを比較

では、従量電灯BとスタンダードS、どちらの電力料金がお得かを、契約アンペア30A、月の電力使用量を300kWhとして計算してみましょう。

従量電灯B
842円40銭+(19円43銭×120kWh)+(25円91銭×180kWh)=7837円80銭

スタンダードS
842円40銭+(23円40銭×300kWh)=7862円40銭

以上のように、300kWhの使用量では従量電灯Bのほうがお得です。

ただし、300kWhを超えるとスタンダードSのほうが一気にお得となります。

特に新プランの場合、毎月の電気料金を支払うと1000円につき5ポイントのTポイント、もしくはPontaポイントが付与されます。

もともと、従量電灯Bは家庭向け電気料金の基本となるべき料金であり、特定の利用者向けの料金ではありません。お金の問題で電気を多く使えない家庭にも安く電力供給ができるように、電力量料金の第1段階料金を低めに設定しているのも、そのためです。

東京電力プラン:オール電化住宅向き

次は、オール電化住宅(ガスや灯油を使わずに電気だけですべてをまかなう住宅)にお住まいの方向けのプランです。電力自由化で新規参入してきた業者で、専用の料金プランを持つ業者はほとんどありません。

そんな中、東京電力では従来プラン、新プランともにオール電化住宅専用プランを用意しています。

電化上手の料金体系

まずは「電化住宅」というプランですが、このプランは2016年3月31日で新規受付が終了しています。

以下のように契約容量によって、3段階の基本料金が設定されています。

~6kVA 1296円
7kVA~10kVA 2160円
11kVA~ 2160円+1kVA増えるごとに280円80銭

電力量料金に関しては、季節や時間帯によって以下のように電力量料金が4種類に分けられています。

夏季昼間時間(7月1日~9月30日の10時~17時) 38円63銭
夏季以外の昼間時間(10月1日~6月30日の10時~17時) 31円64銭
朝晩時間(7時~10時及び17時~23時) 25円92銭
夜間時間(23時~7時) 12円16銭

スマートライフプランの料金体系

オール電化住宅の方が新たに東京電力と契約するのであれば、「スマートライフプラン」がいいでしょう。

基本料金は、1kW(15Aに相当)あたり450円の料金となっております。
基本料金は、前年で最も多く電力を使用した30分間を基準として設定される「スマート契約」です。

電力量料金についてですが、以下のように電化上手とは異なり、季節による料金差がありません。時間帯による料金設定も3段階から2段階となっています。

昼間時間(6時~翌1時) 25円33銭
夜間時間(1時~6時) 17円46銭

電化上手とスマートライフプランを比較

では、電化上手とスマートライフプランのどちらがお得かを、比較してみましょう。

契約アンペアは60A相当で、電力使用量が最も多くなる冬に、朝晩に333kWh、昼間に86kWh、夜間に544kWh使用したと仮定します。これをスマートライフの時間帯に当てはめ、夜間に380.8kWh、昼間に582.2kWhといった割合にします。

電化上手
1296円+(25円92銭×333kWh)+(31円64銭×86kWh)+(12円16銭×544kWh)=19343円46銭

スマートライフプラン
1800円+(17円46銭×380.8kWh)+(25円33銭×582.2kWh)=23181円92銭

以上のように、電化上手と契約していたほうが月に1500円以上もお得になります。やはり、電化上手の夜間時間の圧倒的に安い単価が大きいですね。

スマートライフプランにはお得なキャンペーンなどもありますが、現在、電化上手に加入している方は、そのまま継続したほうがいいでしょう。新たにオール電化向けの料金プランを選ぶ際には、「スマートライフプラン」がおすすめです。
⇒電力自由化でオール電化住宅の電気料金はどうなる?

東京電力プラン:夜の電気使用量が多い家庭向き

オール電化住宅も、夜間に電気によって沸かしたお湯を蓄熱する機器があり、夜間の電気使用量が高い傾向にあります。しかし、電化上手やスマートライフプランは、一定の条件を満たしていないと加入できないプランです。

生活リズムが夜型で夜間の電気使用量が多いけど、オール電化住宅ではない、そんな方が加入するのであれば、東京電力の従来プラン「おトクなナイト8」や新プラン「夜トク8」がいいでしょう。

おトクなナイト8の料金体系

まずは「おトクなナイト8」というプランですが、このプランは2016年3月31日で新規受付が終了しています。

以下のように、契約アンペアによって3段階の基本料金が設定されています。

~6kVA 1296円
7kVA~10kVA 2160円
11kVA~ 2160円+1kVA増えるごとに280円80銭

電力量料金に関しては、昼間時間(7時~23時)は電力使用量に応じて3段階の従量料金を採用しています。

第1段階料金(~90kWh) 23円81銭
第2段階料金(90kWh~230kWh) 31円75銭
第3段階料金(230kWh~) 36円68銭

夜間時間(23時~翌7時)は電力使用にかかわらず単価は同じで、1kWhあたり12円16銭です。

夜トク8の料金体系

東京電力の新プラン「夜トク8」は、「おトクなナイト8」と同様に、夜の8時間がお得な電気料金となっている料金プラン。しかし、その料金体系は若干異なります。

まず基本料金ですが、基本料金は1kW(15Aに相当)あたり210円60銭の料金となっております。基本料金は、前年で最も多く電力を使用した30分間を基準として設定される「スマート契約」です。そして電力量料金ですが、おトクなナイト8よりもシンプルな料金体系です。

昼間時間(7時~23時) 32円14銭
夜間時間(23時~翌7時) 20円78銭

昼間時間の電力量料金が230kWh以上で、おトクなナイト8よりもお得な単価となります。しかし、夜間時間の単価の安さは、おトクなナイト8には及びません。

おトクなナイト8と夜トク8を比較

では、おトクなナイト8と夜トク8の電気料金はどちらがお得か、比較してみましょう。契約アンペアは30Aで、昼間と夜間、それぞれ200kWhずつ使用したと仮定します。

おトクなナイト8
1296円+(25円92銭×80kWh)+(34円56銭×120kWh)+(12円46銭×200kWh)=10008円80銭

夜トク8
421円20銭+(32円14銭×200)+(20円78銭×200kWh)=11005円20銭

以上のような条件では、従来プランであるおトクなナイト8のほうが、月1000円近くお得な計算です。

洗濯機や食器洗い乾燥機の稼働時間を夜間にすると、おトクなナイト8はさらにお得です。ただし、昼間にも多く電気を使う、あるいは月の電気使用量が多くない家庭であれば、夜トク8でも悪くはありません。

東京電力プランにもお得なものがある

“まとめ”

いかがでしょうか?

高い高いと思われている東京電力の料金プランの中にも、意外と掘り出し物の料金プランがあります。特に夜間の電力使用が多い方、そもそも電力使用の少ない方は、新規参入業者の料金プランよりもお得な場合も少なくありません。

特に、現在は申し込めない従来プランの中には、「おトクなナイト8」や「電化上手」などお得な料金プランがあります。もしこれらのプランにすでに加入しているのなら、継続して利用するのも有効的だと思います。

電気代節約のために電気料金プランの見直しをしましょう!

東京電力の中でも使用状況に合わせたお得なプランがあります。

電力会社の切り替えだけでなく、主要電力会社の中で料金プランを切り替えるだけでもかなり電気代が減らせる場合もあります。今の貴方の電気料金プランは本当に適正でしょうか?一度調べておくことをおすすめします。

簡単に調べるにはタイナビスイッチの電気料金シュミレーションがおすすめです。無料で各料金プランを比較できますので、今よりお得なプランがあるのかすぐにわかります。ぜひお試しください。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!