電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

太陽光発電のメーカーランキングを徹底比較!

太陽光発電パネルがついている家

太陽光発電の導入を検討している方向けに、コスパの良いメーカー、高品質なメーカー、低価格で始められるメーカーのランキングをそれぞれご紹介します。ぜひ参考にしてください。

コスパの良い太陽光発電のメーカーベスト3!

太陽光発電を設置すると電気代を抑えることが出来ますし、発電した電気を売電すれば収益を出すことも出来ますが、コスパが悪ければ逆に損をしてしまうことがあります。

効率よく売電で収益を出すためにも、コスパの良いメーカーの太陽光発電を選びたいものです。
⇒国内No.1太陽光発電一括見積もりサイト「タイナビ」を見てみる

まず、コスパの良いメーカーベスト3をご紹介します。

【第1位】ソーラーフロンティア

ソーラーフロンティアは、CIS太陽電池・CIGS太陽電池と呼ばれるソーラーパネルの世界シェアNo.1のメーカーです。100%日本国内で製造されているため、品質は折り紙付きです。

ソーラーフロンティアが誇る住宅用太陽光発電のSF170-Sは、相場価格27.9万円/kWと高品質ながら比較的安価で購入できます。またCIS太陽光発電ですので、実発電量が多いという特徴があります。

CIS太陽光発電はシリコン系と比較して、現時点で年間発電量が10%前後多いことが実証されているため、コスパの良さはトップクラスです。

【第2位】Qセルズ

Qセルズは日本の消費者から大変注目を集めているメーカーです。耐久性が高く欠陥が少ないと高品質ながら、コスパも良いことで知られています。

人気のQ.PLUS-G4.1 270は、革新的とも言えるQ.ANTUMセル技術が採用されています。Q.ANTUMテクノロジーは、日照が少ない時でも高い発電効率を維持し、様々な条件下においてトップレベルの性能を維持します。

相場価格は27万円/kwですが、マレーシア工場での生産を開始したため、今後はさらにコスト面の低下が期待出来ます。

【第3位】ソラキューブ

ソラキューブは、創業80年という長い歴史を持つ明成商会が、2013年から太陽光発電業界に参入し作られたメーカーです。抜群の耐久性と長期間の出力保証が特徴です。

ソラキューブから発売されているNE125×125-72-M(L)SI200Wは、変換効率15.6%と一般的ではありますが、積雪荷重や塩害などといったあらゆる環境下でも耐えることが出来る点がコスパ3位の理由です。

また25年の出力保証が付いて来るという点でも、他のメーカーと比較してコスパは高いと言えます。

高品質な太陽光発電パネルのメーカーベスト5!

どうせなら高品質なパネルを設置したい!そんな方にオススメしたいメーカーの太陽光発電をランキングでご紹介します。購入してから後悔しないためにも、是非参考にしてみてください。

【第1位】三菱電機

三菱電機と言えば、太陽光発電メーカーとして国内4大メーカーの一つです。

最も堅実な印象のあるメーカーでもあり、多くのメーカーが生産拠点を国外に置く中、三菱電機は全て国内生産に拘っています。また、三菱は「生涯発電力」をコンセプトとして掲げ、発電量だけでなく耐久性も重視していますので、耐久性は申し分ありません。

人気のPV-MA2450M-1は、「マルチルーフ」245Wシリーズの一つであり、245Wという高出力を実現しています。また、無償で25年間の出力保証をしています。

パネルの性能を表す基準として、JISでは10%程度の誤差まででしたら問題無いとされていますが、三菱電機では公称最大出力を上回る数字を基準にしています。

このことから公称最大出力に確実性があり、また品質も高水準が維持されているのです。

【第2位】シャープ

50年以上前から太陽電池の研究と開発を行ってきたシャープだからこそ、高品質なパネルの製造が可能で、高品質なメーカー2位とさせていただきました。

NQ-220AEは、モジュール変換効率19.1%、公称最大出力220Wと高く、さらに送電ロスと発電ロスの低減を実現しています。

また、NQ-220AEにはサイズの異なる複数のパネルが用意されているため、屋根の大きさに合わせ効率よく設置することが出来ます。

【第3位】パナソニック

三洋電機から発売されていたHITシリーズはパナソニックへと経営が移りましたが、高品質さでその信頼性が揺るぐことはありません。

HIT250α Plusは受注生産品となりますが、公称最大出力250Wと高く、モジュール変換効率も19.5%と高い水準を維持しています。

さらに無償で出力保障20年、機器保障15年を提供していることから、自社の製品に対して高い自信を持っていることがよくわかります。高品質だからこその強気の保障制度と言えるでしょう。

【第4位】東芝

東芝は、発電効率世界一を誇るサンパワー製単結晶ソーラーパネルを、国内の住宅用太陽光発電で独占販売しています。

SPR-250NE-WHT-Jは約33万円/kWと比較的高価ですが、モジュール変換効率20.1%、公称最大出力250Wと非常に高品質なのが魅力です。

主力商品であるSPR-250NE-WHT-Jは特に人気が高く、業者によっては高い割引率で購入することが出来ます。

【第5位】京セラ

世界で初めて長期連続試験に合格した京セラの太陽光発電は、様々な屋根の形状に対応しており、また災害時にもきちんと保証してくれます。

KJ220P-3MRCGは、モジュール変換効率15.5%、公称最大出力210Wと一般的な数字ではありますが、国産品質を低価格で購入出来るというメリットがあります。

低価格で太陽光発電を始められるメーカーベスト5

太陽光発電は初期費用でまとまったお金が必要となるため、太陽光発電を設置したいけど経済的に厳しい…という方も多いかと思います。

そんな方は、少しでも費用を抑えて設置可能なメーカーの太陽光発電を選んでみてはいかがでしょうか。ここでは、初期費用が抑えられるメーカーのベスト5をご紹介します。

【第1位】キングダムソーラー

キングダムソーラーは沖縄を拠点としたメーカーです。沖縄という太陽光発電の設置に不利な環境でも耐えられる高品質な太陽光発電を発売しています。

KD-M250は非常に高い耐久性を持っていますが、価格は12.5万円と非常にお求めやすい価格に設定されています。

低価格な上に、業界最高レベルの出力保証とモジュール25年保証を掲げているため、非常にお得だと言えます。

【第2位】フジプレアム

フジプレアムの特徴として、他社には無い非常に厳しい審査基準を設定していることが挙げられます。一般的な審査と比較して約3倍も厳しくなっています。

主力商品の一つであるFCT-225Y3は、約13.5万円と低価格ではありますが、世界が認めた高品質を維持しています。

その品質から出力保証を15年に設定しています。耐久性に自信を持っているからこそ出来ることです。

【第3位】サンテックパワー

サンテックパワーは中国製の太陽光発電の代表格とも言える存在で、その価格の安さから日本の大手企業を脅かしています。

STP270S-20/Wemのモジュール変換効率は16.6%で、公称最大出力は270Wを謳っています。

これほどの高い水準でありながら、18万円という低価格で販売しているのが特徴です。

【第4位】トリナ・ソーラー

トリナ・ソーラーは国内で「低価格」を前面に出しているメーカーです。もう間もなくパネルの供給が世界一になる勢いで売上を伸ばしています。

TSM-DC05A.08の価格は、25万円/kwとなっており、少しでも安く太陽光発電を始めたいという方に大変オススメです。

安くてもモジュール変換効率16.0%、公称最大出力205Wと十分なパフォーマンスを実現しています。

【第5位】カナディアン・ソーラー

安価で信頼性の高いメーカーとして、国内でもシェアを広げつつあるカナディアン・ソーラーの太陽光発電は、現在多くの業者で取り扱っています。

CS6A-235MSは25年間モジュール出力保証と10年間製品保証を掲げており、モジュール変換効率も18.04%と高い水準です。

低日照条件下でも97.5%以上というモジュール変換率を実現しているため、それほど場所を選ぶことなく全国各地で設置することが可能です。

太陽光発電を選ぶ際に抑えておきたいポイントは?

太陽光発電

太陽光発電を選ぶ際には、いくつか抑えておきたいポイントがあります。高価な太陽光発電ですから、きちんとポイントを抑え、後になって後悔することの無いように正しく選びましょう。
⇒国内No.1太陽光発電一括見積もりサイト「タイナビ」を見てみる

太陽光発電には様々なメーカーがあるため、複数のメーカーを提案してくれる業者を選ぶことが大切です。

業者の中には一社しか取り扱っていないところもありますが、設置場所によってメーカーの強みが異なることから、複数のメーカーを取り扱っている業者に相談しましょう。

そして太陽光発電の設置による経済効果や環境効果をきちんと正しい数字でシミュレーションしてもらうことが大切です。

どこの業者でもシミュレーションを行ってくれますが、中には不正確な数字を提示してくる業者もありますので、豊富な実績を持つ業者を選ぶようにしてください。

また、アフターケアやメンテナンスも非常に重要です。設置したらそれで終わり!なんて業者は無いとは思いますが、中にはアフターケアやメンテナンスに関して説明が不十分な業者もありますのでご注意ください。

今回は、太陽光発電の最新メーカー比較ランキングと題して、3つの比較ポイントからそれぞれランキングをご紹介させていただきました。

メーカー選びも大切ですが、それを取り扱う業者選びも非常に重要なことです。

事前にしっかり調べて、太陽光発電を設置して良かった!と思えるようなメーカーと業者を選びましょう。

太陽光発電のメーカー選びと同じく電力会社選びも重要です!

コスパ、品質、価格別に優れている太陽光発電メーカーが分かりましたが、いくら太陽光発電パネルの値段が安くなってきているとは言え、すぐに導入するのは難しいご家庭もあるでしょう。

今すぐ電気代をお得にする方法として、電気料金プランの変更がおすすめです。電力会社切り替えは1分で簡単に出来ますし、月数千円も電気代が安くなる場合もあるんです。

どのプランが一番お得なのか簡単に知りたい方にオススメなのが、タイナビスイッチの電気料金シュミレーションです。無料かつ簡単1分の入力で料金プランの一括比較ができますので、ぜひご利用ください!

電力会社は選ぶ時代へ!
プロパンガスを30%節約
ガス自由化スタート
電気料金セット割特徴からプランを探す
「電力業界」に特化した転職サポートサービス
家庭・家計の節約術の新着記事
電力自由化の新着記事
電力会社は選ぶ時代へ!
あなたのおうちにぴったりの電力・ガス会社は?