電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

【電力自由化】どんな方法で発電された電気を利用しますか?

発電方法の自由化とは

電力自由化に伴って、今後は、発電の方法に関しても大きく自由化されます。
多くの建設住宅には、太陽光パネルを設置した太陽光発電を行うご家庭が増加し、一般家庭で電力を作り、売買できる時代へと変化しています。

発電方法が自由になることで、発電における許容が広がり、より良い新たな発電に関する発見や新規開発が生み出されれば、各社電力会社のコスト改善も大きく変動することが期待できます。

電気の発電方法の多様化及び自由化

電力自由化とは、ただ電力の小売会社が増え、電気料金設定が自由になっただけではありません。電気を作るのも、各独自の技術で開発が可能なのです。

電気を作るにはまず、発電する必要性があります。従来の発電方法では、火力と原子力発電が大半を占めていましたが、今後この発電方法も各企業独自の技術によって開発が自由化されます。

発電方法には、火力発電や水力発電、風力発電等その発電方法は様々です。「新電力」と呼ばれる新たに家庭用電力小売事業に参入する企業は、これらの発電方法で開発を行い、電気そのものを作る過程も事業者に委ねられているのです。

発電方法 火力発電

日本の電力は、この火力発電を利用した電力供給量が最も多く、実は電力需要の変化にもっとも対応しやすい発電方法なんです。

しかし、火力発電にも環境問題という懸念があります。燃焼させる発電方法は、大気汚染の原因となる二酸化炭素や窒素酸化物が発生してしまいます。

排気規制に伴い、環境を配慮した天然ガスによる火力発電が推進されていますが、未だ需要の高い石炭を使用している発電が多い現状にあります。

このように、火力発電は、電気を生み出すエネルギー原料を何にするかによって、その発電効率や需要が大幅に変化するのです。

電力自由化の影響で、こうした燃料を使用する上で発電効率を向上させる設備導入に力を入れ、排出ガス低減の取り組みも推進されているのです。

発電方法 水力発電


“発電方法のひとつ水力発電”

水力発電は、水車を回して河川の流れをそのまま利用した発電方法です。

日本は山や川が多く、二酸化炭素の排出量がほぼなく、日本は水力発電がしやすい環境です。

電力自由の波に乗って、発電方法の一つとして普及してほしいものです。

発電方法 風力発電

風力発電のコストは、太陽光発電よりもかなり安くなっています。大半の風力発電のコストは、太陽光発電の半分以下で済みます。しかし風力発電の設備利用率は、太陽光発電よりも相対的に高めとなっています。


“発電方法のひとつ水力発電”

これは、昼夜を問わず風が吹けば、発電するためで、風力発電のkw当たりの建設費用が全体的に安くて済むからと言えましょう。

風力発電はプロペラのような形をしたプレードで、風を受けて発電機を回すことで、電力を得るシステムです。風が強く吹くほど、発電量が大きくなります。

ヨーロッパ等では、力を入れている海の波風を利用した風車を海上に設置することで、風力を行う方法が取られています。海や山に面した日本は、風が起こりやすい環境が多数存在するため、今後期待される発電方法の一つです。
⇒風力発電の今と電力自由化後のこれから

電力自由化で期待されている新たな発電方法

太陽光発電


“これからのエネルギーのスタンダードは太陽光”

太陽光発電とは、太陽光パネルを利用して、太陽光エネルギーを受けとめ、そのエネルギーによって動く電子エネルギーを電気エネルギーに変換する発電方法です。

近年これを設置する多くの家屋が増加し、この電力自由化に伴って、自宅で発電し、電力を賄うことのできる現在注目を集める発電方法の一つです。

太陽光パネルの単価に対して採算のとれにくい電力供給エネルギーであるという懸念点もありますが、多くの企業が期待を寄せている発電方法なのです。
⇒電力自由化と太陽光発電両者がお互いに及ぼす影響を比較してみた

バイオマス発電

  
   “期待されるバイオマス発電とは”
  

  

これは、昼夜を問わず風が吹けば、発電するためで、風力発電のkw当たりの建設費用が全体的に安くて済むからと言えましょう。

風力発電はプロペラのような形をしたプレードで、風を受けて発電機を回すことで、電力を得るシステムです。風が強く吹くほど、発電量が大きくなります。

バイオマスとは、生物に由来する代替えエネルギーの総称です。家畜排せつ物、農業残査、生ごみ、製剤廃材などが代表的なものです。

政府は2005年、発電とバイオマス発電を合わせた導入量を586万キロリットルと打ち出し、積極的な開発に乗り出し今後の再生可能エネルギーの一環として、大いに期待がもたれています。廃棄されてしまう資源を有効活用する点に、リユースされるecoな発電方法です。

地熱発電

地熱発電は、地球が本来持っている火山活動の熱エネルギーから蒸気を取り出して、火力と同様にタービンを回し、電力を得ると言う発電方法です。また常に蒸気が得られるため、太陽光発電や風力発電の様な出力変動がなく、24時間発電し続けると言った特徴があります。

火山の多い日本は、地熱発電に適した環境だとされています。地熱発電は、安定的に発電できることがメリットですが、地熱資源が豊富と見込まれる地域は国立公園内に立地していることが多く、発電所設立の調査許可が下りていないため、今後の発電に向けた開拓が楽しみです。

このように、電力自由化に伴って、多種多様な発電方法を利用することができ、多くの新電力会社の競争の中で、新たな発電方法の発掘が電力自由化の発展を大きく進化させることになるでしょう。

まとめ

電力自由化によって私たちは、エネルギーを選べるようになりました。私達が利用しているエネルギーが何によって発電されているのかわかれば、電気とのつきあい方も変わるかもしれませんね。

販売会社も発電方法を問わず、電力を作り出せる時代となりました。今後更なる有益な発電方法の開発によって、電気料金が大幅に低減される可能性も期待できるのです。

そのためにも、しっかりとした電気料金や発電の知識や仕組みを身につけ、安価な料金体制を持つ発電システムとそれをハンドリングする企業を探すことこそが、良い電力会社と出会える鍵となるでしょう。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!