電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電気代・節約 省エネ術

光熱費ゼロ生活は自家発電で可能になる

光熱費

一般的に見ると、毎月の収入から光熱費の割合を減らすことは決して容易ではないのですが、光熱費をゼロにして生活を豊かにしようという流れもできつつあるのはご存知でしょうか?光熱費ゼロを実現できれば、自由に使えるお金が増え、貯蓄もできるというメリットがあります。

今回は光熱費をゼロして生活することで毎日の生活がどう変わるか、さらにどのようにして光熱費ゼロを実現していくかについて触れていきます。

光熱費をゼロにして生活するメリットとは?

家計簿とお金

光熱費をゼロにすることなど従来の生活スタイルを持つ日本人にとって根本的に思いもよらないことであり、これを達成するためにはそのメリットを知って実現方法を理解しなければなりません。

まずここでは、光熱費をゼロにすると生活がどうなるのか、ごく基本的な面について見ていきましょう。

1.家庭の中で自由に使える資金を確保することができる

最初に光熱費をゼロにして生活ができるとするならば、それまで光熱費に使っていた資金を使わずに確保することができます。それと同時に、この資金を他のさらに必要なモノやサービスの取得に投入できるでしょう。

つまり、光熱費という費用を別の費用に振り替えることができるようになり、同じ収入額であっても生活をより多彩なものにすることができるようにもなります。

特に一般家庭の場合は食費などの日常費用以外に、子供関係の教育費用などでの恒常的な支出に対しては光熱費をゼロにした分から容易に振り替えることができる大きなメリットもある訳です。

ご家庭によっては、光熱費もかなり無駄遣いしていることも相当ケース見受けられ、これをゼロにすることで想像以上に多くの別費用を捻出できるようになるでしょう。

2.貯蓄ができる!

しかし、光熱費をゼロにして生活する最も大きな意義は、先に述べた光熱費とは異なる費用を生み出すことではなく、むしろそれ以外に貯蓄を進められるという点にあるでしょう。

現在は家庭内でも家電製品などでもエコタイプがかなり増えていますので、光熱費を節約できるレベルは以前と比べると格段に向上しているのです。

一般家庭においては、単に光熱費を節約するだけで貯蓄を確実に進めることは基本的に非現実的であるのですが、光熱費を全くのゼロにすることが達成できればそれも決して夢物語ではなくなっていくのです。

このような電気代をゼロにしながら貯蓄を作っていく魔法のような話は、どのようなメカニズムなのでしょうか?次で詳しくチェックしていきましょう。

光熱費をゼロにするにはオール電化への移行が大前提

オール電化

光熱費をゼロにするには、光熱エネルギーを使用しても費用を発生させないことが原則となります。これはつまり、エネルギーを自ら作ることを意味するものですが、一般的に自分で作ることができるエネルギーは電気しかありません。

その際に、日常的に使用するエネルギーを電気に限定する【オール電化】を導入することで、自ら発電してすべての家庭内の光熱需要に対して使用できるようになります。
⇒オール電化の電気代はいくら?

光熱費ゼロには電気の使用が絶対条件

光熱費ゼロは電気の使用が絶対的な条件です。それは、ガスを使用していると光熱費ゼロには決してなりえないからです。

そのため、発電による光熱費ゼロを達成している世帯の大部分はガスによる給湯や加熱を行っていません。

もちろん、ガスを継続的に使用しているご家庭でも発電をされていた方は過去にも多くいらっしゃったのですが、あくまで光熱費の支出の足しにするという認識のものとに行われていました。

しかし、現在は自宅の光熱はすべて自分で賄うという認識を持つ時代に移行してきており、この点から言うとガスの使用は光熱費ゼロの達成において大きな障害となる訳です。

また、全国的に見ても熱効率の大きいガス代は、相対的に電気代よりも高いことも多いので使用エネルギーを電気に統一するメリットはかなり大きいでしょう。
⇒プロパンガス高すぎぃ!効果的に光熱費を節約するなら炊事・入浴・業者選び

光熱費を自家発電によってゼロにする仕組みは?

太陽光発電

かつての自家発電は、電気を作りながら消費するような流動性がかなり高いもので、コスト管理もなかなか難しくてストレスが溜まるものでした。

しかし、近年は発電しながらも蓄電できる効率が飛躍的に向上したこともあって、発電した電気を【財産】として扱える時代になりつつあります。

また、現在は電気の使用目的も家庭内の家電だけでなく、マイカーやアウトドア機器など活用できる幅が大きく広がっているのです。ここでは、総合的に光熱費をゼロにできるベストな方法をご紹介しましょう。

太陽光パネルは省エネに特化した住宅で効果をあげる!

多くのご家庭で取り入れられてきた自家発電方法で最もメジャーなものと言えば、【太陽光パネル】による発電方法です。

昔は導入機器も非常に高額だったので、全体的に見れば一部のご家庭だけだったのですが近年はパーツの低額化も進んで導入しやすくなっています。
⇒太陽光発電を今から始める人が知っておきたい費用の変化

また、現在は国が進める太陽光発電による再生可能エネルギーの普及を目的とした売電収入も見込めますので、積極的に導入されるご家庭も増えています。

しかし、太陽光発電による光熱費ゼロを進めるためには1つの前提があります。それは再生可能エネルギーを完全に進められる【エコ住宅】としての機能を住まいが備えていなければならない点です。

一般的な住宅に太陽光パネルだけを設置してもあまり効果がなく、作られた電気を効率的に消費できる省エネ設備の設置も求められるでしょう。

風力発電では光熱費ゼロだけでなく売電収入も得られる!

近年、太陽光発電よりも注目されているのが、風力発電機器による発電です。風力発電は天気を選ばないので、太陽光発電よりも発電効率が高いという大きなメリットがあります。

さらに、先に述べた国の再生可能エネルギー普及のための電力買取についても、風力発電によるものは現段階において買取価格が太陽光発電よりも大幅に高いことで知られているのです。

風力発電はこのような収益性の高さによって、光熱費をゼロにできるだけでなく売電収入による貯蓄も生まれやすいのです。

ただ、現在風力発電の導入費用は、規模にもよりますが太陽光パネル設備よりも割高であることが一般的です。そのため、導入には一定のまとまった資金が必要になることが多いです。

光熱費ゼロのための自家発電で注意すべきポイントは?

自家発電

これまで、光熱費ゼロでの生活は自家発電を導入することでスムーズに達成できることをお話してきましたが、いずれの方法による発電をすすめるにしても機器を使用していくことには変わりありません。

家庭の中で自家発電を進めていくには機器のコンディションを常に見極めていく必要があります。そのポイントを大きく2つに分けて説明していきます。

自然による機器損傷で発電がスムーズに行かないケース

自然現象を利用して発電を進める訳ですが、それ故に自然現象による脅威も常に受け続けることになります。

太陽光発電のパネルになると、様々な要因による表面ガラスの破損なども多くなります。これによって発電効率も著しく失うことになるでしょう。

風力発電に関しても全く同じことで、急な強い突風などによる回転翼の破損ケースもかなり多く存在しています。風力発電機器の場合は太陽光発電よりも発電効率は大きい反面、機器の損傷が発生した場合における修理費用も余計にかさみますのでコスト管理も常に必要となるのです。

自家発電では、このようなリスクを常に負っていることを強く認識しなければなりません。

蓄電のためのバッテリーは良質なものを選ぶべき!

また、自家発電を効率的に進めながら光熱費ゼロも達成していくとなると、作った電気を理想的なタイミングで使えるようにしなければなりません。そのためには発電機器に併用する蓄電バッテリーに関しても良質なものを選ぶことが必要です。

自家発電が成功するか否かはこのバッテリーの質にかかっていると言っても過言ではなく、導入当初に質の悪いバッテリーを使用してしまったために想像していた発電量が得られなかったと感じる方もかなり多いのです。

近年は機器全体で海外製のものが増えていることもあり、導入価格も低くなる傾向にあります。これにより、導入価格の低さを最重視される方は特に質の悪いバッテリーに出会いやくなります。

導入費用がどんなに安くても、バッテリーの種類については常に良いものを模索してください

光熱費ゼロが難しくても、大幅な電気代の削減ができるかも!

光熱費がゼロになれば、日常生活で余剰資金による消費や貯蓄が容易に進めやすくなります。太陽光パネルや風力発電機器によって自家発電し、それを徹底的に光熱費へ充てられるからです。

しかし、初期費用なども考えるとまだ難しい、という方も多いのではないでしょうか。そんな場合は、今は電力自由化によりより電気代が安いプランへ乗り換え可能ですので、そちらも検討してみてはいかがでしょうか。

毎月4,500円電気代が安くなるケースもあります。ご自分の場合はどうなのか?一度タイナビスイッチで調べてみましょう!簡単入力で各料金プランを一括比較できます。ぜひご利用ください。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!