電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

coincheckでんきの電気料金プランでビットコインが貯まる・使える!

コインチェックでんき

国内初めて、公共料金の支払いにビットコインが使えるサービスを提供している「coincheckでんき」。ビットコインの国内取引所を運営するコインチェック株式会社(旧社名:レジュプレス株式会社)が提供するサービスの内容と電気料金プランとは?ビットコインが使える・貯まるプランに乗り換えるとどのくらいお得になるでしょうか?そもそも電気を供給できる理由は?期待の新サービス「coincheckでんき」のプランとサービス、その特徴を解説します!

coincheckでんきの電気料金プラン

coincheckでんきは従量電灯1・従量電灯2という2つの電気料金、それらに「ビットコイン決済プラン」「ビットコイン付与プラン」を組み合わせた電気料金プランを用意しています。

従量電灯1とは、東京電力管内と中部電力管内でいうところの従量電灯Bに相当し、関西電力管内においては従量電灯Aに相当するプランです。従量電灯2は東京電力管内・中部電力管内の従量電灯C、関西電力管内の従量電灯Bに相当します。

「ビットコイン決済プラン」「ビットコイン付与プラン」が異なるのは支払い方法にビットコインが使えるか、ビットコインで還元されるかという点です。もう少し詳しく解説しますね。

ビットコイン付与プランの特徴

電気料金プランを乗り換えたら電気料金の支払額が安くなる!というイメージを少し変えてくるのがこちらのビットコイン付与プランです。このプランに乗り換えても電気料金の支払額・支払い方法は変わりません。変わるのはビットコインが貯まるというところです。

電気料金そのものは安くなりませんが、後ほど解説するビットコイン還元率に則ってビットコインが毎月貯まるようになるのがこの電気料金プランの特徴です。例えばcoincheckでんきに乗り換えてひと月の電気料金に444円の割引が適用されたなら、この金額分に相当するビットコインが付与されます。444ビットコインではなく、444円分のビットコインです。

ビットコイン決済プランの特徴

話題を集めた国内初のビットコイン決済ができる電気料金プランです。後ほど解説する電気料金の割引率に則って電気料金が安くなり、支払い方法にビットコインを選択できるようになるのが特徴です。

決済は「coincheck」アカウントのビットコインによって行われ、「coincheck」における支払期日の正午のレートが適用されます。

割引率・還元率が同じである以上、一概にどちらのプランがお得とは言えませんが大手電力会社(一般電気事業者)の従量電灯A・Bよりも4〜6%ほどお得になるとされています。ビットコインで支払いつつビットコイン還元を受けるプランは現在のところありませんので、どちらかお好みの特徴を持つ電気料金プランを選択してください。

ビットコインで支払えなくなったら?
支払期日に「coincheck」アカウント内のビットコインが不足していた場合、直ちにビットコイン付与プランに移行することとなります。すぐさま電気が止まるわけではありませんが延滞料金(利息 年10%)は発生する可能性があり、滞納が続けば新電力の方から解約することもできますので注意してください。

電気料金の割引率・ビットコイン還元率

denki

「ビットコイン付与プラン」「ビットコイン決済プラン」のどちらにとっても重要な割引率・還元率は同じ方法で決定されます。東京電力管内・中部電力管内なら契約アンペア数に応じて決まり、関西電力管内なら電気の平均使用量に応じて決まります。

東京電力管内・中部電力管内

従量電灯B 40A 従量電灯B 50A 従量電灯B 60A 従量電灯C
4% 割引 5% 割引 6% 割引 6% 割引

関西電力管内

平均使用量 300kWh以上
5% 割引

coincheckでんき申込方法

1 coincheckに登録
メールアドレスやFacebookアカウントを使ってcoincheckへアカウント登録を行います。ログイン後、本人確認として氏名、住所などの個人情報入力と本人確認書類のアップロードを行います。

2 申し込み
契約上必要なことが書いてある約款(やっかん)と重要事項説明書を読み、電気契約の申し込みを行います。このとき、申し込むのはcoincheckではなく「ENS」であり、契約者名を現在電気の契約をしている人の名義にするという点にご注意ください。

約款・重要事項説明書の場所 → ログイン後 → ウォレット → 左カラム「でんき」→ ビットコイン付与・決済までの流れ

3 現在の電力会社を解約する(EMSが行う)
ここからはユーザーではなくEMSが行います。引っ越しとは異なり、電力会社乗り換え時の解約は新しく契約する新電力が行うのが通例となっていますね。ところでEMSとは何者なのか?については後ほど解説します。

4 スマートメーターへの交換(電力会社が行う)
検針に使うメーターをスマートメーターに交換する工事が入りますが、ユーザーが立ち会う必要はありません。電力会社が無料で行いますので、交換日時の連絡を待ちましょう。工事の際に十分間ほど停電する可能性がありますが、停電させずにメーター交換することは可能です。どうしても停電させたくない場合は事前に相談しておくのがベターです。

5 供給開始
coincheckでんきへの申し込みから3週間〜1ヶ月半経過した後の検針日から電力の供給が開始されます。検針日はこれまでと変わりません。

6 料金請求とビットコイン付与・決済
電気の供給と共に電気料金の支払いとビットコイン付与が開始されますが、そのタイミングは原則として電気利用月の翌月末正午です。ビットコインの交換レートはその時点でのcoincheckにおけるレートが適用されます。

関東・関西・中部に展開!解約金などの手数料は?

coincheckでんきは東京電力管内、中部電力管内、関西電力管内の3エリアを対象にサービスを展開しています。

契約期間は1年間。契約に手数料はかかりませんが、coincheckでんき(ENS)との契約から1年以内に解約した場合は所定の解約料が発生します。
→ 解約金不要の電力会社は?地域別まとめ

請求書、領収書、利用明細の郵送は別料金
coincheckでんきの明細は基本的にウェブ上で確認するのが前提となり、請求書や明細の郵送は希望すれば有料で行われます。

  • 請求書・領収書・利用所明細:162円(1通ごと 税込)
  • 利用明細書:540円(1通ごと 税込)

coincheckが電力会社?電気の調達と運営の秘密

biz

coincheckでんきを提供するコインチェック株式会社といえば、ビットコインの取引所「coincheck」に、一大ヒットとなるビリギャル発祥の地となった「STORYS.JP」など、ウェブサービス中心の企業ですよね。それが電気の小売を始めるとは意外な印象を抱く方も少なくないはずです。電気の調達方法は…?

coincheckでんきは「媒介」、電気を売るのは「ENS」
コインチェックは小売電気事業者「イーネットワークシステムズ(ENS)」の媒介として、ビットコインを絡めた特典で顧客を集める「coincheckでんき」というサービスを展開しています。coincheckでんきに申込んだ場合でも、実際に電気の契約をする相手がイーネットワークシステムズになる理由がこれです。

と、言われてもイーネットワークシステムズだって馴染みがない企業ですよね。電気の調達とか需給調整などの信頼性はどれほどあるのでしょうか?と思えばイーネットワークシステムズも新電力と提携しており、電気の調達と供給能力は十分に持っているのです。提携中の新電力の名前は、丸紅新電力!

電気の調達・供給は丸紅新電力!電源構成は?

丸紅新電力は10年以上も前から特別高圧・高圧など法人向けに電気を小売してきた老舗新電力とも呼べる存在です。国内に多くの発電所を保有しており、特に再生可能エネルギー事業に注力しています。2015年7月時点では発電設備の約7割を再生可能エネルギーが占めていますね。

そのため電源構成も再生可能エネルギー由来のものが多く、コスト面も考慮したLNGも組み合わせることでCO2排出量の抑制と低価格を両立しています。

丸紅新電力の電源構成

marubeni

2015年度のCO2排出係数(調整後)は0.411kg-C02/kWh
※FIT電気の調達費用の一部は再生可能エネルギー賦課金で賄われており、この電気はCO2排出量を持った電気として扱われます。
※日本卸電力取引所から調達する電気には火力、水力、原子力、FIT電気、再生可能エネルギーなどが含まれます。

豊富な発電量と電気の需給調整の経験と技術。電力会社に不可欠なこれらの要素を丸紅新電力が代理で行うなら、新規参入のcoincheckでんきとの契約も安心ですね。

丸紅新電力とも契約できる!違いは?
coincheckでんきの電力供給を行う丸紅新電力
ですが、実はこちらも低圧向け新電力として全国7エリアの家庭・中小事業所向けに電気を小売しています。

それだと丸紅新電力と何が違うのか…という話になるかもしれませんので簡単に比較してみましょう。丸紅新電力は特典なしの格安プランと環境付加価値がある割高プランを提供しています。coincheckでんきはビットコインが貯まる・使えるサービス付きの割安プランです。

いずれも大手電力会社の従量電灯よりも安く、違いは付加価値にありますのでお好みでお選びください。節約金額が多い方がいい!という場合は、シミュレーション比較の上でお選びください。
⇒タイナビスイッチで簡単診断はこちら

イーネットワークシステムズのツール・ノウハウで新電気料金プランが誕生

coincheckでんきの電気供給は丸紅新出力が担当するということですが、ではイーネットワークシステムズは何をする企業なのでしょう?

イーネットワークシステムズは一言で表せば「新電力スターターキット」であり、電気の小売に必要な知識と運用ツール、電気の供給手段(丸紅新電力)を提供する役割をもっています。coincheckのレジェプレスのように、電気と関わりのない他業種から電気小売業に参入するならイーネットワークシステムズと提携すればほとんど全ての準備が整うというわけですね。

つまりcoincheckでんきに契約した後、ウェブ上で明細を確認する機能を始めとした顧客サービスの準備は万端ということです。新規参入者の新電力であるcoincheckでんきと契約する不安はかなり薄くなったのではないでしょうか?

coincheckでんきの特徴 まとめ

  • 関東エリア・関西エリア・中部エリアに対応
  • ビットコインで電気料金を支払える
  • ビットコインが毎月貯まる
  • 還元率・割引率は契約アンペア(使用電力量)で決まる

あとはあなたのメリットを追求するのみです。電気をお得にしてビットコインを貯めたいなら、coincheckでんきを検討してみましょう!
⇒タイナビスイッチで簡単診断はこちら

早く決断した人はその分多くのメリットを受け取れるチャンスが訪れているのですから!

先着1,000名にビットコインプレゼント!

coincheckでんきは先着1,000名の新規申込者を対象に500円分のビットコインをプレゼントするキャンペーンを実施しています!

ビットコインをローコストで集めたい人には垂涎物のキャンペーンですね!全国初のビットコイン決済で話題になったcoincheckでんきですから、油断していると1,000名などあっという間に埋まってしまいそうです。

契約は無料で、解約料を発生させないためには契約から1年間は他社への乗り換えを控えるだけです。これからの発展が期待されるビットコインをもらいながら電気料金を節約できるcoincheckでんき、検討の価値は大いにありますね!肝心の節約金額もしっかりシミュレーションしておきましょう!

電力会社を変えてお得になる金額はいくら?今すぐ無料シミュレーション!

節約可能な金額がわからないことには乗り換えに躊躇してしまいますね。その悩みを解消するのがタイナビスイッチの無料シミュレーションです!

実際の家庭における電気の使用データを元に設計されたシミュレーション精度の高さに加え、会社の都合を脇においた誠実なシミュレーション結果をお知らせし、あなたの電力会社選びを強力に支援します。

あなたにとって本当にお得な電気料金プランを見つけるなら、今すぐこのシミュレーションをお試しください!

電力会社は選ぶ時代へ!
プロパンガスを30%節約
ガス自由化スタート
電気料金セット割特徴からプランを探す
「電力業界」に特化した転職サポートサービス
家庭・家計の節約術の新着記事
電力自由化の新着記事
電力会社は選ぶ時代へ!
あなたのおうちにぴったりの電力・ガス会社は?