電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

【東北電力に転職】口コミや評判・給与など転職前に知っておきたいこと

東北電力

東北地方の電力を供給している東北電力は、就職・転職先として非常に人気の高い企業であり、東北経済連合会における強い影響力を持っている企業としても有名です。

もし今後東北電力への転職を考えているのでしたら、実際に働いている人の良い口コミと悪い口コミ、そして仕事内容や年収、向いている人などを知っておくことをオススメします。
⇒東北電力エリア電気料金シミュレーション結果|タイナビ調べ

東北電力の良い口コミ

口コミ

東北電力で働いている人の口コミを見てみるとよくわかりますが、良い口コミもあれば悪い口コミもあります。転職をする前に口コミを参考にしてみてください。

まず最初に、東北電力に転職をして良かった口コミをご紹介します。

原発再稼働問題でも、女川原発、東通原発は先の震災時に安全性が証明され、一刻も早い再稼働が望まれます。

円安による火力発電コストの上昇も、原発再稼働で抑制でき、水力、地熱と言った再生エネルギー資源にも恵まれていますので、今後の成長に死角がありません。

東北地方に多大なる損害と被害を与えた2011311日に起こった東日本大震災でも、東北電力が管理する原発に大きな影響を与えなかったことは高く評価出来ますね。

しかも再生エネルギーの資源が豊富な東北地方ということで、事業の将来性に期待することが出来ます。このことから現在はもちろん、将来性という考えでも全く抜け落ちが無い企業だと言えます。

残業についても同様で基本的には定時に帰れますが、忙しいときは夜10時近くまで作業することがあります。

残業代はしっかりでるので安心して大丈夫でしょう。有給についても急でなければいやな顔もされず、ふつうにとれます。

ブラック企業が騒がれている現在、基本的に定時帰宅が可能で、残業代もきちんと出るのは働く上で安心出来るポイントではないでしょうか。

多くの方が取得するのに躊躇してしまう有給休暇も普通に取れるのは良いですね。

とにかく給料が高く、昇進も歳を重ねるごとにしていきます。ただ実力主義というよりは年功序列なのでがんばったぶんだけいっきにあがるわけではありません。部門にもよるものと思いますが、40歳前後には大台に乗ると思います。

大手企業ということで、給料が高いのは最大のメリット の一つだと言えます。実力主義よりも年功序列が優先されるのは良くも悪くもありますが、年齢を重ねることで給料がアップするのは安泰な暮らしを続けるのにとっても助かりますね。

年間7万円程度、旅費や福祉関係に使用できるポイントが付与される。

地域貢献として地元の様々な行事に参加したり、主催したりしている。

給料以外に、年間で7万円ものポイントが進呈されるのは、働く上で嬉しい特典の一つだと言えますね。しかも地元の行事への参加や主催は、地域住民に対する東北電力への理解をしてもらう良いチャンスです。

これこそが東北電力が長きに渡って地域住民から愛され、発展している優良企業の要因ではないでしょうか。

基本は暦どおりの勤務。部門によっては交代勤務がある。休日出勤をしても必ず代休がある。

通信教育の助成、また一部の資格には助成金が出させるため、取得に対する向上心が増す。

暦通りの勤務で、しかも休日に出勤したとしても代休が取得出来るのは、現在の日本の企業では少数派なのが現実です。東北電力でしたら「必ず」代休を取れるなんて嬉しい限りです。

スキルアップのための通信教育費用にも助成金がもらえるのは、さらなるステップアップにも繋がります。

東北電力の悪い口コミ

噂話をする女性

女性のキャリアパスは前例がないからなんともいえないが、基本的に年功序列であり、特に女性が活躍しやすい現場ではないため女性の出世は男性に比べ遅くなるかと思われる。

社会進出する女性が増えてきてはいますが、東北電力ではあまり女性のキャリアアップは期待出来なさそうです

確かにそれはキャリアアップを目指す女性には不満かもしれませんが、将来的にずっと安定した給料をもらい続けることを最優先にしている女性にとっては嬉しいメリットかもしれませんね。

電力自由化に向けて様々な検討を多方面の観点から行っている。社風は真面目。とにかく固い(よい意味で変な融通は利かせない)。一方、震災以降、福利厚生面において様々な削減がなされており、社員負担は高まっており疲弊気味。

20164月から電力自由化が始まりましたが、今後も競合他社に顧客を奪われないためにも日々様々な検討が行われることでしょう。

また社内でワイワイガヤガヤとアットホームな感じで仕事をしたいと望む方には、不向きな職場かもしれませんね。福利厚生面で削減が進んでいるようですが、それでも大手企業なりの保障は受けられるので安心です。

1年目は総合研修センターにて社会人として基礎的なスキルを身につける。2年目は業務改善に関してプレゼンテーションをする。現場にいる限り、日々の仕事を通じても得られるスキルはほとんどなく、大学で学んだことが全くいかせない。

大学で学んできたことが全くいかせないのは辛いですが、良い口コミであったように資格取得の助成金制度があるので、スキルアップには適しているかと思います。

総合研修センターで社会人として基本的なスキルを身に付けられるのも、将来のことを考えたら良い方向に動くでしょう。

人事異動の希望が通ることが少ないため、自分の伸ばしたい部分を伸ばすことが難しい。

腰掛けの様な中途半端な姿勢で働く中年社員がいるため、老害と化し若手社員の意識を阻害している。

一つの会社に属している限り、人事異動という会社の方針に従うのは仕方の無いことかもしれませんね。言葉は悪いですが、老害と化する傾向はどの企業や会社でもあることです。

若手社員にとってあまり良い存在では言えないかもしれませんが、長い年月東北電力に籍を置いている上司ですから、スキルアップに必要な盗める情報やスキルは学んでおきましょう。

東北電力の採用情報

面接

東北電力への転職を検討する際には、東北電力ではどんな仕事内容で、ボーナス、休暇はどうなっているのか、募集している職種、資格や経歴などを知っておかなければいけません。そこで具体的な採用情報をご紹介します。

仕事内容やボーナスや休暇情報

仕事内容

東北電力での仕事内容は様々ありますが、その基本的なことは東北電力が管轄しているエリアに安定した電力を供給し続けることです。ただ安定しているだけではなく、消費者が安心して電気を使用出来るよう日々のメンテナンスも非常に重要な仕事となります。

そして消費者と東北電力を繋げる営業やお客様提案、広報、地域交流なども欠かせません。

ボーナスの平均

30歳 74万2383円
40歳 87万2701円
50歳 107万1305円

休暇
土曜日、日曜日、祝日、年末年始で、有給休暇が初年度で15日、次年度以降からは20日取得出来ます。

ただし突然のトラブルに対応出来るよう、発電所などでは交替勤務が導入されています。同じ東北電力でも、部署により休暇の取り方に違いがありますのでご注意ください。

東北電力ではどんな職種を募集しているのか?

東北電力で募集している職種は、大きく「火力原子力本部の部門」「電力ネットワーク本部の部門」「お客さま本部の部門」「企画管理部門」に分けられます。

火力原子力本部の部門では燃料や火力、原子力などの保守、運用管理がメインとなり、電力ネットワーク本部の部門では、消費者へ安定した電力を供給するためのシステム管理や工事などを行います。

そしてお客さま本部の部門では、営業やお客さま提案に取り組み、企画管理部門ではその他東北電力の総合的な業務を主としています。

就職に必要な資格や経歴、向いている人など

東北電力では、「地域に根ざし社会に奉仕」という姿勢の元、何事に関しても寛容な人材が求められています。東北の繁栄に積極的に貢献し、会社に対し保守的な気持ちで、従順な社員が広く好まれています。

専門的な部門で無い限り、特に必要とする資格、経歴はありません。転職してからも働きながら資格取得が可能なため、さらなるスキルアップを目指しているのでしたら、積極的に資格取得活動に励みましょう。

今回は東北電力への転職について様々な情報を書かせていただきました。

情報不足な点もあるかもしれませんが、東北電力への転職活動にお役立ていただけたら幸いです。貴方の転職が有意義なものになるよう祈ります。

東北電力と他の電力会社の料金プランを比較して情報収集しましょう

東北電力はお給料も高く、しっかり休みも取れて安心して働ける大企業です。地域に根ざしたサービスを行っているため東北電力にお住まいの方には親しみのある企業でしょう。

今は電力自由化により東北電力以外にも様々な電力会社を選べるようになっています。いろいろな電気料金プランを比較することは、電気代の節約はもちろん転職の際の比較情報として役立ちます。

気になる方はぜひタイナビスイッチで比較してみてください。簡単に業界精度No.1の電気料金シュミレーションが受けられますのでおすすめです。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!