電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

電気料金の支払い方法を確認しよう!!

電気料金の支払い方には、2~3種類の方法が用意されています。

  • 指定された口座から引き落とし日になると自動的に振り替えられる『口座振替』
  • クレジット会社が立替をし、代金として支払う『クレジットカード払い』
  • 電力会社から送られてくる払込用紙により振り込みをする『振込支払い』

大まかに分けてこの3通りが、電気代を支払える形態となっています。
現在自分が支払っている、もしくはこれから払うようになる場合も含め、支払方法の確認はしっかりと行うようにしましょう。
⇒電気料金の支払いはどうやって確認すればいい?

電気料金の支払い方法を確認しよう

口座振替

“口座振替”

金融機関から取り寄せる、各種電力会社から取り寄せる、インターネットバンキングを契約している場合インターネットから申し込む、窓口から申し込むとなっていますが、口座振替に変更する場合は、1~2ヶ月の時間が掛かりますので留意しておきましょう。

また電力会社によっては、WEB上からの申し込みが可能なところも存在しますので、まずは電話で確認しておくのが良策でしょう。

クレジットカード払い

“クレジットカード払い”

まず最初に述べておきますが、クレジットカード払いは各電力会社窓口にてクレジットカードを提示して支払うものではありません。
また、クレジットカード会社の締切日と各電力会社の検針日との関係上、その他事務上の都合により、当月の請求分がずれて2ヶ月分まとめて支払うケースがあります。

クレジットカード払いの申し込みの手続きとして申込書を提出する必要があります。
この際に必要になる申込書は、各電力会社のコールセンターからの郵送をして頂くか、対応しているクレジットカード会社のホームページから申し込みをする事が出来ます。

尚クレジットカード払いの流れとしては

申込書提出→検針→電気代計算→カード会社へ請求→電力会社への立替払い→カード利用明細送付→クレジットカード会員口座から引き落とし

と言う流れになっています。

振込支払

“振込支払”

振込用紙からの支払いをしたい方は各電力会社窓口、もしくはコールセンターから申し込むようにしましょう。
振込支払の場合月々に振込用紙が送られてきますので、記載されている早収期日までに支払うよう心掛けましょう。

早収期日を経過してしまうと手持ちの振込用紙は使えなくなってしまいますが、後日改めて支払期日が決められた振込用紙が送られてきます。
その時に忘れずに支払うよう心掛けたいですね。

各種支払日の確認

口座振替、クレジットカード払い、振込用紙払いと種類が分かれていますが、どの支払方法でも事前にハガキ、振込用紙などで振替日、支払期日が明記されたものがお手元に届きます。
口座振替やクレジットカード払いであれば、検針日から数えて10日目(ないしは9日目、離島であれば15日目)が振替日となります。

尚検針日から10日目の引き落としの際に預金が不足している場合は、検針日から20日目になり、また予め案内の通知が届きます。
それでも尚預金不足の場合は検針日から30日目に再々引き落としが行われますので、忘れずに口座に入金するようにして下さい。

またクレジットカード払いの場合、電気料金の請求は毎月1回払いとなっていますので、これも予め留意しておきましょう。

電気料金払込票(振込用紙)

検針日より20日目までに支払う事で早収料金が適用されます。
反対にこの期間が過ぎると遅収料金となり、早収料金の3%増しが適用されますので注意しておきましょう。
検針日から50日目になると支払期限日となり、この時までに支払っておかない場合、送電を停止する旨が通知されます。

送電を断れない為にも支払期限日には、電気料金を支払いましょう。

尚、支払い状況によっては先月分と先々月分の振込用紙が送られてくる場合がありますが、もしまとめて払えない時は先々月分から支払いを済ませていきます。
先に先月分を支払ってしまうと先々月分が未納となり、検針日から50日を経過した場合、上記のように送電を断る旨の連絡が来る事になります。

電気料金支払い方法 大手電力会社の場合

ここでは、大手電力会社の支払い方法を具体的に紹介したいと思います。
会社により若干、サービスが異なる点があるので参考にして頂ければ幸いです。

東京電力(TEPCO)の場合

口座振替

TEPCOには、「口座振替日指定サービス」があります。
このサービスは、所定の口座から引き落としする日にちを自分で指定することが可能です。
ただし、銀行が休業している土日祝日などは振替できないこともあります。
口座振替を利用している方であれば誰でも利用できます。

クレジットカード払い

クレジットカード払いの場合は、クレジットカード会社で電気料金を立替払いにして所定のカードから毎月引き落としをする方法です。
支払い開始日は、検針票で通知がくるので確認してください。
カード払いの場合は、領収書や請求書が発行されません。
クレジットカード会社の明細書がその代わりとなります。

電気料金の二重払いを防ぐために、既存のカードのと別のカードで登録をした場合は、既存のカードは自動的に解約処理されます。
この支払方法は、特別高圧や高圧の契約者、複数の契約の一括払い、一括前払い契約の方は対象外になります。

クレジットカード払いですが、支払い方法は1回払いのみです。
クレジットカード会社によっては、締日と東京電力の検針日の事務的な事情により2カ月分の電気料金が引き落としになることがあります。

振り込みでの支払い

東京電力の専用振込用紙で支払います。
支払いは、コンビニエンスストア、銀行、郵便局などの他、東京電力の窓口でも支払うことが可能です。
この専用振込用紙ですが、支払う前に「電気使用量のお知らせ」と「電気料金振込用紙」を切り離さなさないように注意してください。

※一カ月の電気料金が1000円未満の場合は、翌月に繰越し請求になります。
⇒インターネットや郵送もOK!東京電力の支払い方法変更手順がまるわかり

関西電力の場合

ワンショットクレジットカード決済

クレジットカードを所有している方対象のサービスです。
このサービスを利用することで、インターネットからクレジットカードで一時払いができます。
コンビニエンスや銀行などに支払いに行かなくてもインターネット上でクレジットカード決済ができるサービスです。

このサービスは、振込用紙を紛失したり、支払いの期限が超過してしまった場合などにも使うことができます。

ただし、数カ月まとめて支払った場合は、利用明細書はまとめた金額で記載されるので注意してください。

⇒電気代の支払期限が過ぎちゃった!あなたが取るべき行動まとめ

口座振替

関西電力の場合は、検針日から9日目までの間に所定の口座から自動引き落としになります。
初回、引き落としができなかった場合は、検針日から20日目に又、引き落としがかかります。

毎月の引き落とし日は、「はぴeみる電」か「電気ご使用量のお知らせ」で事前に確認ができます。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!