電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

電力自由化5つの目的とは?

電力自由化

電力自由化最大の目的とは?

電力自由化の目的は多岐にわたりますが、最大のものをズバッと申し上げますと電気料金の低下です。
規制緩和によって地域指定の大手電力会社以外の電気を購入できる電力自由化の目的は、日本国民の電気料金の緩和です。
もし、電力自由化の目的を理解せずに電力プランを新電力に変更していないのなら、安くなるはずの電気料金を高いまま支払っていることになります。
⇒電力自由化とは?

こんな方は要注意!!

  • 電力自由化は面倒
  • 手続きがわからない
  • 本当に安いのか信用できない
  • まだ今のままでいいんじゃないの?
  • 電力プランの比較はしたことがない

もし、この中のどれかにあてはまるのなら、電力自由化の目的を理解していないことになり、高い電気料金を永遠に支払うことになるかもしれません。

電力自由化の本来の目的 や経緯と内容など、どこのサイトよりも誰でも納得できて、だからオトクなのだと理解できるようにお伝えします。
せっかくのチャンス見逃さないように!!

電力自由化の仕組みを分かりやすく説明

じつは日本で電力自由化がスタートしたのは、2016年ではなく2000年からすでに始まっていました。
これは、ビルや工場など大量に電気を必要とする企業向けでしたので、一般家庭や小規模の店舗は対象外でした。

2016年からは企業以外の飲食店やコンビニエンスストア、そして家庭内で使った電気も電力自由化の対象になります。
そのため、今までの電気料金に不満を感じていた方でも電力自由化をきっかけに電力会社を自分が気に入った新電力参入会社にスイッチできるというわけです。

2000年から2016年にかけて電力自由化は、段階的に進化してきました。
徐々に拡大した日本の電力自由化の目的はいったいなんでしょうか?
電話会社を例にするとわかりやすいですが携帯電話やプロバイダー、固定電話でさえ、現代は多くの通信会社から選べるようになりました。
電気料金も同じです。

電気料金を自由化にした目的は、世界の電気料金と比較して高額な電気料金を緩和するためです。
他国と日本の電気料金の価格を比較してみましょう。

産業用と家庭用のどちらも世界的に見て電気料金が高めなのがわかります。
そのため、電力会社同士を価格競争させ、結果的に電力自由化で電気料金が緩和される事が目的なのです。
つまり、電力会社を私たちが自由に選べることで新電力は、魅力的なプランや個性的で注目を浴びるようなプランを出してきます。

そうなれば、より電力会社同士が競争することで安定供給が進行します。
電力自由化の目的は、自然に電気料金が低下することです。
そうなることを予測し、政府が電力自由化をおこなったのです。

じつは電力自由化は、2000年、2004年、2005年、2016年と4段階に分かれていました。
大規模需要家、中規模需要家(契約電力500kW以上)、中規模需要家(50kW以上)、小規模需要家と段階を踏んで日本の電力市場を自由化にしたわけです。
⇒動力電力も電力自由化で電気料金が安くなる!!

そのため、電力自由化の本来の目的がうまくいくように15年の間隔をあけて踏み切りました。
この本来の目的とはなんでしょう?
大量に電気を使用する産業用と一般家庭の電気料金を同時に電力自由化すると混乱しかねません。
電力自由化を4段階に分けておこなわず、一斉に始めるとどのような混乱が生じるでしょうか?

  • スマートメーターの設置が遅れる
  • 手続き自体の遅れ
  • 停電のリスク
  • 新電力の倒産
  • 請求ミス

電力使用量は、大規模需要家と小規模需要家とでは桁違いの電力使用量です。
これらの需要家を一斉に電力自由化にすれば、対応が追い付かなくなり本来の目的を見失う可能性が高くなるため、間隔をあけて電力自由化はおこなわれたのです。

電力自由化の目的からメリットを分析

電力自由化の4つの目的

電力自由化の目的は大きく分けて次の4つです。

  • 新電力参入社を競争させ、価格を下げる
  • 電気事業者以外の参入社を増やし多種多様な付加サービスを増やす
  • スマートメーターと各家庭に取り付けることで無駄な電力をはぶきHEMSを取り付けることで見える化でサービス展開する
  • 再生可能エネルギー(風力発電所、太陽光発電所)を増やす

小売電気事業者数は2016年4月の時点で286事業者になります。
その中でも目立つのが電気とは全く関係のない事業者で、自社サービスにプラスし電気を販売するセット売りです。

そのため、ガス、住宅、通信事業者、石油販売事業者などが電気と自社製品のセット売りをかかげ、新たなビジネスチャンスを仕掛ける事業者も見受けられます。
電気を購入すれば、さらに自社製品が格安になる、ポイントが溜まるなど自社サービスを魅力的にして知名度を上げる目的で電力自由化に参入しているパターンなど、新たなサービスが誕生することも考えられます。

家庭や店舗など全ての消費者が対象になった、電力自由化は電力会社や料金プランも自由に選択できるのですから価値観やライフスタイルに合わせて自由に選べるようになりました。

新電力の参入が増えればライバルとなる会社が増え、顧客獲得競争になります。
そうなれば、メリットを浮き彫りにしないと顧客はつかめません。
割引や各種ポイントサービスを付与するなど、私たちのように電気を買う立場であれば電力自由化は、さまざまなメリットがあり、電力の自由化のおかげで電気料金が安くなります。

電力自由化の目的は、価格面には収まらず、ITとの融合でサービス展開の領域を広めることにもあります。
家庭内の電力を目で確認できるHEMSです。

これは家電と連動でき、電気の「見える化」が実現できる目的で作られた家庭エネルギーシステムです。
家電の電力使用量が分かるだけでなく、これらの本来の目的は二酸化炭素の大幅な削減です。

日本は2030年までに二酸化炭素を80%削減するとし、電力自由化により、国民が地球エコロジーに関心を持ち、どれくらいの電力を我が家は消費し、二酸化炭素をどれだけ排出しているのかがわかるようになります。
そうなれば無駄な電力が少なくなり、二酸化炭素も軽減されるでしょう。
再生可能エネルギーもそうです。

風力発電や太陽光発電は、二酸化炭素を排出させない発電所です。
そのため、注目が集まっています。
再生可能エネルギーが増えていけば、将来は電気の地産地消を実現できる地域も増えていくでしょう。

そうなれば、自分の趣向にあった電気を選択し使えるようになります。
電力自由化の本来の目的は多岐にわたり、それぞれが大きな影響を他の分野にも与えるのです。
⇒ 電力自由化 電気を売る会社の選び方 徹底比較

5つの大きなメリット

電力会社を選べることで、私たち消費者には5つのメリットがあります。

  • 多様な電力会社の中から気に入ったプランを選べる
  • 地域の大手電力会社よりも低価格な電気料金が増える
  • 電気の素材で選ぶことができる
  • エリア外で発電した電気も購入できる
  • 時間帯別料金の電力プランの内容が充実

電力会社が増えれば、プランの数も大幅に増えることになります。
例えば、いつも利用しているガズ会社が電気を小売り販売しているためその会社で電気を契約した場合、セット割引のほか、ポイントサービスなど購入する立場の方は、お得になります。
そのほか、新サービスも充実します。
例えば東京ガスでは、ガス、電気、インターネットの3つを契約すると「東京ガストリプル割」が適用になります。

そのほか、「生活まわり駆けつけサービス」が2018年の3月まで無料で利用できる特典もあり、年間で27,100円以上安くなる計算になります。

このような今までにないような生活に役立つサービスが付加され充実すれば、消費者にとってはうれしいことです。
また、現在利用しているサービスがさらに安くなり、電気も安いのであれば「ここから電気を購入しよう!」と考えられます。

再生エネルギーを発電源としている新電力を選択する事が出来る!

また、地球に負担のかからない方法で発電している新電力を好む傾向もあります。
再生エネルギーの風力、太陽光、水力、地熱などを中心に電気を発電している電力会社をとなれば素材重視で選ぶことも可能です。
競争的な電力の自由市場が誕生するのですから消費者にとってはうれしいことです。

世界的に見ても先進国のほとんどが、電力自由化をおこなっています。
電気料金が高い日本は、電力自由化で世界水準に価格調整する必要があります。
しかし、個性や魅力を発信できない新電力業界は、顧客収集に苦戦することも予想されます。
安さや電源素材、サービス内容を重視し、電気は消費者が選ぶ時代になった日本は電力自由化の目的をしっかり理解することが大切です。
一番の目的は、電気料金の価格水準を下げることです。
せっかく電力自由化になったのですから、まずは新電力と今までの料金体制を比較することです。
年間数万円安くなり、そのまま数十年も支払っているのでは確実に損をします。
例えば、2万円年間安くなるはずが30年も支払っていては、720万損をすることになります。
まずは、比較してみることが大切です。

電力自由化の目的は地球の省エネ効果

政府がすべての電力を自由化した背景には、二酸化炭素の排出を大幅に軽減する目的もあります。
そのため再生可能エネルギーの太陽光発電や風力発電、そのほか水力、地熱といった二酸化炭素を排出しないクリーンな環境を維持できる発電所を大幅に増やす計画があります。
特に空き土地があれば、建設しやすい太陽光発電と風力発電は短期間で設置できるため急速に建設が進行しております。

これらの発電所の魅力は、クリーンな環境を維持できるだけではなく、近郊に発電できるため電気の地産地消が可能になることです。
野菜は、地元産を購入すれば新鮮なのは明らかです。
なぜなら輸送に時間がかからず、地域に鮮度を保った状態で販売ができます。

それは、電気も同じです。
電気も廃熱や送電ロスが問題視されております。
火力発電でのエネルギーを例にすると効率は約6割が廃熱といい、大気中に発散されてしまいます。

そのほか送電ロスは約5%です。
結局発電したエネルギーの約35%しか残らないわけです。

長距離走電であればあるほど、ロス率は上がることから近距離での発電が好まれる時代になりました。
それはロス率が上がれば上がるほど、無駄なエネレギーを使わなくて済みます。

ヒートアイランドが問題視する現代は、エネルギーの無駄を省いて、地域で発電した電力を購入するそこにお住まいの方が使うという形が理想的なのかもしれません。
電力自由化を日本で取り入れる目的は、さまざまな意味がありました。
私たち消費者は、電力自由化の意味を理解することでプラスになるメリットがたくさんあります。

  • きっと今までと同じ
  • 面倒だから今のままでいい!
  • 比較はしたことがない

このどれかにあてはまるのなら、たった1年でも損をしてしまうかもしれません。
一度タイナビスイッチで比較してみて下さい。新しい発見がきっとあるはずです。
⇒タイナビスイッチで簡単シミュレーションはこちら

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!