電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

ナンワエナジーの電気料金プラン徹底解説!

ナンワエナジー

ナンワエナジープラン解説!

株式会社ナンワエナジーとは、鹿児島県にある新電力事業者です。
今回は、電力自由化のスタートに合わせ提供される一般家庭向けのプランについてご説明いたします。

スタンダードMプラン

ナンワエナジーのスタンダードMプランは、九州電力の従量電灯Bに相当するプランです。
特徴としては、24時間と曜日によって変わらず同じ電力量単価で、九州電力の従量電灯Bと比較するとお得になっていることです。
このプランでは、契約容量が30A~60Aまでの一般家庭が対象となっており、詳しい料金単価表は以下のようになっています。
⇒九州電力の電化でナイト・セレクト電気料金プラン徹底解説!!

表で示す安い割合は、注意書きの通り2016年1月時点での九州電力従量電灯Bとの比較です。
表を見てみると、基本料金から電力使用量単価まで、すべて九州電力よりもお得な料金設定となっていることが分かりますが、最低月額料金は九州電力と同様の価格設定です。

例えば、

  • 40A契約
  • 使用電力量320kWh/月

とすると、九州電力の場合基本料金は40Aで1,166.40円、電力量料金は最初の120kWhまでは17.13円、120をこえて300kWhまでは22.63円、300kWhを超えるぶんは25.57円なので、

【九州電力】
1,166.40円+120kWh×17.13円/kWh+180(300-120)kWh×22.63円/kWh+20(320-300)kWh×25.57円/kWh=7806.8 

つまり電気料金7,807円です。

【ナンワエナジー】
1,049.80円+120kWh×16.96円/kWh+180(300-120)kWh×21.50円/kWh + 20(320-300)kWh ×24.29円/kWh=7440.8

電気料金7441円となります。
このモデルケースからすると、九州電力に比べ約5%程度安くなります。
1年間通して払い続けることを考えると、お得です。

スタンダードLプラン

ナンワエナジーのスタンダードLプランは、時間帯や曜日を気にせず使える24時間同一単価で、電化製品を多く使用する家庭や、事務所などを対象とした、九州電力の従量電灯Cに相当するプランです。
6kVAを超える場合の契約容量を希望していると、こちらのスタンダードLプランでの契約となります。

こちらのスタンダードLプランは、九州電力の従量電灯Cと比べ、基本料金は10%、電力量料金の単価もそれぞれお得です。

スタンダードオール電化プラン

こちらの「スタンダードオール電化」プランは、九州電力の季時別電灯プランに相当する電気料金プランです。
プラン名から判断しやすいですが、オール電化住宅や、給湯、キッチンまわりが電化製品メインの家庭向けで、季節や時間帯によって電力量料金の単価が変わります。
⇒九州電力新プラン「スマートファミリー、電化でナイト・セレクト」を徹底解剖

料金表を見てみると、基本料金は、6kVA以下の容量で契約する場合、6kVAをこえ10kVAまでの場合は固定料金ですが、10kVAを超過するとそれを超えた分は1kVAあたりの単価が加算されていくしくみです。

このプランの魅力は、よく電気を使う夕方や朝方、夜間の電気料金を割安にできるところです。
その分、昼間の電気料金は割高になっているので、日中も大量に電力を消費する家庭ではメリットがあまり無いとも言えます。
最も電力量料金の単価が高いのは夏季のデイタイム(10~17時)で、リビングタイム(8~10時、17~22時)とナイトタイム(22時~8時)がお得な料金設定になっています。

ナンワエナジープランの今後

ナンワエナジーの一般の需要家向けの電力事業としては、現在、実際に運用されている3つのプラン以外にも、すでに発表されているプランが2つあります

休日家得

平日は共働きや単身世帯などで家にあまりおらず、休日にまとめて電力を消費する世帯向けのプランです。
土日、祝日の電気料金が割安に設定されています。

平日セレクト割

平日のお好みの曜日の料金を固定で割安に、それ以外の日を割高に設定してあるプランです。
休日家得プランでは、平日休みの需要家までカバーできていないため、平日に休みのある需要家をターゲットとしています。

上記2つのプランは、概要が発表こそされているものの、まだ具体的な料金設定などは公開されていません。
今後は、新しいプランの詳細発表や電力の「見える化」ができるWebサービス展開に注力し、九州地方でのシェア獲得に向け、新規参入者のなかで最も精力的に動いている会社の一つです。

ナンワエナジープランで契約すると3つのメリットが!!

ナンワエナジーで契約を検討する際にメリットとなるポイントを、電気料金以外に3つご説明いたします。

ペーパーレス割引

毎月の請求書(電気ご使用量のお知らせ)が不要な場合は、毎月108円(税込)安くなりますので、年間を通じて割引を利用すると1,296円安くなります。
会社によっては、ペーパーレスにしてもナンワエナジーよりも安くならない場合もありますので、請求書不要なだけで100円以上も安くなるのは魅力です。

電気料金の支払いで「Tポイント」が付与される

電力会社は、各社ポイントサービスを実施しているところも多くありますが、ナンワエナジーは幅広い店舗で利用できるポイントサービスである「Tポイント」が貯まっていきます。
毎月必ず支払いのある電気料金にポイントがつけば、放っておいてもどんどんポイントが貯まるのでうれしいサービスですね。

「お客様専用サイト」で電気の「見える化」サービスも

電力自由化がスタートした2016年の4月1日には間に合わなかったものの、4月中旬ごろから電力の「見える化」をサービスとしてWebサイトで提供していきます。
大手電力会社でも行われている試みですが、一般の参入者でスマートメーターのデータを利用したWebサービスを行っている会社はまだそれほど多くないので、大きな強みと言えます。

電力自由化がスタートした今、改めて自宅の電気料金を見なおしてみませんか?
タイナビスイッチなら無料で診断することができます。
⇒タイナビスイッチで簡単シミュレーションはこちら

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!