電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

【電力自由化】電力会社のプランは『時間帯』で選ぶ?

時間帯別の従来の東京電力のプラン

大手電力会社を参考にして、時間帯ごとでどのようなプランがあったのか大まかに把握してみましょう。

従量電灯プラン

従量電灯は、1日平均でほとんど電力を使用しないご家庭や、1日平均しても均等に電力を使用しているようなご家庭向けのプランです。

専業主婦の方がいらっしゃる家では、このプランが一番適しており、又このプランが一般的です。これは時間帯に左右されない、使用した分だけ支払う料金プランです。

朝得プラン

朝得プランは、深夜1時から翌朝9時までの時間帯のみ夜間料金が適用され、電気料金が割安になるプランです。上記時間帯において電力を消費しやすいご家庭に最適のプランです。1kWh当たりの電気料金が12.19円と、朝の時間帯のみ割安になります。

夜得プラン

夜得プランは、午後9時から翌朝の5時までの時間帯の電気料金が割安になるプランで、夜に電気使用量が多いご家庭には最適のプランです。1kWh当たりの電気料金が12.48円と、夜の時間帯のみ割安になります。

半日お得プラン

半日お得プランは、午後9時から翌朝の9時までの時間帯の電気料金が割安になるプランで、共働きで食事が遅いご家庭や夜と朝に電気を使用するご家庭には最適です。1kWh当たりの電気料金が12.59円となります。

土日お得プラン

土日お得プランは、土日のみ料金単価が20.69円と割安になります。平日はあまりご家庭にいる時間が少なく、土日に電気を使用するご家庭には最適のプランです。

ピークシフトプラン

ピークシフトプランは、商店や自営業等、夏の電気の使用量が多いお客様向けに作られており、夏の午後1時から4時以外の時間と、その他の季節では夜間の時間帯の電力が割安になるプランです。

このように、従来も電力会社のプランによって時間帯に応じた割引プランがあり、ライフスタイルに応じて適したプランに設定することで、より電気代のコストが抑えることができるのです

電力自由化による電気料金プランは様々

“電力自由化によって様々な電気料金プランが生まれました”

電力自由化に伴い、料金プランは様々なスタイルのプランが登場し、各企業独自の多種多様なプランが増えてきています。

しっかりプランを把握してから、新たな会社のプランに乗り換える必要性があることをよく耳にしますが、これにはちゃんとした理由があります。

電力のみを商品とするのであれば、圧倒的に電力会社が有利なのですが、その他の企業は、各社の強みの商品と合わせて電力を売り出すプランを出すことで収益を出そうとする、各企業オリジナルのプランが提示されているのです。

削減効果を生み出せないプランに乗り換えても、何の意味もないのです。

電気料金支払いと合わせてどんなプランが付随しているのか、時間帯通信費と合算したプラン、季節に応じたプラン等そのプランのあり方は企業によって様々であるため、しっかりプラン内容を確認する必要性があります。

時間帯は割安プランを選ぶ場合は大切

電力自由化に伴う影響はすでに出始めており、新たに出されているプランにも、時間帯割引プランが多数存在し、それに合わせてガス代や通信費の割引等がセットとなり、支払いができる等、時間帯割引を併用したプランが多く出ています。

この時間割引きの特徴は、特定の時間帯の料金単価が安く設定されているため、その他の時間帯の単価は逆に高額に設定されているという特徴をもつプランがほとんどです。そうしていないと、企業側も収益が出せないからなのです。

ここに企業側の狙いがあるのです。だからこそ、一般家庭の方は、そうしたかけ引きに勝つためにもしっかりプラン内容を把握して、利益が出るのかシミュレーションすることが重要です。そして電気代の削減に、努めることが大切なのです。

時間帯割安プランを取り入れた事例

それでは一つ例にして、シミュレーションしてみましょう。朝得プランを併用しているようなプランの場合は、どんなご家庭に向くのでしょうか?

例えば、午前1時~9午前時までの単価が12.19円と格安の時間帯の「朝得プラン」を利用して得するのは、家事を朝のうちに済ませて、日中は夜遅くまで仕事をしているというご家庭です。もしこれにネット回線通信費の割引プランが併用されていたらどうでしょう?非常にお得だと感じませんか?

しかし、朝以外の時間帯は電気料金が上がるプラン設定の企業が多いですので、その時間帯で使用する電気料金とその時間帯以外で使用する電気料金を把握し、その差をシミュレーションした上でプランを決めないと、電気料金削減に結びつかない結果となってしまいます。

こういった朝得プランの適用時間帯の金額がおよそ12円の場合、その他の時間帯の電気料金は、22円~37円と倍以上値段が上がりますので、料金のシミュレーションは必ず行うようにしましょう。

また、プラン変更をする際には、年間契約となるため1年を通しての生活スタイルを考慮して考えましょう。土日お得プランは電気料金が安くなるのが土日のみで、平日が祝日の場合は平日料金が適用されるため注意が必要です。

割引時間帯が電力自由化で細分化

“電力自由化によって細分化した時間帯割引が可能?”

以前は、昼間の時間帯の割引プランである「朝得プラン」や夜の時間帯の割引プランである「夜得プラン」等の指定時間しかありませんでした。

電力自由化に伴い、時間帯割引がさらに細分化され、5つ以上もの時間帯区切られ、さらに幅広い割引プランが登場するようになりました。

電力自由化前後の割引指定時間帯

Beffore(電力自由化前)

昼間 午前7時~午後11時
深夜 午後11時~午前7時

After(電力自由化後)

夜間 午前0時~午前7時
午前7時~午前9時
昼間 午前9時~午後5時
午後5時~午後11時
夜間 午後11時~午後24時

今まで以上、細かく割引時間を指定できるようになったことで、各ご家庭のライフスタイルに合った電気料金割引プランを考えることできるようになったのです。

時間帯別と季節別プランの登場!

“季節によって電気料金が変わる”

従来の各社大手電力会社が出す一般的な従量電灯の電気料金の設定は、使用した電気量に対して電気代が加算していきます。

上記で説明したように、割引プランが時間帯で細分化されるプランが出てきたことで、料金そのものが大きく変動するわけではありませんが、細分化された時間帯電灯のプランは、電気を使った時間帯で料金が変動するので、今までとは、少し視点を変えた割引料金プランであることを知っておく必要性があります。

又季節別の割引プランも、夏の特定の期間及び時間帯に割引されるプランがありましたが、さらに細かく季節ごとで割引になるプランが適用されています。重量電灯とは、割引の方法が全く異なりますので、気になるプランはお得に利用できるのかしっかり分析しましょう。

夜の時間帯をうまく利用したプラン

深夜割りのプランとは別に、夜間の電気料金を割安にする新たなプランが誕生しました。

以前の深夜割のプランでは、床暖房や温水器を使用するご家庭のみが、この深夜割の対象とされていましたが、新料金プランに全電気機器が対象となるプランが誕生したことで、今まで以上に深夜料金をより安く利用できるプランが登場しました。

オール電化のご家庭や日中外出が多く、夜間に電気を使用することが多いご家庭にはオススメの新プランと言えるでしょう。

昼の時間帯は電気料金の変動が大きい

電力自由化により新たに電気料金を改め、新たなプランを取り入れて、電気料金をもっとお安く利用したいですね。

一般家庭における電力の使用量は昼間の時間帯よりも、夜の時間帯の方が電力を使用するご家庭が多いと言われています。

しかし、新たな電力自由化による1kwの電力の使用料金は、昼間の時間帯の方が料金単価が高い企業がほとんどです。
⇒『電力自由化』消費者目線のデメリットまとめ

なので、電力の料金単価が安く、よく使用する夜の時間帯で検討するのではなく、電気使用量が少なく、変化が少ない昼間の時間帯でどれだけ電気代が上がるかで分析してみましょう。

夜間の時間帯は、それほど大きな変動はないのですが、料金に差が出るのは日中暑くなる昼間の時間帯だからです。

又昼間は料金単価が上がりますので、日中の電気使用量によって、大幅な料金変動があるからなのです。電気料金の変動は昼間に大きく動くことを覚えておきましょう。

時間帯や使用用途による電気料金削減ポイントのまとめ

“時間帯プランのまとめ”

電気料金をどのようにすれば、安くできるのか整理しておきましょう。電気料金が安くできるポイントは、夜間帯の電気料金が安いプランがあると言っても、全ての人に該当すると言えません。

電力使用料の統計的結果からも、夜間の時間帯には、どこのご家庭も基本的には就寝しますので、どうしても電力消費量が下がりますので、その時間帯の単価が下がっています。

企業側は電力の消費を分散するためにも、夜間の電気料金の単価が安いプランを増やし、移行を促しているのです。又、今後もこうした夜間電気料金の単価を下げたプランが増えてくることでしょう。
⇒深夜電力と夜間電力は何故値上がりを続けるのか?

時間帯プランをうまく活用するためのポイント

日中自宅にご家族いる場合は、通常の従量電灯やスタンダードなプランがおススメです。大きくこの2点で利用するプランタイプの切り分けをしていきましょう。

そして重要なことは、しっかりとシミュレーションした上で新たなプランを検討することです。電力自由化を最大限に活かすカギとなることでしょう。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!