電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

ニュース

Looopでんき 販売エリアを北海道電力管内と中国電力管内に拡大

2016年9月30日時点で累計25,000件超の契約実績を誇っているLooopでんきはこの度、販売エリアを拡大すると発表しました。

これまでは東北電力管内、東京電力管内、中部電力管内、関西電力管内、九州電力管内の5エリアで電力を販売していましたが、今回新たに北海道電力管内で11月9日より、中国電力管内で12月9日より電力を販売するとのことです。

「基本料金不要」というのはこれまでと同じ。使った分だけ電気代がかかるという、わかりやすい料金体系になっています。
北海道電力管内の場合、「おうちプラン」の従量料金は29円、「ビジネスプラン」の従量料金は31円。中国電力管内の場合は「おうちプラン」の従量料金が24円、「ビジネスプラン」の従量料金が25円となっています。

Looopでんきでは、北海道電力管内のモデルプランも公表。北海道電力で「従量電灯B」・40Aを契約していて月間平均400kWhの電気を使っている場合、Looopでんきに切り替えることで月々1,323.6円お得になるとしています。月間に換算すると15,883.2円の電気代の節約が可能です。
内訳)
北海道電力:基本料金1,339.2円+120×23.54円+160×29.72円+120×33.37円=12,923.6円
Looopでんき:400kWh×29円=11,600円
※燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金は含んでいません

電力会社は選ぶ時代へ!
プロパンガスを30%節約
ガス自由化スタート
電気料金セット割特徴からプランを探す
「電力業界」に特化した転職サポートサービス
家庭・家計の節約術の新着記事
電力自由化の新着記事
電力会社は選ぶ時代へ!
あなたのおうちにぴったりの電力・ガス会社は?