電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化

プロパンガスがぼったくりと言われる5つの理由!

プロパンガス

プロパンガスは本当にぼったくりなのでしょうか?結論から言えば、プロパンガスが適正な単価で取引されているのであれば、ぼったくりとは言えません。都市ガスよりもプロパンガスは燃焼効率が良く、ガス会社にもよりますが、同じ熱量を得ようとした時、理論上は都市ガスのおよそ半分の量で済みます。

ですので、単価が高めといっても、1m3あたりの単価が300円程度であれば必ずしもぼったくりとは言えません。しかし、実際には単価が300円というのはプロパンガス業界でもかなり安い部類で、「ぼったくり価格」になっている業者が多いのが現状です。
⇒プロパンガス料金消費者協会が提示する適正料金とは?

プロパンガスがぼったくりと言われる理由は、5つありますので、詳しく解説していきます。

1.ガス交換や点検の人件費がかさむ

作業着の女性

ガスの交換や点検は、プロパンガスの場合直接人が運搬・交換や点検するため、人件費が多くかかっています。

都市ガスの場合はパイプなどのチェックさえすれば大丈夫ですので、ガスを一定量使うごとのチェックなどが必要なく、人件費が抑えられます。

その差が直接プロパンガスと都市ガスの単価の差へと反映されているので、単価が高く設定されています。

2.プロパンガスは「自由料金」で、国による規制を受けない

電卓とお金

都市ガスの料金が抑えられている理由は、国により価格のチェックを受けているからです。

都市ガスは不当に高いガス単価を設定されることもないので比較的安定した価格で利用することができますが、その一方でプロパンガスは価格を業者が自由に決めることができます

それだけ聞くと、プロパンガスの業者は競合して逆に安くなるのではと思いがちですが、実際には地域でかたまっている業者同士が価格競争にならないよう、単価を高く設定しているケースもあります。
⇒ガス自由化になればプロパンガスは値下げされるの?

高い単価をつけて需要家へ販売してもどこからも咎められないのも、ぼったくり価格を生む一つの要因と言えます。

3.アパートなどでは個人での交渉権がない

アパート

アパートなどの集合住宅は、ふつう大家がプロパンガスの業者を決めており、住人はその決定に従わざるを得ません。

プロパンガス業界では、「ガス設備を無料でつけます」という謳い文句や、サービス面で優遇するなどの手段で大家を囲い込み、不当に高い単価での契約を勧める事が多くあります。

高い単価でガス代を支払うのは住人ですから、大家にとってはメリットしかないため、そのまま契約してしまう大家も少なくありません。

4.ぼったくり価格に気がつかず、利用者が不満を言わない

説明を受ける男性

意外と多いのが、業者による「うちは適正価格です」という言葉を鵜呑みにし、プロパンガスの単価が高いことに気がつかずにそのまま契約しているケースです。

山奥など、業者の選択肢が全くない場合はそれも仕方がないかもしれませんが、ある程度プロパンガス業者が多い地域では、もっと安い会社があるにもかかわらず、利用者が不満を言わないことがあります。

プロパンガスの料金が高いと感じたら、まずは適正価格かを調べ、消費者の味方になってくれるNPO法人(プロパンガス料金適正化協会)や非営利団体などもありますので、まずはそういった団体に相談してみましょう
⇒プロパンガス料金を確実に安くする方法

5.ガス設備の費用が加算されている

ガスの配管

ガスを利用するのに必要な設備(配管など)をガス会社が無料にします、と言って「設備費用」としては請求せず、月々のガス代にこっそりと上乗せしていることがあります。

名目上設備費用は無料ですから、ガス会社が元を取った後もそのままの単価で請求されるため、他社と比べて割高になってしまいます。

適正な価格で利用できる業者選びをしよう

プロパンガス業者の中には、ぼったくりとも言える不当なガス単価での契約をさせるところも少なくありません。今回ご紹介した理由にあてはまるなと思った方は、ぜひ他のガス会社に変更できないか、専門の機関にご相談ください

ただし、アパートなどに住んでいて大家さんがプロパンガス会社を決めている場合は、直接大家さんに「こんな業者がある」と下調べした上で交渉してみるのも一つの手段です。

断られてしまった場合は、可能であれば同じアパートに住む住人にも意見を求め、団体で大家さんに訴えるのもいいでしょう。

とにかく、何かアクションを起こさなければ不当な料金を支払い続けることにもなりませんので、ぜひこの記事を参考にし、ガス料金を見直してみてくださいね。

プロパンガス会社と一緒に電力会社も見直せば更に節約できます!

プロパンガス会社の中には不当に高い料金設定をしているところもあるため、適正なプロパンガス会社に切り替えることでガス料金を削減できることが分かりました。

また、プロパンガス会社だけでなく、電力会社も一緒に見直せば、更に大幅な電気料金の削減になることも。この際一緒に見直してみませんか?

プランや電力会社の切り替えは1分で簡単にできてしまうためおすすめです。また、タイナビスイッチで電気料金シュミレーションが簡単にできます。どのプランや会社がより節約できるのかがひと目で分かるため、一度ぜひ調べてみてください。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!