電力自由化で電気料金を比較するならタイナビスイッチ!

電力自由化ニュース

資源エネルギー庁 電力自由化に関するWEBアンケート結果を発表

資源エネルギー庁は18日、電力自由化に関するWEBアンケート調査の結果を発表しました。アンケートは20歳から69歳の男女を対象に、9月にインターネットでおこなわれ、サンプル数は1,000とのこと。
それぞれの質問項目に対する回答は次のようになっています。

【購入先の切り替え時期】
「電気の購入先または電気プランを変更しましたか」という問いに対し、「半年以内に変更したい」と答えた割合は6.8%でした。3月におこなわれた前回のアンケートでは15.1%が「半年以内に変更したい」と答えているので、その割合は半減しつつも、引き続き一定の切り替えポテンシャルは存在していることがわかります。
その一方で「特に検討はしない」と答えた割合は45.0%となっており、前回の20.5%と比較すると倍増しました。

【料金低下と切り替え意向の関係】
「1か月の電気料金がどの程度下がれば電気の購入先を変更しますか」という問いには「5%以上安くなれば変更する」と答えた層が2割程度いて、引き続き一定の切り替えポテンシャルが存在している結果となりました。
その一方で、「料金が下がっても変更しない」と答えた割合は14.3%と、前回の7.9%に比べると約倍となっています。

【非変更者の理由】
購入先を変更しない理由として「安定供給への不安」「手続きの煩雑さ」を理由に挙げる人は前回の調査よりも減少しました。
その一方で「メリットがよくわからない」という回答が約4割にのぼり、新たな料金メニューに対する認知不足がうかがえます。

【切替者の満足度】
電気の購入先または料金プランの変更に対する満足度に関しては、変更者の約9割が「自分がほしいレベル以上」と答えており、変更に対する満足度は高いことがわかりました。

【生活の変化】
電気の購入先または料金プランを変更後、約6割が生活に関して何らかの変化があったと感じており、そのなかでも「節電意識が高まった」と答えている人が26.6%と多くなっています。

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!
スイッチPR動画
社長対談
お役立ちコンテンツ
よくあるご質問
電気代・節約の新着記事
電力自由化の新着記事

電力会社は選ぶ時代へ!

あなたにピッタリのプランを見つけよう!

電気料金比較サイト 「タイナビスイッチ」ご利用上の注意

本サービスが提供する電気料金シミュレーションは、ご利用者様がご入力いただいた情報(電気使用量・世帯人数・オール電化・都道府県・電気使用傾向・部屋数などの条件等)をもとに弊社が開発した独自アルゴリズムにより電気料金のシミュレーション試算しております。
表示される結果はあくまでも料金プランを選択する上での目安であり、実際の電気使用量・節約額・削減額を100%お約束するものではありません。
特に余剰固定買取制度で太陽光発電・蓄電池等の自家発電設備を設置されている方がご利用される場合は、実際のシミュレーション結果と大きく異なる可能性があります。

また、本サービスが掲載する各種情報(電気料金単価・電気料金プラン・各種ポイント・割引特典・サービスその他)に関しては、各電力会社にHP上にて公表されている情報を弊社が収集したものであり、利用者が本サイト閲覧時点に掲載されている各種情報について、本サービスとして保証するものではありません。
弊社では電力会社が提供している電気料金に関する各種情報を十分確認した上で当サイトを通じて情報提供しておりますが、掲載情報の妥当性・正確性・適法性及び有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。
ご利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
各電力会社が提供する最新の電気料金プラン・詳細なサービス内容に関しては、各電力会社に直接お問い合わせください。

あなたにピッタリのプランを見つけよう!